絶対孤独

せだ きるや

08 歌

雑踏の欠片から切れ切れに
見知らぬ歌が聴こえてくる

僕はその情景を
心に浮かべようと
瞳を閉じる

鼓膜が拾い集める無数の音から
たった一つの陳腐ないとおしい音だけ
焼き付ける

その音の連なりは
やがて僕の海へと流れ込む

海は泡立ち
僕は震え
閉じられた瞳の奥で
星々が瞬くだろう

それは至上の歌

汚された大地から
救い上げられた
至上の歌

僕のためだけに奏でられる
一度きりの歌

「絶対孤独」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く