絶対孤独

せだ きるや

03 旅立ちの朝

虚ろな瞳に映る空
その青に気付け

少年よ

君の眼前に広がる
海を渡れ

空と海の鬩ぎ合う彼方
水平線を越えて行け

傷だらけの人生を捨て
遙かな世界へ

君の体で風を受け
真っ直ぐ前を睨め

さあ、旅立ちの朝

君は孤独だ
その孤独だけ持って行け

「絶対孤独」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く