絶対孤独

せだ きるや

02 カメ

― 考えてもみてごらん ―
カメは言いました
― 宇宙はとても大きいんだ
君が考えているよりもずっとね
宇宙は遥か昔からいつまでも続くんだ
この宇宙が消えてもそのかすみから
また次の宇宙が生まれてくる
ずっと繰り返すんだ
君が悲しんでいる時間なんて
あっという間さ
君が生きている時間だって
あっという間さ
君が生まれてきても宇宙はあるし
君が死んだからって宇宙はあるんだ
何も変わらないんだ ―
― じゃあ、どうしてうまれてきたの ―
― わからない ―
カメは言いました
― ずっと考えているんだ
何年も
何千年も
何百万年も
何億光年も ―
― カメはいくつなの ―
― わからない ―
― 忘れてしまった ―
カメは言い直しました
― いつからここにいるの ―
― わからない・・・ ―
カメはつぶやきました
― わすれちゃったの ―
― そのようだ
グホッグホッグホッ ―
カメは笑いました
― いつまでここにいるの ―
― わかるまで ―
カメは言いました
― わかるまで考えなくては
わかるまで生きているのさ ―
― いつわかるの ―
― 死ぬまでわからんだろ ―
カメは少し悲しそうでした
― わかるまでいきて
しぬまでわからないの ―
― そうだな ―
カメは言いました
― そしたらいつまでたってもわからないよ ―
― そうだな ―
カメはとても悲しそうでした
― ボク、てつだってあげようか ―
― グホッグホッグホッ ―
カメはまた笑いました
― ありがとう、坊や
だが、あいにく私の頭と君の頭は別々にあるんだ
君の頭は君が考える
私の頭は私が考える
手伝うことは出来ないんだよ
お互いにね ―
― ふーん、そーか ―

― じゃあ、ボク
いっしょにいてあげるよ ―
― グホッグホッグホッ ―
カメはまた笑いました
― 坊やは優しいな
ただ、その優しさはいつか坊やを苦しめるかもしれないね ―
― じゃあ、やさしさはいらないの ―
― いや、誰でも自分に与えられた優しさは持ち続けねばならない
優しさは坊やを苦しめ
そして強さを与えるのだから ―
― わかった
よし
ずっとボクここにいてあげるよ ―
― グホッグホッグホッ ―
カメはまた笑いました
― 君には甲羅がないだろう
ここでじっとしていることなんて
甲羅がなければできないのさ ―

― その代わり君には二本の足がある
私には四本も足があるけど
君は二本だけでずっと早く歩ける
もっと素晴らしいことに
君には二本の手があるのだよ
私は立ち止まるために進む
君は進むために立ち止まるのだ
さあ、でかけなさい ―
― わかったよ
でもどこへ ―
― グホッグホッグホッ ―
カメはまた笑いました
― それは私が考えることではないよ
君が考えることだ
私は何故ここにいるか考える
君は何処へ行くか考える ―
― うん、わかったよ ―
― 君はものわかりがいいな ―
カメは静かに言いました
― ありがとう ―
― これは誉め言葉ではないんだよ ―
カメはもっと静かに言いました
― ものわかりのよさは君から考えることを奪ってしまうのだよ
考える前にわかったと思ってしまう
本当は考えてからわかるのにね ―


― さあ、でかけなさい ―
しばらくしてカメは言いました
― さようなら
カメさん ―
― グホッグホッグホッ ―
カメは笑いました
― 君と会えてよかったよ ―
― ボクもだ ―

少年は出発しました

「絶対孤独」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く