ハズレ勇者の鬼畜スキル 〜ハズレだからと問答無用で追い出されたが、実は規格外の歴代最強勇者だった?〜

水先 冬菜

合格者未だゼロ

「はい……? 今、なんと……?」


 思わず、間の抜けた声で聖女と受付嬢の二人に問い掛ける俺。


「ですから、彼女が請け負った試験では今まで誰一人として合格したものなどいない。

 そう申し上げたのです」


 そう言ったのは困り顔で、俺の問いに答えてくれた聖女様だ。

 今まで誰一人として合格した者がいないって…………。

 マジかよ。


「ちなみに、それってどんな試験なんです…………?」


 頬が引きつりながら、尋ねずにはいられない。


「まあ、簡単に言えば…………決闘ですかね…………?」


 決闘?

 それって、もしかしなくても-------------


「はい。剣聖である彼女とです」


 恐る恐る剣聖様の方へと視線を向けると、聖女が断言した。

 ちくしょうめっ!!!

 良い笑顔で言いやがってっ!!!

 まあ、普通に考えれば、そりゃあ、無理だわな…………。

 Sランクとか言われても、どれだけ強いのかよく分からんが…………。

 かなり強いんだろうなぁ~。


「ちっ…………」


 また舌打ちされた。

 てか、殺気を放ちながら、貧乏揺すりやめません?

 ほら、あまりにも、迫力があり過ぎて皆、怯えてますよ?

 ギルド内にいる何人かが、あなたの殺気にあてられて泡吹いちゃってますよ?


「行くわよ…………」


「へっ…………?」


 徐に立ち上がった剣聖が俺の襟首掴んで引き摺っていく。


「行くって…………何処へ…………?」


「そんなもの決まっているでしょうが…………」


 剣聖様は立ち止まると、俺を冷たく忌々しげに睨み付けながら、冷酷な現実を突き付けて来た。

 『試験会場』と-------------

「ハズレ勇者の鬼畜スキル 〜ハズレだからと問答無用で追い出されたが、実は規格外の歴代最強勇者だった?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く