異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく

アナザー

第45話 舞い込んできた依頼

昨日は朝早くに城に行ったはずだったのに、帰る頃には夜中になってた。
ライルさんに殺されかけたのって本当だったんだな、、そう実感が出来た瞬間だったよ。
それからマップ能力騒動だろ、そりゃ遅くなるさ。
大半はミズキが説明してくれたけど、やっぱりカイラーさんを殺した事を納得させるのには中々骨が折れた、そのお陰で帰してくれなかったのだ、、、
話によるとカイラーさんは5大貴族の1人らしく、今後の混乱を考えると頭が痛いと王様もぼやいていた。それからも話は止まらず、かなり遅くなってしまった。
屋敷に戻ると、屋敷のメイドさん達は起きて待っててくれた。
夜食を食べれたし、ゆっくり寝られたから有難かった、、、
でもさ、、、
 
・オーランド
「おはよう、ライオット君。
今日の決闘が楽しみだね。」
 
何で人の寝室に居るんだよ。
ここ、一応俺の屋敷なんだけど。
 
・「おはようございます。
どうしてここに?」
 
・オーランド
「いやなに、共に決闘場に行こうと思ってね。
それに、カーティスが譲ったと言う屋敷も見てみたかったしな」
 
監視しに来たんですね。
どのみち逃げられないしなぁ~
やるだけやってやるか。
 
・「とりあえず、飯でも食いますか。」
 
・オーランド
「ほぅ、随分と落ち着いているんだな。
てっきりどうやって逃げようか算段を立てていると思っていた。」
 
・「逃げれるなら逃げたいんですけどね。
どう考えても逃げられないと思っただけですよ
それとも、見逃してくれます?」
 
・オーランド
「まさか、」
 
にっこりと笑って返す
逃がす気ゼロだね、、、
2人は食堂へと向かう。
 その途中で、

・キロス
「ライオット兄ちゃん、おはよう」
 
・セント
「こらキロス!
挨拶はしっかりしろと言ってるだろう?
おはようございますだろう、全く、、、
おはよう、ライオット君」
 
セントさんとキロスまで来ていた。
 
・セント
「前も決闘してなかったか?
君は何かと敵が多いのかい?
私は君の味方だから安心してまえ!」
 
誤解だと叫びたい。
戦いたくてやってるわけじゃないんです、、、
 
・キロス
「兄ちゃん!
今日の決闘はすでに町中の噂になってるぜ、
なんたって王国騎士団団長に加えて新しい勇者とも戦うんだろう?
それに、拳聖ナナの戦闘なんて滅多に見られるもんじゃないし。」
 
何故にそんなに情報が、、
俺はオーランドさんを見詰める。
 
・オーランド
「いやなに、祭りはデカくやった方が良いだろう?
昨夜、あれから各家に連絡用の紙をバラまいておいた」
 
絶対に俺を逃がさないつもりだな、、
周りから固めて来るとは、恐ろしい。
しかし、あの時間から出来るのか?
、、、隠密か。
私用で使わないで欲しい。
てかキロス、ナナさんが拳聖ってどう言う事?
勝てるわけないじゃん。
 
・セント
「じゃあ、私たちは先に闘技場に行っておくから
頑張ってくれたまえ。」
 
・キロス
「じゃあ、またね!
後で見て貰いたい物もあるからさ、決闘が終わったらゆっくり話したいな」
 
・「いつでも大丈夫だよ。
何でも聞いてくれ。」
 
キロスに手を振り、セントさんに頭をさげる
とりあえず食堂へと行くか。。
食堂ではマルチが知らない人と話していた。
誰だろう?
 
・マルチ
「お願い、怖がらないで。
ここは大丈夫だから、ご飯も食べて。」
 
何かあったのか?
俺に気付いたマルチが助けを求めて来る。
 
・マルチ
「ライオット、お願いこの人を助けて。」
 
何があったんだ?
とりあえず事情を聴かなきゃ解らん。
ん~、とりあえずご飯食べよう。
 
・「おはようございます。
私もご飯、ご一緒させてもらって良いですか?」
 
・???
「、、、」
 
めっちゃ警戒してるな、どうしたんだろう?
見た所、17歳くらいの女の子って所かな。
 
・「ビックリさせちゃったらごめんね。
とりあえず、ご飯食べながら話そうか
オーランドさん、申し訳ないけど席を外してください。」
 
オーランドは快くお願いを聞いてくれた。
良い人だなぁ~。
これで、この部屋には俺とマルチそして数人のメイドさんだけとなった。
、、、もう少しかな。
 
・「すみません、食事の準備が終わりましたら俺とこの方だけにしてもらって良いですか?
マルチはどうする?」
 
・マルチ
「私はここに居たい。」
 
・「了解だ。パティーさんお願いしても良いですか?」
 
実は食事運び係はメイド長ことパティーさんなのだ。
何でも。『食事の時こそ本音が出る』と言う事らしい。
意見や要望を聞くならお食事とご一緒に、と言う格言を持つスーパーメイドさんなのだ。
 
・「解りました。しかし、ライオット様とマルチ様だけにすることは出来ません。
私だけでもここに居させてください。」
 
言い出すと聞かないんだよな~
まぁ、大丈夫かな。
さてと、まずはこの人のことを聞き出すか。
 
・「とりあえず、食べたくなったら食べながらでいいからね」
 
優しく話しかけて様子を見る。
何かを言いたそうにはしてるんだよな、、
あと一押しって所か。
 
・「そうだ、自己紹介がまだだったね。
俺はライオットって言う者です。
一応、この屋敷の主って事になっているんですが、実感はないですね。
まだ数日しかたってませんし、、、
でもね、数日でも分かった事があります。
ここのご飯は絶品です!
是非、食べてみてください。」
 
さて、どう出るかな。
 
・???
「あの、、、、
貴方様は、貴族の方でよろしいんですよね?」
 
よし、話してくれた。
ここから少しづつ踏む混んでいこう。
 
・「貴族ではないですね。
冒険者やってます!」
 
・???
「このお屋敷は、、、」
 
・「ん~偶然の賜物と言いますか。
パーティーメンバーのおかげで貰えました。
そこに居るマルチが頂いた様なもんですね。」
 
女性がマルチを見つめる
かなり警戒が薄くなってきたな、あと一押し。
 
・???
「この方は、奥方様ですか?」
 
・「ちがいま、」
 
・マルチ
「そうです。」
 
マルチが一瞬で俺の発言を妨げる
はやぃ、、、
 
・???
「ふふふ、面白い方ですね。」
 
笑ってくれた、ナイスだマルチ。
ここでたたみ掛けろ。
 
・「良かったら、このスープ食べてみてください
めちゃめちゃ美味しいですから。」
 
俺はゆっくりとスープを食べる。
その後食べるように促してみる。
 
・???
「、、、ありがとうございます。
では、いただきます。」
 
最初はおっかなびっくり食べていたが、その内普通に食べてくれるようになった。
食事が進むにつれて表情が晴れて行く。
パティーメイド長の言った通りだな、食事は偉大だ。
 
・マルチ
「私も自己紹介しておかなきゃ。
私はマルチ、ライオットの第一夫人です。」
 
・ミズキ
「違います。
私が第一夫人のミズキです」
 
突然現れたミズキ。
火花が飛び散る食堂。
ミズキ、一体どこにいたの?
 
・???
「ふふふ、こんな美しい方々に好かれるなんて、余程素晴らしい人なのですね。」
 
それは違うと伝えたい、、
でも良い方向に行ってるからここは我慢だ。
 
・???
「、、、申し遅れました。
私の名は、ラスクと申します。」
 
ゆっくりと頭を下げるラスクさん。
俺も習って頭を下げる。
 
・ラスク
「ライオット様、お願いがあるのです。
私達を、救って下さい。」
 
震えるような声を絞り出して嘆願してきた。
何かあったのか?
 
・「とりあえず頭を上げて、事情を聴いても良いかな?」
 
・ラスク
「私はハーフエルフです。」
 
ラスクさんは意を決したように発言する。
 
・「そうなんですね、凄い美人さんだから納得!
続けて下さい。」
 
豆鉄砲を喰らったような顔をする。
ん?何か言っちゃいけない事言った?
 
・マルチ
「ここは大丈夫って言ったでしょ?
ライオットはそんなこと気にしない。
信頼しても良いんだよ?
だって、私もハーフエルフだから」
 
ラスクさんがマルチを見詰める。
途端に泣き出してしまった。
張り詰めた緊張の糸が切れたのかな?
ゆっくりと泣けばいいよ。
 
・「時間はたっぷりあるから、ゆっくり話してください。
私に出来る事なら何でもします。」
 
何でもって言うとハードルが上がりすぎるけど、
でも、出来るなら助けてあげたい。
 
暫くするとラスクさんも落ち着きを取り戻した。
その頃には外で待っていたオーランドさんも食堂に入って来て事の成り行きをミズキに聞いていた。
 
・ラスク
「失礼しました。
ご存知の通り、私達ハーフエルフはこの国でも迫害を受けています。
他の国に比べれば緩い為、私たちはこの国に逃げてきました。
しかし、どこに行っても迫害は治まらず、ついに私たちの住む教会にまで貴族の手が伸びてきました。
彼らの要求は、教会周辺の宅地化。
初めは私達も住めると言う話で進んでいたのですが、次第に話がねじ曲がり土地を去るか、奴隷のように生きるかの2択を迫られました。
男は労働者に、女は夜伽役に、、」
 
成る程、解りやすくも腹立たしい。
 
・ラスク
「昨夜、助けを求めて兵舎の方に出向いたのですが、ハーフエルフという事で門前払いにされ、教会に戻る途中で暴漢に襲われ、、、」
 
・マルチ
「そこをミズキさんが助けてここに連れて来たってわけなの。」
 
ラスクさんを優しく包み込み頭をなでているマルチ。
ミズキはまだオーランドさんと話していた。
 
・「貴族か、どこの世界でも利益を求めるには犠牲が必要ってわけか。」
 
・マルチ
「ライオット?」
 
思い深ける、前の世界の事を、、、
思い出せないことが多い、思い出したことが霧がかかっている点も多い。
覚えていると言うより、知っていると言った方が良いかもしれない。
まだ仮説の段階だが、この世界に来た時の記憶が俺のじゃない可能性がある。
女神さんの一部が解放された時に戻った記憶が鮮明だ、、、そしてしっくりくる。
サラリーマンだった俺、疲れ切ってる事を思い出す。
断片的だが、世界に絶望していた気がする。
胸騒ぎがして仕方がない、、、だがら
今はこの子の頼みを聞かなきゃ、
どうしても助けたくなった。
 
・「ラスクさんと言ったね。
貴族の名前、関係している人物、団体。
味方となりえる人物、助けが必要な人達の人数
教会と貴族の屋敷の距離、関係性。
現在の所有者の情報、工事着手時期を知りたい。
一緒に教会に行ってくれるかな?」
 
・ラスク
「助けて下さるのですか?」
 
・「どこまで出来るか解らないけど。
力になるよ、君はもう1人じゃない。
一緒に頑張ろう。」
 
ラスクさんが崩れ落ちて泣き出す。
マルチが抱えて背中をさすっている。
さて、助けるとは言ったが、どこまでできるかな。
不安しかないが、やるしかない。

「異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く