異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく

アナザー

第41話 ダンジョン攻略 歴史と真実

・???
「こんにちは」

・「こ、こんにちは。」

誰だ、、、、?
何か見覚えが、、、
あ、女神さんだ。

・女神さん
「お久しぶりですね。
今は、ライオットさんと名乗っているのね。」

・「お久しぶりです〜。
あれ?俺、ダンジョンにいませんでした?」

・女神さん
「えぇ、ダンジョンに居ました。
今、貴方は死にかけています。
オメガキマイラの毒により、、、」

思い出した。
あの時だ、最後に奴の体を切り裂いた時。
切り落とした筈の尻尾が動いてた。
蛇の毒を喰らったのか、、、

・「俺は、このまま死ぬのでしょうか?」

・女神さん
「貴方は、どうしたいかしら?
生きたい?死にたい?」

何か、恐ろしい質問が飛んできたぞ、、、
流石に迷う事は無いです。

・「死にたくはありません。
もっと生きていたいです。」

・女神さん
「そう、、、それで良いのね?
ならば助けましょう。」

・「何で、ここまでしてくれるのでしょうか?
俺は何故この世界に?」

・女神さん
「全てに答えられる訳ではありません。
しかし、最初の時とは違います。
話せる範囲でお話ししましょう。」

女神さんが座ってとジェスチャーで促してくる。
俺は女神さんの正面に座り、話を聞く。

・女神さん
「私の名は、まだ伝えられません。
今、私は封印されているのです。」

・「封印ですか?」

・女神さん
「はい、貴方達が倒してくれたあの魔物。
オメガキマイラ、、私の一部はあの魔物の中に封じ込められていました。
正直に言います。
貴方の前にも一人、立ち向かった者がいます。
私の為に、、、
しかし、敗れ去りました。
その後、私は魔物の核として利用されたのです。
魔神によって、、、。」

マジか、いきなり話が壮大に、、、
魔神って言われましてもね、、
魔神か、、、

・女神さん
「はい、、、魔神です。
遥か昔、魔族は魔神を召喚し地上を制圧しようと企みました。
人間族、獣人族、精霊族、ドワーフ族、異なる種族が手を取り合い、これを撃退したのです。
しかし、その過程でドワーフ族、精霊族が姿を消しました。」

まてよ、、、、女神さん。
似てるぞ。

・女神さん
「それ以上はまだ考えないで下さい。
答えられないので、、、
私は、魔神との戦いで敗れました。
そして、、、
魔力を吸い取られ魔物に封印されたのです。」

そうだったんだ、、、
そして、サクッと心を読まれてる。
俺喋って無いんですが?
変な事考えられないぞ。
落ち着け、今だけは賢者になるんだ。

・女神さん
「ふふふ、ライオットさんは不思議ですね。
一緒に居ると悲しみが少し和らいでいきます。
あの子が惹かれるのも解るわ。
私が話せるのはここまで、、、
後は、この先に居る者に尋ねなさい。
彼の名は、ランバート。
私を助けようとしてくれた、、、
そして、伝えてください。
申し訳なかったと、、、」

女神さんの姿が薄れていく、、、
聞きたい事はあるが、あり過ぎて何も聞けない。

・女神さん
「ありがとう、ライオット。
また、会える事を祈っています。」

そして視界が真っ白になった、、、

・???
「、、、、ットさん、ライオットさん!」

俺は目を覚ました。
此処は、、、ダンジョンだ。

・マルチ
「ライオットぉぉぉ。」

マルチが俺に飛び込んでくる。
セリスも泣きながら俺に抱き着く。
リーシュさんは汗だくだけど、、、
やっぱり泣いている。
ミミさんまでもが涙を流している。

・サリス
「ライオットさん、、、、良かった。」

・ハリス
「ライオット君、無事で良かった。」

みんなが心配してくれている
そっか、俺は死にかけていたんだな。
確かに、まだ頭が痛い、体が重い、、、

・リーシュ
「無理をしないで下さい。
毒は除去しましたが、体のダメージは計り知れない筈です。」

震えながら教えてくれる。

・マルチ
「ぇぇぇっ、うぇぇぇ。」

マルチが大泣きしている。
俺はマルチの頭を撫でてやる。
セリスの抱き締める力が強つなる。
泣いているのか?
悪い事したな、、、
セリスの頭も撫でる。

・「すまなかった、心配かけたね。
皆さんも申し訳ありませんでした。
でも、もう大丈夫です。」

俺はゆっくりと立ち上がる。

・リーシュ
「ダメです、ライオットさん。
今は動いちゃ、、、」

・「ごめんなさい、リーシュさん。
でも、行かなきゃ、、、
この先に居る者に会わなきゃいけない。」

・サリス
「この先に居る者?
誰なの?」

・「、、、、ランバート。」

ハリスさんが驚き俺を見る。
しかし頭を振り、直ぐに落ち着きを取り戻す。

・ハリス
「何故、この先の者の名を知っている?」

・「夢で、女神さんに会いました。
俺をこの世界に呼び寄せた人。
その方が言っていたんです。」

一行は黙り込む。
そしてセリスが声を上げる。

・セリス
「ライオット、無理だけはしちゃ嫌だよ?
行きたいのなら、私が連れて行ってあげる。
だから、もう無茶はしないで。」

涙を流しつつ、俺に嘆願してくる。
セリスの本当の姿が出ている。
余程、余裕が無かったんだな。

・「あぁ、すまなかったなセリス。
マルチも、心配掛けた。
さあ、先に進みましょう。」

俺たちは先に進む事になった。
ハリスさんが前に出て、サリスさんとミミさんが荷物を持ってくれた。
リーシュさんとセリスに両側を支えられながらゆっくりと進む。
マルチが俺の服を掴んで一緒に歩く。

・フォォォォ!

表現出来ない様な叫びが奥から聞こえる。
全員が止まり、俺を見詰める。
俺は頷く、、、女神さんを信じるんだ。

そして巨大な扉が現れた。

・サリス
「この先に、何かが居るわ。
引き返すなら今しかないわよ、、、」

・「いえ、行きます。
真相を明らかにしなければ、、、」

・ハリス
「わかった、、、最悪の場合、俺を囮に逃げろ。
俺はその後ゆっくりと逃げる。」

逃げる気なんてないんだろうな。
覚悟を決めた目をしている。
ハリスさん、相変わらずカッコいい。

扉は不思議と、勝手に開いて行く。
こちらの覚悟を理解したかの様に、、、

・???
「ほほぅ、ここまで来るとは驚いた。
だが、此処からは生かして帰さん。
全員纏めて、かかって来い!」

デカい、、、真っ黒い龍、、?
凄まじい殺気がパーティーを襲う。
ハリスさんがいち早く前に出る。

・「待ってください。
俺が、行きます。」

・サリス
「ダメよ、そんな体で何が出来るの?
アイツはとてつもなく強いわ。
戦っちゃダメ。」

珍しくサリスさんが怯えている。
取り乱す姿なんて初めて見たな。

・「大丈夫です、、、戦いはしない。
俺に、任せてください。」

マルチとセリスが一緒に前に出る。

・セリス
「私達は真の仲間でしょ?
一緒に行くわ、、、もう、離さない。」

・マルチ
「どんな所も一緒に行くの。
絶対に、一緒に居るの。」

2人の決意は固い、、、
ありがとう、2人とも、、

・「行こう、、、俺に歩く力を貸してくれ。」

3人は前に進み出す。
ハリスさんが止めようとするが、リーシュさんが抑える。
ミミさんも突撃出来る様に身構えるが、サリスさんが諭して落ち着かせる。
ありがとう、みんな、、、

・黒い龍
「なんだ?
たった3人でやる気か?
はん、、速攻で吹き飛ばしてやる。」

黒い龍が前に出る、、、筈だった

・黒い龍
「あぁ?
お前、、、、昔此処にきたよな?」

・マルチ
「あ、、、あの時の魔物?
こんな姿じゃなかったよ?
でも、面影もある、、、」

・黒い龍
「そう言えば、あの時はこの姿じゃなかったな。
表のオメガキマイラがウルセェからよ、出る時は別の姿になるんだ。
あの時はこの世の全てが憎いって顔してたが、、
良い顔になったじゃねぇか。」

・マルチ
「えぇ、ライオットのお陰で、、、
今はこの人と、ずっと一緒に生きていたいと思える様になったわ。
貴方に聞きたかったの、、、
何故、あの時私を見逃したの?」

・黒い龍
「元々、、、
お前を助けるつもりであそこまで行っただけだ。
精霊王の血を引くお前をな。」

・マルチ
「そうだったの、、、
ありがとうとは言えないわ。
あの後、私は死ぬ程苦しんだ、、、
でも、、、
死ななかったお陰でライオットに出会えた、、、
その部分だけはお礼を言いたい。
ありがとう。」

・黒い龍
「カッカッカ、今が幸せならそれで良い。
それで、此処には何しに来た?
俺を倒しに来たって言うのなら辞めときな。
お前らじゃ勝てねえ。
殺しに来るなら殺さなきゃいけねぇしな。」

・「貴方に用があるのは俺です。」

・黒い龍
「あん?
お前は誰だ?」

・「はじめまして、ライオットと申します。」

俺はマルチとセリスの補助を外してもらい、跪いて挨拶をする。
すると、みんなが俺に合わせてくれた。

・黒い龍
「ほぅ、なかなか見込のある奴だな。
良いだろう、話を聞いてやる。」

やっと殺気が消えた。

・「ありがとうございます。
では、伝言を伝えます。
、、、申し訳なかった。
そう伝えて欲しいと言われました。
貴方が助けようとした女性からです。」

一気に殺気が強くなる。
重い、、、みんなが苦しそうだ。
だが、辞めるわけには行かない。

・「名はまだ聞けなかった。
だが、きっと伝わると言っていたよ。
ランバート。」

殺気が再び消える。

・黒い龍
「何故、、、俺をそう呼ぶ?」

・「彼女が言っていました、そして聞きました。
魔神に敗れ、魔物に封印された彼女を、
助けようとして破れ去ってしまった貴方の話を。
ランバートさん、貴方ですよね?
伝えて欲しいと、頼まれました。
申し訳なかったと、、、。」

・黒い龍
「そうか、、、確かに受け取った。」

黒い龍だった姿が人型に変化する。
なんだ、、、イケメンか、、
めっちゃイケメンじゃねーかこの野郎!

・ランバート
「ちょっと待って、
なんでこの場面で殺気が飛んでくるの?
なんか面白いね君。」

・ハリス
「ら、、、ランバート。
初代勇者ランバート様?」

・ランバート
「おっ?俺の事知ってる?
嬉しいなぁ、あれから何年経ったのか、、、
途方も無い時間を此処で過ごしたよ。」

・サリス
「初代、、、勇者様。」

・ランバート
「ははっ、その勇者様ってのやめてよ。
俺はランバート、そう呼んでくれ。」

・セリス
「ランバート、貴方は何故此処に?」

・ランバート
「良いね、順応力が高いね。
良いよ、時間はまだある。
ゆっくりと話さないかい?」

ランバートの提案で話し合いをする事となった。
折角だからと、ハリスが料理を提供する事を願い出ると、ランバートは快く応じた。

・ランバート
「ライオット君だっけ?
君、オメガキマイラの毒にやられたね?
ちょっとこっちにおいで。」

俺はゆっくりとランバートのところに行く。
マルチとセリスも何故か付いてくる。

・マルチ
「もう離れない。」

・セリス
「私も、離さない。」

・ランバート
「モテモテだな。
ライオット君、羨ましいね。」
 
やかましい、このイケメンめ!
いや、そんな事を思う場面じゃ無い。
何故だ、自分の心のコントロールが効かない、、
全部イケメンが悪いんだ!
後、体が凄く怠いです。

近くに行くと、彼は俺の体に手を当てる。
そして、

・ランバート
「『オールケア』」

凄まじい魔力が俺の体を流れる。
激流の中に放り込まれた様だ、、、
これは、、、、?

・ランバート
「どうだい?」

・「す、、、凄い。
一瞬で体が軽くなった。
痛みも全て消えた。」

・ランバート
「良かった。
久しぶりだったけど上手く行った様だね。」

・ハリス
「『オールケア』
全ての回復魔法の元となった魔法、、、
やはり、貴方は本物なんですね。」

・ランバート
「信じてもらえたみたいだね。
と言っても、、、
大切な人を守れなかった敗者だけどね。
ガッカリしたかい?」

・ハリス
「そんな事はありません。
挨拶が遅れました。
私の名は、ハリス。
ハリス・グランツ・ランバート。
貴方様の子孫です。」

マジか、そうだったのか、、、。
ハリスさんって勇者の子孫なのか。
成る程、カッコいいわけだ。
あれ?
でも、何か違和感があるぞ?
マルチもそうだったが、長い名前の人ってミドルネーム?の所で呼び合ってたよね?
確か、マナタスク・マルチ・ダーチェだったし。
そう考えると、グランツって名乗るのが普通じゃないのかな?

・ランバート
「あれ?
その名前ならさ、ハリスじゃなくてグランツ君って呼んだほうがいいよね?
てか、グランツって、、、グランツァーの事?
魔王の名前が入ってますぞ?」 

同じ疑問を持ってた、、
そしてサラッと魔王の名前も出てきた。

・ハリス
「貴方様の功績を忘ずに後世に伝える為、後付けされた名です。
魔王グランツァーを倒した勇者ランバート。
今の世では、初代勇者グランツ・ランバートと伝えられてますよ。
そして、私達勇者の子孫は貴方様の名を引き継いでいる、、、だから最初に名が来るのです。」

・ランバート
「へぇ〜、そうだったんだ。
実際は倒したって言うか、和解したんだけどね。
アイツと一緒に魔神を封印したし。
懐かしいなぁ〜。」

・ハリス
「はい?
今、何と?」

・ランバート
「ん?魔神を封印したって事?
流石に倒せなかったから封印しといた。」

・ハリス
「いえ、、魔王と一緒に封印したと?」

・ランバート
「そうだよ。
グランツとは意気投合してね、元々アイツの覇権を狙ってた奴が魔神を召喚したんだけど、召喚した瞬間に消されてさ。
自由になった魔神を俺とグランツが協力して封印したってわけ、そう伝わってない?」 

・サリス
「魔王グランツは勇者ランバートに滅ぼされ、召喚陣を破壊された魔神はこの世から消滅した。
そう伝わっております。」

・ランバート
「マジか、召喚陣を壊しても対象は消えないよ?
既に実体を持ってこの世界に居たわけだしね。
どこかの時代で歴史がねじ曲がったんだね。
ちなみに、グランツはいい奴だったよ〜。」

明らかになる真実、、、
歴史が覆される。
驚きを隠せない一行だった、、、
1人を除いて。

・「まあ、歴史なんて後世の人が都合よく書き換える、なんて事良くありますしね。」

・ランバート
「そうだね、その通りだ。
、、、その考え方、そしてその思考。
もしかして、君は、、、
いや、辞めておこう。
君には君のやり方があるだろうしね。」

何となく俺も理解した。
ランバートさんは異世界人だ。
俺と同じく、、、

・ランバート
「さてと、ハリス君。
最後に、こんなに美味い飯を食べさせてくれて感謝する、久しぶりに楽しかった。
君達には感謝しかない。
ありがとう。」

・サリス
「最後、、、?」

・ランバート
「あぁ、君達のお陰でオメガキマイラに封じ込められていた彼女を解放できた。
まだ全てでは無いが、大きな一歩だろう。
俺の役目も終わりだ。
後は君達には託すとしよう。」

・「ランバートさん、、、。」

・ランバート
「気にする事はないさ、やっと解放されるんだ。
子孫にも逢えたしね。
、、、そうだ、1人1つずつお礼をしよう。
何か欲しいものはあるかい?
俺のできる範囲で渡そうと思う。
おっと、ハリス君にあげる物はもう決まっているから、他の人だけね。」

・サリス
「宜しいのですか?」

・ランバート
「まあね、最後くらい役に立ちたいしさ。
言ってごらん?」

・サリス
「では、私は原初の果実が欲しいです。」

・リーシュ
「わ、、私は、、、出来たらあの魔法を教えて頂きたいと思います。」

・ランバート
「『オールケア』かい?
適性は、、、あるみたいだね。
しかし、今の状態だと少し魔力量が不安だね、
一回なら使えるかな。
まあ、そのリングがあるなら大丈夫だろう。
この先、魔力量を上げるように頑張ってくれ。
君に授けよう、『オールケア』の魔法を。」

・ミミ
「アタシも原初の果実が欲しいかも。」

・セリス
「アタシは、ライオットの役に立つ力が欲しい。
もう、あんな思いはしたくない。」

・ランバート
「力か、、、力だけを求めるといい事ないよ?」

・セリス
「解っています、それでも、、、
私はライオットを死なせたくない。」 

・ランバート
「意思は硬いみたいだね、、、。
ん?そうか、君は。
それに、サリスさんだっけ?
君もそうなんだね。
、、、わかった、なら君にはこれをあげよう。
すぐに力になる訳じゃないけど、
必ず役に立つはずだよ。」

セリスの腕に綺麗な腕輪が現れる。
色んな色に変化して綺麗だな。

・サリス
「オリハルコン、、、」

サリスさんが呟く、、オリハルコンってあの?
ゲームでよく出てくる伝説の鉱石だ。

・ランバート
「さあ、次は君だね。
マナタスク家の血筋か、、、懐かしいね。」

・マルチ
「私は、、、
ライオットと居られるなら何も要らない。
彼が私の全てだから。」

・ランバート
「ふふふ、そう言う所も似てるね。
じゃあ、君にはこれだ。」

マルチの腕にセリスと同じく腕輪が現れる。
綺麗な青色だ、これ以上無い位に澄んでいる。

・サリス
「レアミスリル、、、」

サリスさん詳しいですね、、、
ミスリルなら知ってるけど、レアミスリルってなんだろう?

・ランバート
「君達の腕輪は、パーティー以外の人には普通の装備に見えるから、安心して良いよ。
余り珍しい物を持ってると危ないしね。」

ランバートさんの優しさが凄い。
イケメンで優しくて強い、、、
理想像だ、、、。

・ランバート
「じゃあ、最後はライオット君だね。
何かあるかい?」

・「じゃあ、俺も原初の果実を。
ハリスさんの分が無いので彼に譲ります。」

・ハリス
「ライオット君?」

・ランバート
「神器の武器とかもあるよ?
自分の為に使っていいんだよ?」

・「いえ、俺が神器とか持っても宝の持ち腐れになりそうだし、ハリスさんが強くなった方が今後の活動に有効な気がするし、、」

・ランバート
「君は本当に面白い子だね。
ここまで無欲だと逆に気持ちがいいね。
わかった、、、、
君の権利をハリス君に譲る事を認めよう。」

・「ありがとうございます。」

・ハリス
「ライオット君、本当に良いのか?」

・「勿論ですよ!
その方が良いと思います。」

・ハリス
「、、、わかった、受け取ろう。
君が困った時は必ず力になる、、、
いつでも呼んでくれ。」

・ランバート
「最強の武器、、、仲間か。
グランツ、、、
君の言っていた意味が分かった気がするよ。」

ランバートさんが何か呟いて考え込んでいるぞ?
ハリスさんの渡す物、実は考えてないとか?

・ランバート
「そろそろお別れだ。
ハリス君、君に渡す物はここを出た時に手にしているだろう。
そして、最後に伝えておくよ。
俺が居なくなったら、黒龍は元の魔物に戻る。
この魔物はこの部屋から出られない。
だから、、、
力を付けて、いつか倒してくれ。
頼んだよ、我が子孫。」

ランバートさんが光り出し、辺りを包む。
光が止むと、俺達はダンジョンの入り口にいた。

・サリス
「あの方は、、、オメガキマイラをダンジョンに留める為に、主の黒龍を制御していたのね。
凄い人だったわ。」

・セリス
「初代勇者か、、、凄い人だった。」

・リーシュ
「ランバートさん、
『オールケア』確かに受けとりました。
ありがとうございました。」

・マルチ
「ライオットと、、少し感じが似ていた。」

・セリス
「あぁ、、、
ひょっとしたら同じ世界の人なのかもな」

セリスがいつものセリスに戻った。

・ハリス
「初代勇者、、、我が先祖ランバート様。
貴方の依頼、必ず達成しましょう。
この【光神剣】にかけて、、、」

ハリスさんが見覚えのない剣を持っている。
神々しく光る剣、、、吸い込まれそうだ。

・サリス
「聖剣【光神剣・虹】
本当に存在したのね。」

暫く全員が聖剣に見惚れていた。
すっごい強そう。

・セリス
「色々あったが、、、終わったな。
本当に凄い冒険だった。」

・サリス
「そうね、収穫が計り知れないわ。
危なかったけど、大成功ね。」

・マルチ
「怖かった、、、。」

・ミミ
「目的は達成だね。
凄く疲れた、、、」

・ハリス
「色々とあり過ぎて、まだ理解が追いついていないが、ゆっくりと理解していくよ。」

・セリス
「勇者に認められたな、ハリス。
この時代の勇者はお前だ、、カッコいいぜ」

ハリスさんが嬉しそうに笑う。
やっと、パーティーに笑顔が戻った。

・サリス
「さあ、帰りましょう。
私達の国へ。」

サリスさんの一言で、俺たちは動き出す。
この先に起こる事なんて解らない
でもさ、俺は思うんだ、、
このパーティーなら何でも乗り越えられる。
そう感じれる程の絆を感じたんだ。
壮大過ぎて、全然ピンと来ない話が一気に出て来たけど、俺は俺のやれる事をやるさ。
だって、1人の力なんて知れてる。
人はさ、、、
誰かと協力して初めて強くなれると思うから。

ゆっくりと国に向けて帰っていく。
俺達は確かな成果を上げ、笑顔で帰っていく。
こんな日が、いつまでも続くと信じて、、

「異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く