異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく

アナザー

第40話 ダンジョン攻略 強敵

一行は7階へと降りていく。
6階はジャングルの様だった。
しかし、7階は城の様な作りだった。
大きな、とても大きな通路が続いている。
広さはどれ位だ?
とにかく広い、そんな通路だ。

・サリス
「ライオットさん、マップに何も映らないわ。」

・「マップ不干渉地帯って事ですかね?
ゲームだとボスの部屋とかそうなりますよ。
ひょっとしたら最下層なのかもしれませんね。」

マルチ以外の全員に緊張が走る。
マルチと俺はダンジョン初めてだしね、
危険度がさっぱりわからない。

・サリス
「確かに、雰囲気は最下層ね。
もしもそうだったら、強敵が居るはずよ。」

・セリス
「その分、原初の果実を手に入れられる可能性が増えるんだけどな。
頑張ろうぜ。」

・グォォォォ!

突然、凄まじい鳴き声が聞こえる。

・ハリス
「早く来いってさ、、、
向こうさんやる気満々だぜ?」

・ミミ
「今まで暇だったから、
アタシもやる気満々だよ。」

みんなのボルテージが上がっていく。
ここまで来て戦わずに帰るなんて出来ないよな。
冒険者なら、冒険しなきゃ!

・「いつでも大丈夫です。」

・マルチ
「頑張る。」

・リーシュ
「回復は任せて下さい。」

・セリス
「よし、行くぞ!」

・サリス
「ハリスさん、先行して。
ミミはサポート、私も行きます。
少し離れてセリスとマルチ。
リーシュとライオットさんは更に後ろで、戦闘が始まったら荷物を端に寄せて置いて、そのまま戦闘に参加する様に。」

・全員
「了解!」

慎重に進み出す。
今までとは違い、お互いの距離を開けて進む。
緊張が張り詰める。
進むにつれて空気が重くなっていく気がする。
見えない何かに押し潰されそうだ。
そして、遂に敵影が薄っすら見え始めた。

・ハリス
「おぉぉぉぉ!」

・ミミ
「はぁぁぁぁぁ!」

・グォォォォ!

先頭のハリスさんの声が聞こえた。
遂に戦いが始まった、、、

・リーシュ
「ライオットさん、荷物はこの辺りで。
私達も合流しましょう。」

リーシュさんが俺に指示をくれる。
急いで通路の端に向かい、荷物を置く。
端に移動するだけでも結構な距離がある。

・「よいしょっと。
これで良し、じゃあ行きましょう。」

2人は走り出す。
敵影が少しずつ鮮明になっていく。
魔法の閃光、爆発の煙、その規模から推測する。
敵はかなりの大きさだ。
通路がでかいのも頷ける。
そしてやっと合流する。

・マルチ
「ライオット、敵は強い。
でっかい、どうすれば良い?」

・「落ち着くんだマルチ。
まだ始まったばかりだ。
先ずは敵の特徴を把握。
そして弱点になりそうな箇所や敵の癖を見抜け。
焦っちゃダメだ。
俺が付いている。」

マルチは俺を見て深呼吸をして頷く。
よし、目つきが変わった。

・リーシュ
「ライオットさん、敵はキマイラです。
しかも亜種、、、間違いなく強敵です。」

キマイラか、ゲームではお馴染みの敵だな。
亜種ならば上位種と言うよりも何かしらに特化、又は進化した敵って事になる。
先ずは基本情報からだ。

・「リーシュさん。
キマイラについて、何でも良いから教えて。」

・リーシュ
「わかりました。
キマイラとは、異なる魔物を魔の錬金術で重ね合わせた融合生物と噂されています。
尻尾は蛇、顔はウルフとトカゲ。
雷を操り、火を吐き、毒を撒き散らす。
遭遇したら逃げる事を選択する様にと、軍では強く言われています。
そして、1番厄介な能力は再生能力です。」

・「成る程、近づいて攻撃するのはキツそうだ。
遠距離でも再生があるから火力が低いと倒せないって所かな。」

・マルチ
「どうすれば良い?」

・「そうだな、、、
闇雲に攻撃しても拉致があかない。
とりあえず、俺たちは敵を観察だ。」

俺、リーシュさん、マルチは戦場から少し離れた所で様子を伺う。

・ハリス
「くっそ、アイツの魔法が厄介すぎる。
ミミ、余り突っ込みすぎるなよ。」

・ミミ
「わかってる!
せいゃー。」

・「ミミさんの『火の拳』が余り効いていない。
炎耐性持ちだな、そう考えると雷も効きにくいと考えて良いだろう。
倒すとしたら氷、水、風、無属性といった所か?」

俺たちの接近に気付いたサリスさんがやって来る。

・サリス
「ライオットさん、来たわね。
どう思う?」

・「一つお願いがあります、キマイラの尻尾を切り落として離脱してください。
風属性は使わずにお願いします。
再生の性能を知りたい。」

・サリス
「了解!」

サリスさんが目の前から消える。
『超加速』使いこなしてるな。
観察していると、セリスの魔法も効きが悪い。

・「セリス、氷魔法を使え。
奴に火と雷は効きにくい。
ミミさん、『火の拳』を使うならウルフ頭の顔にお願いします。」

俺は叫んで指示を出す。
その瞬間、キマイラの尻尾が切れた。
そのまま、サリスさんはキマイラの背中を数回斬り付けて離脱する。

ギャァァァ!

しかし、、、
尻尾が地面に落ちるとほぼ同時に尻尾が再生する。
背中の傷は再生しているが遅い、、、
情報を集めて整理していく。
だがまだだ、まだ足りない。

・「マルチ、
水属性で両頭と尻尾を撃ち抜いてくれ。
リーシュさん、『魔弾』を奴の横っ腹に。」

・リーシュ
「わかりました。」

『魔弾』

・マルチ
「任せて。」

『スプラッシュ・ニードル』

2人の魔法がキマイラに直撃する。
横っ腹に直撃したが余り効果はない。
『スプラッシュ・ニードル』は上手く頭を撃ち抜くが、ウルフは超再生ですぐに復活する。
トカゲの方は再生に時間が掛かっている様だ。
尻尾部分も超再生で即座に回復する。

・ハリス
「ナイスだ!
食らえ」

ハリスさんの斬撃がキマイラの腹部に入る。
かなり深く斬れた、、、出血している。
、、、血が青いけど、、、あれ血だよな?
傷口は徐々に塞がっていくが、やはり遅い。

・「後一息だ、、、もう少し。
マルチ、リーシュさん
援護を頼む。」

俺はキマイラに向かって走り出す。
それに気付いたセリスが魔法で援護を、ミミさんが反対側から攻撃をしてくれる。
ハリスさんは俺にヘイトが来ない様にしている。
やはり、このパーティーは凄い。
これなら!

俺はキマイラの懐に入り込み。
右腕で軽く殴る。
、、、、そして逃げる。

・グガァァァァ!

キマイラの雷が俺を襲う。

・「うわぁぁぁぁぁ!
危なっ、やめてぇぇぇぇ。」

俺は一目散に逃げ出した。
それを見て、サリスさんが飛んでくる。

・サリス
「何か掴んだのね。
教えて。」

相変わらず察しが良い。
サリスさん、恐ろしい人だ。

・「わかった事を伝えます。
まず、アイツは物理耐性を持っています。
物理耐性、魔法耐性、火耐性、雷耐性、超再生。
しかし、一部分は魔法に弱く、弱点を突くと再生能力が低下する。
そんな所でしょう。」

・サリス
「なら、やっぱり斬撃が有効なの?」

・「えぇ、斬撃も弱点です、、、
と言いたい所ですが、恐らくダミーでしょう。」

・サリス
「ダミー?
何故そう言えるの?」

・「リーシュさんから効きました。
キマイラは造られた生物だと。
もしも本当ならば、
あんなに判り易く弱点を曝け出すはずがない。
何よりハリスさんが積極的に攻撃をしていない事がそれを裏付けています。
恐らく違和感を感じているのでしょう。」

・サリス
「物理耐性、魔法耐性、斬撃弱点ダミー、超再生。
打つ手が無いわ、、、逃げるしか無い?」

・「いえ、倒す方法があります。
多分、これしか無い。
造られた生物だとしても、必ず核が存在する。
そこは何よりも防御力を上げている筈だ。
、、、先程、4ヶ所見つけました。
俺の魔力を流して奴の体内を調べてみました。
体内に魔力が集中している場所が4ヶ所、そして全て大きな流れで繋がっていた。
ひとつひとつ核の属性が違う、そして核付近を弱点で突くとその流れが一時的に鈍くなる。
超再生が遅くなるのは魔力が乱れるからでしょう。
つまり、4ヶ所を同時に撃ち抜けば倒せる。
俺はそう仮説をたてました。
どうですか?」

・サリス
「、、、、、間違ってはいない。
私もそう思います。
しかし、場所が判らない上に同時に撃ち抜くのはかなり難しわ。
、、、、そうか、弱点を突けば良いのね。
超再生が遅くなれば、タイミングが遅れても倒せるはずだわ。」

・「俺もそう考えました。
核の場所は俺が示します。
弱点を突く場所と突けない場所で撃ち抜くタイミングをずらせば良い。
先に弱点を突いて、すぐに弱点では無い場所を的確に撃ち抜けば良い、そう思います。
逆だと超再生で回復されてしまう。」

・サリス
「もう、それに賭けるしかないわね。
弱点属性と場所の指示、お願いするわ。」

・「わかりました。
マルチ、リーシュさん、セリス、サリスさんで核を撃ち抜いて下さい。
俺が戦闘中に奴に印を付けます。」

・サリス
「わかったわ、じゃあセリスを連れてくる。
少し待ってて。」

サリスさんがまた目の前から消える。
そして、セリスを抱き抱えて戻ってくる。

・セリス
「姉さん?
どうしたんだ?
倒せないなら撤退も考えなければ。
アタシはどうすれば良い?」

セリスも感じていたんだな。
このままだと、負ける。

・「これから指示を出す、
セリス、マルチ、リーシュさん、
そしてサリスさん、聞いてくれ。
俺がアイツの弱点に印を付けてくる。
4カ所だ、、、
狙う場所と属性を教える。
まず、マルチは水属性でトカゲの方。
セリスは氷属性でウルフの方だ。
使う魔法は斬撃か砲撃で、撃ち抜くか斬り裂くかのどちらかで頼む。
サリスさんは風で蛇を。
リーシュさんは無属性で、
奴の体を撃ち抜いて欲しい。
『魔弾』で良い、俺が奴の腹を開ける。
合図はそれだ。
俺が奴を切り裂いたら、
その傷に向かって全力で魔法を頼む。
チャンスは一度きり、一瞬しかない。
出来れば同時が好ましい。
だが、絶対にリーシュさんの攻撃を最初に当ててはいけない。
詳しくはサリスさんに聞いてくれ。
以上だ、何か質問は?」

・セリス
「いや、無い。
お前に賭けよう。」

・マルチ
「ライオットを信じる。」

・リーシュ
「やってみせます。」

・「サリスさん、こちらの指示は任せます。
必ず、核を撃ち抜いて下さい。」

俺はサリスさんに指示と説明を任せ、急いで前衛の戦いに参戦する。

・ハリス
「どうだい?
くっ、、、勝てそうかい?」

敵の攻撃を防ぎながらハリスさんが聞いてくる。

・「指示は出してきました。
後は俺次第です。」

・ミミ
「アタシは何すれば良い?
何でも言って。」

尻尾の攻撃を避けつつミミさんが聞いてくる。
相手は強いがこちらの防御の方が上だ。

・「ミミさん、コレを。」

俺はキマイラの攻撃を避けつつ、ミミさんにナイフを3本投げて渡す。

・「俺が奴の体に傷を付けます。
その場所にナイフを突き刺して下さい。
出来るだけ根元まで。」

・ミミ
「了解だよ!
さぁ、場所を教えて。」 

俺は敵の攻撃を躱し、相手に触れる。
魔力を流し、相手の体内を調べる。
よし、核の場所は変わってないな。

・「行きます。
ミミさん宜しく!」

俺はウルフ頭の目の前に出る。
ウルフ頭は口から雷撃を出して攻撃してくる。

・「潜り込めぇぇ!」

俺は雷撃の攻撃を左腕に受けつつも、潜り込む。
そして、首の付け根に印をつける。
手に風魔法を纏い×印をつける様に斬り付ける。
そしてミミさんがナイフを突き刺しやすい様に、思いっきり顔を蹴り上げる。

・ミミ
「そこね!
セイッ」

ミミさんが寸分の狂いもなくナイフを突き刺す。
取れない様に根元まで突き刺してくれる。
いいぞ、次はトカゲ頭だ。
コイツも付け根にある。
手順は同じだ。
、、、左腕に激痛が走る。

・「ぐっ、、、くそっ
痛みを忘れろ、今だけはぁぁぁ」

俺はトカゲ頭に潜り込、、、
トカゲ頭は察知していたのか噛みつきに来た。
ぐぅぅ、、避けなければ、、死ぬ。

・ハリス
「おらぁ、『ショックバッシュ』」

ハリスさんが俺の前に出る。
何だ?盾で敵をかち上げた。
あれはシールドバッシュって技だな。
トカゲが痺れている、、、、コレは雷属性だ。
今がチャンスだ!

・「ミミさん、ここ!」

先程と同じ様に×印を付けて蹴り上げる。
すると、ミミさんがナイフを突き刺す。
次は尻尾だ!
俺は剣を取り出してキマイラの後ろに回り込む。

・ハリス
「『挑発』、こっちだ化け物!」

キマイラが完全にハリスさんの方を向く。
ナイスだ、ハリスさん!

・「食らえ、『ウインドブレード』」

俺は尻尾を切り落とす。
そしてシッポの付け根に×印を付ける。

・ミミ
「よいしょー」

的確にナイフが刺さる。
流石ミミさんだ、寸分の狂いもない。

・「ミミさん、お願いします。
キマイラを空中に蹴り上げて下さい。
ハリスさん、ミミさん。
俺が奴を切り裂いたら、離脱で。」

・ミミ
「オッケー、ハリス。
奴を止めて。」

・ハリス
「任せておけ!」

ハリスさんは盾を下ろして両手を合わせる。
キマイラは、無防備なハリスさんに鋭い爪で攻撃を加えようとしてくる。
ハリスさんは頬に傷を負いつつ躱す。
そして、

・ハリス
「痺れろ、『ショック・ウェーブ』」

キマイラの動きが止まる

・ミミ
「これでも、食らえぇぇ!」

ミミさんがバク宙しながら顔を蹴り上げる。
サマーソルトだ、カッコいい、、、
着地と同時にもう一回転しながらもう片方の顔もサマーソルトで蹴り上げる。
着地後、蹴り技で両方の顔が上がりバランスを崩したキマイラの懐に潜り込む。

・ミミ
「さぁ、行くよ!
『鳳凰舞昇拳』」

炎を纏い下からアッパー、そのままジャンプしながら横回転して殴り上げている。
すげぇ、、、カッコイイ、、、。
このチャンスを生かす!
俺は空中のキマイラの腹に向かって飛ぶ。

・「切り裂け、
『超振動ブレード』」

俺はキマイラの中心より、やや後ろを切断しない様に、核直前まで切り裂く。
そして『空中徒歩』と『超加速』を使い、その場を離脱する。
ミミさんとハリスさんも既に離脱している。

・サリス
「今よ!」

『スプラッシュ・カノン』

『大氷刃』

『ウインド・バレット』

『魔弾・爆』

号令と共に、4つの異なる魔法が飛んでくる。
手加減無しの魔法だ。
ここを離れろぉぉぉ

ミミさんの攻撃で空中に浮き、さらに体を切り裂かれたキマイラは動けない。
そして魔法が命中する。

マルチの魔法『スプラッシュ・カノン』
トカゲの頭ごとナイフの部分を貫く。

同時にセリスの『大氷刃』
ウルフの頭に刺さったナイフごと斬り落とす、、、そして、魔法ダブルの効果で切り落とした頭を真っ二つに切り裂く。

更にサリスさんの『ウインド・バレット』
蛇の付け根、ナイフの刺さった部位を的確に貫いていく。

ほんの少しだけ遅れて、、いやほぼ同時だ。
リーシュさんの『魔弾・爆』が着弾。
いつの間に新技が、、、
キマイラの切り裂かれた腹の中で爆発する。
核もろともキマイラの体を吹き飛ばす。
すげぇ威力だ、、、、

そんな事を考えていた俺は、キマイラにやられた左腕の痛みでバランスを崩していた。
そこに魔法の爆風まで加わった、、、
ダメだ、このまま落ちる、、、

・ミミ
「とうっ!」

ミミさんが空中でキャッチしてくれた。
そのまま俺を抱き締めながら着地してくれた。
た、、、、助かった。

・ミミ
「ライオット、大丈夫?
死んじゃやだよ!」

ミミさんが泣きながら俺を抱き締める。
大丈夫ですよ、左腕に電撃を食らっただけ、、
あれ、その割には体が動かないぞ、、、

・ハリス
「ライオット君、大丈夫か!
リーシュさん来てくれ。」

ハリスさんが俺を見て慌ててる。
リーシュさんがやってくる。
マルチ、なぜ泣いてる?
セリスまで顔が青いぞ?
一体、、、何が、、、起きた、、んだ?
俺の意識はそこで途絶えた。

「異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く