異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく

アナザー

第39話 ダンジョン攻略 地下6階

ダンジョン3日目
 
ダンジョンで寝起きする事に大分慣れてきた。
何でも慣れるもんだね。
今日は俺が起きてくる頃には、全員が起きて各々準備を進めていた。
 
・セリス
「おはよう、ライオット。
今日から未知の階層探索だ。
みんな落ち着かないみたいで早く起きちまった。
アタシもなんだけどな、、、。
ライオットはいつも通りだな、頼もしいぜ。」
 
いえ、何も知らないだけです。
恐怖心は余り無い、、、無知ってたまに便利。
いつも通りだ。
 
・セリス
「さあ、朝飯を食べてくれ。
アタシ達は既に食べた。
ライオットが食べている時に今日の予定を話す」
 
セリスに促されるまま朝食を取る。
朝はあっさりスープとパンだった。
スープの味付けがパンに合う。
流石はハリスさんだ。
みんなが見詰める中、食べる朝食、、、
落ち着かないです。
 
・サリス
「じゃあ聞いて下さい。
今日から6階の探索に入ります。
ここからの情報は全く無いわ。
少しずつ進む事にします。
敵の情報、ダンジョンの構造、全てが謎です。
慎重に行くわ。」
 
・マルチ
「ライオットのマップがある。」
 
その場の全員がマルチをみる。
マルチは頷いた。
 
・ハリス
「ダンジョン構造、敵の位置、名前。
この3つの情報は大丈夫みたいだな。」
 
・セリス
「確かにそうだな、何だか不安が少し無くなった。
ライオットがいると色々と助かる面が多いな。」

リーシュさんが手を挙げて発言をする。
 
・リーシュ
「ライオットさんのおかげで遠距離の援護砲撃が出来る様になりました。
戦略にお役立てください。」
 
・サリス
「リーシュも攻撃魔法が出来るの?
回復特化だから無属性じゃなかった?
それとも昨日、ライオットさんと話して新しい属性を使えるようになったの?」
 
・ハリス
「新しい属性か、、、いまだに信じられないが、そんなに簡単に覚えれるものなのかい?」
 
・マルチ
「ライオットは天才、そして私の騎士」

何故かマルチが渾身のドヤ顔をする。
 
・リーシュ
「私は無属性の攻撃魔法を教えて頂きました。
威力は申し分ないです。
既に5階で何回も使い、調整も可能です。」
 
・セリス
「有難い、しかし今回のダンジョン探索で信じられないくらいパーティーの強化が出来てるな。
ライオットの功績が非常に大きい。
また、良い道具が出たら譲るよ。」
 
・「気にしなくていいですよ、
魔法石が大量に手に入ってますし。
俺にとっては有難いです。
まだまだ試したい事もあるので、石はどれだけあっても足りないくらいかも。
そう考えると、、、
俺の貰った【魔法鞄】は神アイテムですね」
 
・セリス
「そうか、そりゃよかった。
6階からはどんな敵が出るか解らないが、、、
頼りにしてるぜ。」
 
・サリス
「じゃあ進みましょう。
とりあえず先頭はハリスさんで行きましょう。
2番目に地図持ちのセリスとミミ、リーシュで、
次に荷物持ちライオットさんとマルチ、
殿は私で行きます。
戦闘になったらリーシュは下がって安全確保。
ミミはハリスと戦闘、セリスはサポートでお願い。
私とマルチは後ろを警戒しつつ臨機応変に動くわ。
ライオットさんは敵の観察、気が付いた事があればすぐに言ってね」
 
・全員
「了解」
 
そして6階に続く階段を下りていく。
6階は今までと違い通路や部屋は無かった。
一言でいうとジャングルだな。
成る程、これは厄介だ。
軍の調査がここまでだって言うのも頷けるな、、、
 
・セリス
「これは、、、厄介だな。
良いか、逸れるなよ?
進行速度は遅めで行く。
ライオット、地図はもう一つ作れるのか?」
 
・「解らない、やってみようか?
同じような布ってある?」
 
・リーシュ
「あと一枚ならありますよ。」
 
リーシュが俺に布を渡してくれる。
  
・「じゃあ、やってみるね。
固定、マップオープン、展開、投影、、、」

俺は固定した布に魔力を流す。

・「普通に出来た、、、
そっちのマップはまだ見える?」
 
・セリス
「少し薄くなったな、、、
だが、十分に見える。
大丈夫だ、使える」
 
薄くなった・・・?
つまり何枚も作ると薄くなっていって最終的には消えてしまうのか?
でも2枚も作れれば十分すぎるくらいだよな。
 
・サリス
「じゃあ、もう一枚の地図は私が持つわ。
ふむ、、、今のところ敵はいないわね。
階段の近くだからかしら。
一応壁はあるみたい、6階を囲う様にあるのかな?何か異変があったら調べてみましょう。」
 
こうしてパーティーは進んでいく。
進行速度はゆっくりだ。
足場が悪い、、、視界も悪い。
少し霧が掛かっている
どこから襲われるかも判らない状態だ。
ストレスもすごいだろう。
どこを進んでいるかも、
どっちに進んでいるかも分からなくなる。
普通なら、、、、ね。
俺達にはマップがある。
マップには方角も付いている。
敵の居場所も直ぐに分かる。
激ムズのダンジョンが普通の難易度に変わる。
後は敵の次第だ、、、
 
・サリス
「本当に便利ね、このマップ。
パーティーに1人、ライオットさんが欲しいわ。」

地図を見ながらサリスさんが呟く。 
無理言わないでくださいね。
 
・セリス
「む、前方に敵2だ
名前はウーツイーター、ハイラッキー、
情報がない状態で名前が解ってもな。」
 
ラッキー、、、ラッキーね。
どこかで聞いた気がする。
 
・マルチ
「ラッキーなら知ってる。
うるさい奴、たぶん木の上に居る。」
 
あぁ、あいつか、、、猿型の魔物だ。
特訓の時に戦ったノートリアスと一緒に居た奴。
名前にはハイとついているから上位種かな?
 
・セリス
「ふむ、、、よし木の上に注意して進もう。
もう少し先まで行って作戦を練る」
 
一行はゆっくりと進む。
肉眼では見えない位置だが、
セリスが止まる指示を出す。
 
・セリス
「これ以上は感知される心配がある
ここで作戦を練ろう」
 
・サリス
「そうね、じゃあ作戦を。
まずは遠距離から魔法で奇襲します。
その後、敵が来たらハリスは挑発、ミミは迎撃。
私は木の上を見張るわ。
セリスはマップで周辺を、
マルチは地上の状況を観ていて。
ライオットさんは敵の分析、次回からの敵撃破に役立てます。」
 
・「マルチ、範囲攻撃で行こう。
幸い、ここの木はかなり背が低い。
セリスは『召雷』で範囲攻撃。
とりあえずこれで様子見してみたい」
 
・セリス、マルチ
「了解」
 
・サリス
「じゃあ、お願い。
ハリスさん準備を、、、。」
 
・ハリス
「いつでも良いぜ!」

・セリス
「じゃあ、行くぜ。
マルチ合わせろよ。」
 
『召雷』
 
『エレメントバースト』
 
ズドーン
 
霧の向こうで魔法が着弾する音が聞こえる。
 
・ハイラッキーを倒しました
・ウーツイーターを倒しました
 
・サリス
「、、、、、倒したわね。」
 
・ハリス
「、、、、倒しましたね。」
 
・「何もわかりませんでしたね。」
 
・セリス
「まぁ、良いじゃねぇか。
魔法の威力が2人とも上がってるな。
やっぱり装備品って大事だな、、、
とりあえず、進もう。」
 
マップのお陰ですべての敵に奇襲が掛けれる。
あっさりと倒してしまい、敵の姿すら見えない。
遠距離が強いって良いね。
 
・ミミ
「今日もする事なさげ?
安全だから良いかぁ~。」
 
・リーシュ
「そうですね、安全が第一です。
この先、どんな敵がいるか解りませんし、
体力を温存出来るのは大事なことです。
緊張感はそのままで進みましょう。」
 
一行は進む。
相変わらず霧で視界が悪い。
足場も悪い。
しかし危険は少ない。
敵がどこから来るかの心配はない。
進行を止める必要がない。
いつの間にか反対側の壁まで来ていた。
 
・ハリス
「とりあえず横断出来たって事かな?
下り階段の位置が解らない。
ここからはどうする?」
 
・セリス
「そうね、マップが2枚あるけど二手に分かれるのはあまり得策ではないわ。
時間が掛かるかもしれないけど、
全員で進みましょう。
とりあえずどちらに行くか、、、ね」
 
ふむ、、、安全第一だからね。
もう少しマップが大きかったら良いんだけどね。
、、、、大きくか。
 
・「ちょっと待っててください」
 
俺は意識を広くしてみた。
ゲームで言う全体マップを見るってやつだ。
するとマップが広くなる。
普通に見れたな。
 
・サリス
「ライオットさん、マップの表示が変わったわ。
いったい何をしたの?」
 
・「マップ全体化ってのをやってみました。
ほら、前の世界でやっていたゲームの知識です。
やってみると出来るもんですね。
 
ポカーンとしているメンバー
そっか、ゲームの概念が無いか、、、
あ、、、俺が異世界人って知らない人も居た。
ん〜、、まぁ良いか。
このパーティーの人なら隠す必要も無いだろう。
解釈次第では前にいた国ではって事になるかも?
 
・「まぁ、良いじゃないですか。
このマップを観ながら進みましょう。」
 
・サリス
「ん~、、、そうね、
ライオットさんが規格外なのはいつもの事だし。
これで進行速度も上げれるわ。
地図によると、、、、すぐそこね。
反対に行ってたら大変だったわ。
危なかった。」

俺たちは地図を見ながら進む。
暫くすると階段が見え始めた。

・セリス
「6階は問題なくクリア出来たな。
次は7階だ。
気を引き締めて行こう。」

一行は7階へと降りて行った。
6階はマップのお陰でサクッとクリア出来た。
7階はどんな場所なんだろう?
しっかりと気を引き締めないとな。

「異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く