異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく

アナザー

第38話 ダンジョン攻略 リーシュの悩み

・マルチ
「はい、じゃあ並んで
どちらから先に話をしたい?」
 
マルチがこの場を仕切ってくれる
有難いけど、どうしてこうなった?
 
・ミミ
「はい!はい!
ライオットと話したい」
 
本当にミミさんなんだろうか?
ギルドの受付をしている時と全然違のだが、、。

・リーシュ
「私は後で構いません。」
 
・マルチ
「ではミミ、ライオットの所に、
リーシュは私と話してようよ」
 
マルチとリーシュは2人で話し始めた。
すっかり仲良しになったね。

・「じゃあ、ミミさんどんな話しましょうか?」

・ミミ
「ライオット、
帰ったら本当にママに会ってくれるのかな?」

・「その事ですか、勿論ですよ。
こちらからもお願いします。」

・ミミ
「ありがとう、ライオット。
アタシの為に、頑張ってね」

・「ありがとうございます、、、」

頑張ってねって、どういう事?
俺の屋敷に来る事、反対してたのか?
ん〜、怖いけどしっかり挨拶しないとな。

・「帰ったら早めにご挨拶に行きますね。
遅くなってすみません。」

ミミさんが嬉しそうに喜んでいる。
余程、反対がキツかったのか、、、
帰ったら直ぐにでも謝りに行こう。

・ミミ
「じゃあ、リーシュと変わるね。
ライオット、帰ったら宜しくね!」 

ウィンクしてリーシュさんの元に行く。
うわ〜、ミミさん可愛かったなぁ〜。
そして次はリーシュさんがやって来た。

・リーシュ
「こうしてゆっくりと話すの初めてですね。」

・「そう言えばそうですね。
今日はゆっくりと話しましょう。」

・リーシュ
「そうですね、今だけは2人きり。
ゆっくりとした時間を過ごしましょう。」

リーシュさんが隣に座って近寄って来る。
対面でも良いんですよ?
チラッと横を見ると上目遣いで寄って来る。
あかん、これダメなやつや。
可愛い過ぎるわぁ〜。

・「ど、どんなお話をしましょうか?」

・リーシュ
「ふふふ、ライオットさん緊張してる。
ごめんね、ちょっとふざけてみた。
たまにしか会えないから、忘れて欲しくないし。
それで、ライオットさんに聞いて見たかったんだけど、医療魔法しか使えない人が戦闘で役立つ魔法、思い付かないかな?」

お、やっぱり医療特化の人は同じ様な悩みを持ってたりするんだな。

・「ありますよ〜。
遠距離で援護射撃出来るような魔法ですが。」

・リーシュ
「あるんですか?
本当ですか?
良かったら教えて下さい。」

・「良いですよ〜、
リーシュさんなら直ぐに出来ると思いますし。」

・リーシュ
「わぁ、やっぱり聞いて良かった。」

体の前で手を合わせて喜ぶ、、、
その姿、、、これもあかんヤツや!
めっちゃ可愛い。

・「んじゃサクッと教えますね。
俺と同じ事をして下さい。」

・リーシュ
「はい、お願いします。」

・「まず、、、
利き手の掌に魔力の玉を作ってください。
そして魔力の玉を更に魔力の膜で包んで下さい。」

・リーシュ
「こう?かな?」

うん、流石はリーシュさん。
魔力コントロールが抜群だ、、、

・「そうそう、そんな感じ。
それで、魔力の玉に出来るだけ多くの魔力を注ぎながら、膜を縮めて小さくして下さい。
拳位の大きさで大丈夫です。」

・リーシュ
「ん〜、、、よいしょっ!
こんな感じ、、、かな?」

やっべ、、、リーシュさんの魔力コントロールの凄さを見誤った、、、
魔力の密度がとんでもねぇ、、、
これ、とんでもない威力だぞ。
出来るだけ多くって言わなきゃ良かった。

・リーシュ
「ライオットさん?」

・「はっ、すみません。
余りに完璧すぎてビックリしでした。
その玉を敵に向かって放ちます。
敵に当たる時に膜を消せば無属性魔法『魔弾』の出来上がりですよ。
ちなみに、膜を消すタイミングを変えると面白いですよ。
無属性魔法って感知されにくいから、敵にくっ付けといて時間差で爆破すると、相手は堪らないでしょうね。」

・リーシュ
「試して良いかな?」

・「出来るだけ、、、、遠くにお願いします。」

俺はゆっくりと後退りする。

・リーシュ
「行きますね。
『魔弾』、えいっ!」

シュン、、、、、ズドゴーン。

・リーシュ
「嘘、、、、、。」

・「すげぇ、、、、魔力コントロール次第でここまで威力とスピードが上がるのか。」

・ミミ
「何?何?
どうしたの?
大丈夫?」

・マルチ
「ライオット、リーシュ、平気?」

・「あ、あぁ、大丈夫だ。
驚かせて済まなかった。
特に問題ないよ」

・リーシュ
「私にも、こんな力があったんですね。
嬉しい、、、私も、戦える。」

リーシュさんが震えている。
やっぱり医療特化の人はみんな同じなんだな。
無属性魔法が認知されていないから仕方ないか。

・「これで『魔弾』はリーシュさんの物ですね。
そう言えば、後1人教えた子も居るけど好きに使って下さい。
後、魔力の量で威力調整が出来ますので、」

・リーシュ
「ありがとう、ライオットさん。
やっぱり貴方は凄い人です。」

・「1番弱いですけどね、、、
そう言えば、レベルどれ位になったかな。」

レベル23 所持金 16309c
筋力 101 +40(パッシブ
知力 120 +80(パッシブ
敏捷性 116 +30(パッシブ
・スキル
自動マーカー、マップ、精神自動回復、順応力 

・魔法
癒しの鼓動
風魔法 レベル25
炎魔法 レベル23
水属性 レベル29

・技能
剣術レベル9 補正レベル1  筋力 2 敏捷生 2
杖術レベル8 補正レベル1  知力 5
盾術レベル7 補正レベル1  筋力 5
槍術レベル7 補正レベル1  筋力 3 知力 1
体術レベル19 補正レベル3 筋力 8 俊敏性 12
射撃レベル 9補正レベル1 筋力 2 俊敏性 2

・特殊技能 補正値パッシブ(特
採取レベル12 補正レベル2 筋力 10 知力 10
採掘レベル11 補正レベル2 筋力 10 敏捷性 10
魔装術レベル17 補正値レベル3 知力 30
操舵レベル12 補正レベル2 俊敏性 20 

・加工技能 補正値パッシブ(加
裁縫レベル10 補正レベル2 知力 20
鍛治レベル10 補正レベル2 筋力 20
錬金レベル10 補正レベル2 知力 20

ほぉ、順調に上がってるな。

・「レベルが23になってました。
いや〜、ダンジョンって良いですね。
ドンドン上がって、、、。」

あら、、、何この反応?

・マルチ
「ごめんね、ライオット
私、、、、今32レベル。」

マジかよ!
ガッツリ差がついてますやん!

・ミミ
「私、レベル54だよ。
レベル30とレベル50辺りから、すっごいレベルの上がりが悪くなるの。
それなのに、このダンジョンに入ってからレベルが2も上がったんだよ。
ガーディアンの経験値が凄かったみたい。
ライオットは全然レベル上がらないんだね。」

やっぱり俺のレベルは上がりにくいのか、、、
知ってたけどやっぱり凹む、、、

・リーシュ
「私は45になれました。
2日間でレベルが2も上がる事なんて、30レベルを越えてからは無かったので、嬉しいです。」

へぇ〜、そんなに上がりにくくなるんだ。
俺が30レベルになったらどうなるのかが怖い。

・ミミ
「【原初の果実】アタシの分もお願いしておいて良かった。
取れるといいなぁ〜。」

確か4つ狙うって言ってたな。
セリスとミミさんが欲しいって事か、じゃあ後はハリスさんとサリスさんかな?

・リーシュ
「まだ時間がありそうですが、どうしますか?」

・マルチ
「レベル上げをしたい。」

・「あ、俺もレベル上げしたいかも。
スキルを上げたいし、前衛やって良いです?
そう言えば、ダンジョン入ってから普通に経験値入ってるみたいなので、あの首飾りしなくて良いかもしれません。」

・ミミ
「おぉ、じゃあ一緒に戦おう!」

・リーシュ
「そうですね、
じゃあみんなでレベル上げ行きますか。」

4人はレベル上げに行く事にした。

・リーシュ
「陣形はどうしましょうか?」

・マルチ
「ライオットに任せれば良いと思う。」

マルチさんの丸投げが飛んで来たよ。
とりあえず考えてたから良いか。

・「4人ですからね、
とりあえずマップを見ながら俺が指示します。
先頭がミミさんで、横に俺。
リーシュさんとマルチは後から魔法で援護。
そんな所ですかね。
マップがあれば、後ろからの奇襲に対処できますしね。」

・ミミ
「異議なしっ!
じゃあ行こうか。」

4人はレベル上げに向かう。
俺は杖と剣の二刀流でスキル上げをする。
『フレイムスピア』『ウィンドブレード』を使い、一気にスキルレベルを上げるのだ。

・リーシュ
「『魔弾』の威力を試す良い機会です。
とても楽しみです。」

リーシュさんがワクワクしている。
戦闘でワクワクしているリーシュさん。
結構レアな気がするぞ。

・「そこの曲がり角の奥にリビング3セット。
アーマー、リーシュさん。
シールド、ミミさん。
ソード、俺。
マルチはサポート。
ではスタート!」

ちょっとサリスさんを真似してみた。
開幕、リーシュさんの『魔弾』でリビングアーマーが吹き飛ぶ、、、何か可哀想。

続けてミミさんと俺が突っ込む。

・ミミ
「『火の拳』、せやぁー!」

シールドのど真ん中に穴が空き、吹き飛んで壁に当たり、粉々になる、、、何か可哀想。

・「『フレイムスピア』『ウィンドブレード』」

ソードに『フレイムスピア』で魔力を流し込み、真っ二つに叩っ斬ってから内部爆破で消し去る。
何か、ごめんね。

・マルチ
「良い感じ!
この調子でドンドン行こう〜」

マルチの応援で俺のやる気が上がる。
よっしゃ、ドンドン行くぜ。
4人はとにかく敵を狩りまくった。
途中でサリスさんが気を付けろって言ってた、ファーニーが出現したが、疾風のイヤリングを装備したミミさんがファーニーの速度を上回り、笑顔でぶっ飛ばしていた。
絵的にどうかと思うけど、魔物なんだよなぁ〜。

そのままレベル上げは夜まで続いた、、、
そして野営地に帰ってくる。
そこにはセリス達が既に戻ってきていた。

・ミミ
「どうだった?
あった?隠し通路。」

・サリス
「無かったわ、、、
流石にポコポコある訳じゃないのね。
解ってた事だけどちょっと寂しいわね。」

その後はハリスさんの料理で晩ご飯を食べる。
そしていつものミーティング。

・セリス
「よし、明日からは未開拓の6階に進む。
ここからは更に慎重に行くぞ。
次からは野営出来なくなるかもしれない、それだけは覚悟しておいてくれ。
陣形などは状況次第だ、、
明日、サリスから指示がある。
今日はゆっくりと休んでくれ。」

そして、今回も俺の作ったお風呂でリフレッシュして、そのまま就寝した。
ハリスさんも言葉数が少なく、明日からの6階へのアタックに集中しているみたいだった。

そして、明日がやってくる。

「異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く