話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく

アナザー

第36話 ダンジョン攻略 2日目開始

ダンジョン2日目、、、

・サリス
「おはよう、ライオットさん。
ゆっくり眠れたかしら?」

今日も朝から通常運転のサリスさん。

・サリス
「今日はここからもっと深くに潜ります。
どんな事があるかしら、貴方といると何が起こるか分からないからドキドキするわ」

昨日は数々の神器ってアイテムが出た。
目的の原初の果実も、、、
次は2つ目の果実を狙いに行くつもりだ。

・セリス
「ライオット、おはよう!
昨日は最高だったな、まだドキドキしてるぜ。
早くこの武器を使ってみたい。
早く行こうぜ。」

セリスがウキウキしている。
無理もないか、、、
神器と呼ばれる武器を手にしたんだ。
試したくなる気持ちはわかる。
俺も、魔法石が無限に入る鞄を貰えたし。
俺にとっては神アイテムだよな〜。

・マルチ
「おはよーライオット。
今日もよろしくねー!」

みんなが起きてきた。
リーシュさんとハリスさんは早くに起きていて既に野営道具などをしまっていた。

・リーシュ
「ライオットさん、おはようございます!」

・ハリス
「おはよう、ライオット君」

みんな朝から元気だな〜。

・ミミ
「ふにゅ〜、、、、
おふぁよほぉ〜、、、zzz」

1人だけ元気じゃない人が居たな、、、
ミミさん大丈夫か?

・サリス
「みんな起きてきたわね。
それじゃ朝のミーティングから始めましょう。
朝ごはんは用意してありますので、食べながらで良いわね。」

・ミミ
「にゅん!
ご飯?
朝ごはん〜♪」

ご飯でしっかり起きました。
ミミさん、可愛いな。
受付やってる時のミミさんからは想像出来ない、
その後、全員で集まり朝食を食べる。

・セリス
「食べながらで良い、聞いてくれ。
既に1つ目の原初の果実は手に入れた。
目指すは後3つだ。
だが、、、
この先、こんなにも幸運な事はまず無いだろう。
気を引き締めてくれ。
昨日取れた装備は各々性能のチェックをして使いこなす様にして欲しい。
宝の持ち腐れにならない様にな。」

・ハリス
「既にチェック済みだ。
軽い傷を自分で付けてみたが、、、
中々の速度で回復出来た。
敵の攻撃を耐えながら回復を待つ事も出来そうだ。
盾役なら何に換えても欲しい物だったよ。」

・リーシュ
「私もチェック済みです。
ライオットさんの鼓動みたいに、直ぐに回復はしませんが、確実にゆっくりと回復していきます。
この先、かなり重宝すると思います。
素敵な装備を譲って下さって、本当にありがとうございます。」

・セリス
「2人とも流石だな。
アタシは今日の進行中に調べたい。
サリス、最初の魔物で試させてくれ。」

・サリス
「了解よ。」

・セリス
「それでは今日のスケジュールだ。
まずは四階まで降りる。
そこから敵が強くなるから進行速度を遅くする。
まずは安全第一だ。
そのまま5階のセーフティーゾーンまで進む。
今日はそこまで進めたら野営する。
陣形は4階に入るまでは昨日と同じ、役割もな。
4階に入ったらサリスから指示がある。
以上だ。
気になる事があったら言ってくれ。」

・マルチ
「みんな、水筒出して、、、
今から入れるから。」

・ハリス
「そう言えば、、、
今日からマルチさんの水になるんだったね。
マルチさんの水はそのまま飲めるから楽なんだ」

・サリス
「昨日まではギルドに残ってた味付け水でしたからね、ハリスさんの驚く顔が楽しみだわ。」

・ハリス
「驚く?
久しぶりに飲むのは確かだが、、、
マルチさんの水は忘れてないさ!」

・サリス
「ふふふふ」

・ハリス
「????」

・セリス
「なあ、ライオット。
そう言えばリーシュも知らないよな?
マルチの水。」

セリスが小声で言ってくる。

・「そう言えばそうだね。
ハリスさんとリーシュさんが知らないね。
教えておく?」

・セリス
「いや、、、、楽しみは取っておこう。
サリスもそのつもりで初日はいつもの水を出したと思うから。」

意外と悪戯好きなんだよな、サリスさん。
そんなギャップが素敵だよな。

・サリス
「じゃあ進みましょう。
ハリスさん、お願いします。」

・ハリス
「OKだ。
じゃあ進もう。」

俺たちは3階セーフティーゾーンを後にする。
進んで行くと程なくして敵の居る部屋に出る。

・サリス
「セリス、任せるわ。
敵はカルラ3体、部屋の中心付近に居るわ。」

・セリス
「待ってました!
さてと、どんな武器か、、、試させてもらう。」

セリスは中位の氷塊で攻撃をする
あれ、、、氷塊が2つ飛んでるぞ?

ドゴーン、、、、

・カルラを倒しました
・カルラを倒しました
・カルラを倒しました
・ボーナスが入ります

あ、、、セリスが固まった、、、
てか、部屋の中心部が攻撃範囲になってますが?

・セリス
「ははっ、、、、、何だこの武器。」

セリスが引いている。

・サリス
「せ、、、説明お願いできるかしら?」

・セリス
「お、、おぅ。
アタシは氷塊を一度しか唱えていない。
だが2発分の魔法が発動した。
魔力は減った感じがしなかった。
多分コレが魔法ダブルの効果だろう。
何より驚いたのは威力だ。
2倍以上の威力になっていた。
、、、、神器の武器か。
これヤバイな。
性能がおかし過ぎる。」

・サリス
「凄いわね、、、神器と呼ばれる武器って。
他に持ってる人とか居るのかしら?」

・ハリス
「色々と国を旅しているが聞いた事はないな。
たまに、激レアな武器と言う奴もいたが、嘘っぱちだったしな。
そう言えば昔、龍鱗の籠手と言う激レアの武器を見た事がある。
使い手が居なかったが、その時の冒険者が息子に渡すんだって言ってたな。
だが、見たところあの武器は未完成だ。
何かが足りない、、、、そんな気がした。」

・ミミ
「籠手!
良いなぁ〜アタシもレアな武器欲しい〜。
ライオット〜、また隠し部屋見付けて!」

・ライオット
「たまたまでしたからね、、、
見付けれたらまた攻略しましょう。」

みんなが俺をみる。
やめて、期待の目で見ないで!
しかし、、、龍鱗の籠手か、、、
龍鱗の籠手ね、、、、
ニュートの武器って、
鱗みたいな籠手だったよな?
今度会ったら聞いてみるか。
それにしても、もしもその籠手をニュートが持っていたとしたら、ハリスさんはニュートのお父さんと会ってるって事だよな?
、、、ハリスさん、何歳なんだろう?
見た目からはもう想像出来ないな。

・サリス
「では、進みましょうか。
セリス、試し撃ちはまだやる?」

・セリス
「後一回やらせてくれ、
ハリスを巻き込まない様に調整出来ないと撃ち込めねえから。」

・ハリス
「俺からも頼む、、、
セリスの氷塊は、もう食らいたくない。」

若干震えているハリスさんが、、、
あれって痛いですもんね。
神器で威力の上がった氷塊食らったら、、
ダメだ、俺まで震えてきた。

・マルチ
「ライオット、大丈夫?
震えてる。」

ハリスさんと目が合った、、、
何故だろう、凄い親近感が湧いた。

・リーシュ
「ライオットさん、具合が悪いならいつでも言ってくださいね。」

・「大丈夫です。
ちょっとした武者震いですよ。」

とりあえず誤魔化しておいた。
その後、セリスの魔法調整が数回行われ、無事に4階に進む事ができた。
セリス、、、とっても楽しそうだったな。

・サリス
「これより4階に入ります。
事前情報では、
サイス  霊体
リビングアーマー  無機質
鬼火   エレメント
この3種類の敵が確認されています。
ダンジョン構造は3階とは同じ、部屋に3体
ここから戦略を変えます。
リビングアーマーはハリスさんとミミで撃破
サイスはセリスがお願い。
鬼火はマルチの水魔法でお願い。
実は、この鬼火が厄介でしてね。
他のダンジョンで遭遇した時は、物理攻撃は効かないし、セリスの氷は効きにくいから、私の風魔法で吹き飛ばした逃げてたのよね。
今回はマルチが居るから。
水魔法で対処してもらって良いかしら?」

・マルチ
「ん!頑張る。
マジックリングも装備したし。
大丈夫。」

・リーシュ
「では、マルチさんの荷物は私が持ちますね。」

・サリス
「そうね、お願いします。
陣形はあまり変わらないけど、
マルチを前にするわ。
先頭はアタシ、ハリスさん
次にマルチ、セリス
リーシュ、ライオットさん
最後にミミでお願い。」

・ミミ
「りょ〜かい!」

そして一行は動き出す。
筈だった、、、、

ハリス
「待ってくれ!」

ハリスさんがみんなを止める。
どうしたんだ?

・ハリス
「マルチさん、一体何をしたんだ?」

・マルチ
「???。
何のこと?」

・ハリス
「水だよ、水。
何だこれは?」

・サリス
「あら〜?
ハリスさん?
マルチの水は覚えてるんじゃなかった?」  

サリスさんがやたらと楽しそうだ。
セリスもニヤニヤしてるな。

・ミミ
「美味しいよね!
無味無臭のお水だよ?
凄いよね〜」

・リーシュ
「無味無臭?
まさか、、、軍で噂になった奇跡の水ですか?」

リーシュさんも水を飲む。

・リーシュ
「凄い、、、美味しい。」

うっとりしている。
マルチのドヤ顔が凄い。

・ハリス
「数々の国を周ったが、マルチさんの水を超えるものは無かった、
完璧な水だと思っていたんだ。
その水をマルチさん自身が超えるとは、、、」

・マルチ
「美味しいでしょ?
ライオットに教わったの。
水筒の水が少なくなったら教えて、、
幾らでも出せるから。」

・ハリス
「このパーティー、凄い幸せだな。
美味い飯に、美味い水、夜には風呂。
魔力は使いたい放題。
もう、他のパーティーには入れないな。」

サリスさんが楽しそうに聴いていた。
何だか幸せそうな顔してるな。
いつもは書類整理ばかりだから楽しいんだろうな。
それから、水を飲んだり補給したりと、少しだけ話してから進み始める。
そして、暫く歩くと部屋がある。

・サリス
「鬼火2、サイス1。
いきなり嫌な敵ね。」

・ライオット
「鬼火の事ですが。
あれ位のサイズなら、サリスさんの『ウィンド・バレット』で消し飛ばせないです?」

・サリス
「、、、それもそうね。
やってみようかしら。」

マルチ、セリス、サリスが前に出る。

・サリス
「一気に行くわよ?
マルチは右側の鬼火をお願い。』

2人が頷く。
そして、、

・『ウィンド・バレット』

・『スプラッシュ・ニードル』

・『フレイム・アロー』

・ハリス
「セリスさん、属性が違いますよー!』

・サイスを倒しました
・鬼火を倒しました
・鬼火を倒しました
・ボーナスが入ります

技名に混じって、ハリスさんの心の声が炸裂してた様な気がする、、、

・ハリス
「セリスさん?
氷属性でしたよね?
今、火属性使ってませんでした?」

・セリス
「ふふふふふ、驚いたか?
アタシも3属性使えるんだぜ?
ライオットに教えてもらったんだ。
お陰で強くなれた。」

セリス渾身のドヤ顔。
リーシュさん、ハリスさん、ミミさんが高速で俺の方を見る。
思わず顔を逸らしてしまった、、、

・ハリス
「ライオット君、、、
今夜のお風呂が楽しみだな。」

・リーシュ
「ライオットさん、、、
お食事の時にでもお話ししませんか?」

・ミミ
「ライオット!
お風呂で色々聞かせてね。
アタシも強くなりたい。」

ぶほっ!
ミミさん、お風呂ってどゆこと?

・セリス
「ミミ、混乱するのはわかるが一緒に風呂は入れないだろう?
まぁ、強くなりたいって気持ちは解るがな。」

・ミミ
「何で?
ライオットとなら一緒にお風呂入れるよ?
一緒に寝ても良いし。
あ、、、ハリスが邪魔だね。
ハリスは後で入って!」

ミミ以外のパーティー全員の時間が停止する。

・マルチ
「私もライオットと入る。
ミミだけ卑怯だよ!」

・ハリス
「ライオット君、、、
俺、泣いて良いかな?」

パーティーが混乱した。
1人を除いて。

・サリス
「ハイハイ、馬鹿な事言ってないの!
まだ4階なんだから進むわよ。
それにミミ、リーシュ、ハリスさん、
強化の話なら帰ってからにしなさい。」

・ミミ、リーシュ、ハリス
「は〜い」

サリスさんのお陰で正気を取り戻した一行は、気を取り直して進んで行く。
完全にミミさんにおちょくられたかな?
中々やるな、一緒にお風呂発言にはやられたぜ。
何だか一本取られた気になる。

・サリス
「リビングアーマー 2  鬼火 1
マルチ、鬼火
ハリスさん、2体引きつけ
ミミ、左
セリス、右
行って!」

・リビングアーマーを倒しました
・リビングアーマーを倒しました
・鬼火を倒しました
・ボーナスが入ります

サリスさんの合図で各々指示された敵を撃破。
数秒で片が付く。
凄まじい連携だ、、、

・サリス
「うん、問題なく行けるわね。
この調子で進みましょう。」

4階に入っても、特に問題なく進む。
そこから6部屋程敵を倒して進み、5階への階段に辿り着いた。

・ハリス
「ふむ、何も問題なく進めたね。」

・セリス
「そうだな、予定より早く進めている。
この調子で行こう。」

一行は5階へと進んで行く。
ダンジョン攻略はまだまだこれからだ。

「異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く