異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく

アナザー

第32話 馬車の旅路

、、、次の日

今日はダンジョンに向かう日となる。
ダンジョン攻略メンバーは、
俺、セリス、マルチ、ミミさん、サリスさん、ハリスさん、そしてリーシュさん。
リーシュさん久しぶりだなぁ〜

・リーシュ
「ライオットさん、お久しぶりです!
今日から一緒ですね、よろしくお願いします。」

・「はい、よろしくお願いします。
俺、ダンジョンに行くの初めてなんです。
楽しみだけど怖くて緊張します。
もしも、俺の行動に変な所があったらすぐに教えて下さいね。
みんなを危険に晒したくないので。」

・リーシュ
「わかりました。
私がライオットさんと、ピッタリくっ付いて指導しますね。」

・「よろしくお願いします。」

・リーシュ
「はい!頂きました。
もう離れません。
ライオットさんの言葉、皆さん聞きましたね?」

ドヤ顔のリーシュさんがそこに居た。
あれ?リーシュさんってこんなキャラだっけ?

・マルチ
「リーシュ、、、残念。
ライオットは私の騎士なの。
だから、ライオットは私から離れない。」

更にドヤ顔のマルチが牽制する。
マルチとリーシュさんの間に火花が見える。
な、仲良くしよう、、、ね?

・ハリス
「ふっ、色男が女性を困らせてるな。
サリスさん、あの男強いのかい?」

・サリス
「そうね、相当強いと思うわ。
私も強くしてもらったし。
レベル自体は低いんだけどね。
知識と戦略が想定外なのよ。
貴方も気を付けるのね。」

・ハリス
「ふふ、今回は味方だろ?
何を気を付ける事があるんだい?」

サリスはライオットを指差している。
ハリスはライオットを見る。

・セリス
「ライオット、、、、その、、、
今日から楽しみだな!
お前はアタシが守ってやるからな。
何でも聞いてくれ。
アタシの側から離れるなよ?」

・「セリス、頼りにしてるよ。
いつもありがとうな。」

顔を赤らめるセリス。
うん、今日も可愛いね。

・ハリス
「なっ、、、、馬鹿な。
あのセリスさんが、、、あり得ない。
セリスさんは俺が幸せにするって決めてるんだ。
サリスさん、どう言う事だ?」

・サリス
「さぁ、、、恋心はわかりません。
セリスはライオットさんに夢中になってるのよ」

・ハリス
「くそ、、、、どうなってるんだ。
しかもアイツ、セリスさんの事呼び捨てで、、
許せん。」

ハリスはセリスの元に歩く。
凄い剣幕で歩いてくるのでセリスが驚く。

・セリス
「?何だハリス。
何かトラブルでもあったか?」

・ハリス
「いや、何もないよ。
それより、セリス。
今日も綺麗だね。」

・セリス
「、、、、、、、あぁ?
セリスだと?
テメェ、今なんつった?
おい、ハリス、、、
調子に乗ると、殺すぞ。」

凄まじいセリスの殺気に、ハリスは固まる。
その殺気に気付いたライオットは、、

・「セリス、何やってるの?
ハリスさんが何かしたの?
仲間なんだから仲良く行こうよ。
俺に出来る事があればするからさ、ね?」

・セリス
「うっ、、、そ、そうだな。
ハリス、すまなかった。」

・ハリス
「い、、いや、こちらこそ。
その、仲良く、、お願いします、セリスさん。」

ハリスさんがトボトボ馬車の方に消えて行った。
大丈夫かな?
俺が追いかけようとすると、

・サリス
「ライオットさん、今貴方が行っても逆効果よ。
私が行くから出発の準備してて。
ふぅ、、、楽しいけど大変そうだわ」

サリスさんがハリスさんを追っていく。
じゃあ、彼の事は任せるか。
俺は出発準備を再開する。
そして準備も整い、出発する頃にはハリスさんも戻って来てくれた。

・セリス
「よし、聞いてくれ。
今回、飲料水は積まなくていい。
マルチが居るからな。
個人持ちの器をだけ持っていけ。
ダンジョンに入ったら器にはいつも満タンに水を入れておく事。
どんな罠でバラバラになるか解らない。
携帯食料も個人持ちだ。
パーティーの野営食は、今回荷物持ちのライオットに任せる。
予定では今日中にダンジョン3階まで潜る。
2日目でダンジョン5階のセーフティーポイント。
3日目から未知の6階にアタックだ。
目的は【原初の果実】を取得する事。
出来れば4個、最低でも1個を目指す。
何か質問は?」

、、、、、

・セリス
「無いな。
よし、では出発!」

そして馬車が動き出す。
馬車には俺とミミさん以外が乗り込む。
ミミさんは馬車の操縦者。
俺はマップを見ながら周辺の監視。
暫くしてふと気が付くと、マルチが俺の服を掴んで一緒に歩いている。
それに気付いたセリスとリーシュさんが降りて来て俺と一緒に歩き出す。
何故に馬車の方が手薄?

・サリス
「ちょっと、セリス、マルチ、リーシュ。
貴方達まで歩いてどうするの!
ゆっくり休まなきゃだめじゃ無い。」

・三人娘
「ぅっ、、、、すみません。」

・サリス
「分かれば良いのよ。
さあ、戻りなさい。」

サリスさんが3人を馬車に戻す。
流石はサリスさん、あの3人を纏めるとは、、、
影のリーダーだな。

・ミミ
「ライオット!
こっちに座りなよ。
座ってた方が監視しやすいんじゃ無い?」

ミミさんが隣の席をバンバン叩いている。
勝手に動くとサリスさんが怖いです。

・サリス
「それもそうね、、、
ライオットさん、馬車に乗って下さい。
少しでも体力を温存したいので。
ミミ、ありがとうね。」

・ミミ
「いえいえ〜!
ライオット、おいで、おいで。」

相変わらず隣をバンバン叩いている。
まあ、サリスさんの許可があるなら良いかな。
俺はミミさんの隣に移動する。

・ミミ
「どうも〜!
ゆっくり話すのは初めてだね。
ダンジョンは楽しみ?」

・「そうですね、
楽しみ半分、怖さ半分って所ですかね。
やはり知らない場所ですし、みんなに迷惑は掛けれないかと、、、。」

・ミミ
「大丈夫だよ!
アタシが居るから、ライオットは守ってあげる。
怖くなったらいつでも側においでよ」

ミミさん、優しいなぁ。
受付業務の時とは別人みたいだけど。
どちらのミミさんも魅力的だよね。

・ミミ
「馬車の操縦してみる?
教えてあげるよ?」 

・「いや、大丈夫ですよ。
やった事ないし。」

・ミミ
「大丈夫だよー、アタシが教えてあげる。
えっとね、この綱をね、、、」

ミミさんに教えられて馬車を動かす。
教え方が上手なのかすぐに操作出来る様になる

・操舵者のスキルを入手
操舵のレベルを解放します。

そしてスキルを覚えてしまった。
、、、、うん、めっちゃラッキー。

・「ミミさん、良かったら俺が操縦してても良いですか?」

・ミミ
「ん?良いよー!
てか、良いの?
疲れたら言うんだよ。」

・「ありがとうございます」

ふふふ、移動中にもスキル上げが出来るとは、、
最高じゃないか!
さあ、上がれ上がれ、、、

・「フフフフ、、、、」

・ミミ
「ら、ライオット、、、ちょっと怖い。
でも、私の為に操縦してくれてるのかな?
レベルが低くても頑張ってくれてるんだね。
ライオット、、、、いいなぁ、、、」

俺はスキル上げに夢中になってしまって、ミミさんがどんな独り言を言ってるのか聞いていない。
悪い癖だ、、、
ミミは、まだ少し戸惑っては居るが確実にライオットに惹かれて行った。
馬車はドンドン進んでいく。

・兵士
「止まれぇ〜ぃ。」

・「なんだ?」

・サリス
「ライオットさん、馬車を止めて。
あと、ミミを起こしといて。」

いつ間にか俺の肩に持たれつつ眠るミミさん。
夢の中でもお肉って言ってたのが可愛いかった。

・マルチ
「あぁ〜!
ミミ、ずるいっ!
起きて。
ミミ、起きて」

・ミミ
「ふぁぃ?
にゃにかな、、、?
寝ちった、、、、はぬっ!」

ミミさんは起きると凄い勢いで俺から離れる。
少し顔が赤くなってるぞ、暑かったからかな?

・ミミ
「ご、ごめんなさい、ライオットさん。
アタシ、寝ちゃってて、、、」

・「大丈夫ですよ〜!
ゆっくり出来たのなら良かった。
サリスさんから起こしてくれって頼まれてたので、起きてくれて助かりました。」

・マルチ
「あれ、、ミミ?
、、、、むむむ、これは、、、。
セリス、リーシュ、、。」

マルチが馬車の中に戻って行った。
なんか3人で話してるけどなんの話だろう?
、、、、めっちゃこっち睨んでない?
み、、見なかった事にしよう、、。

・ミミ
「やだ、、、恥ずかしい、、、。」

ミミさんのキャラが仕事バージョンと重なってて変なキャラになってる。
そっとしておいた方がいいかな、、、

・サリス
「お待たせ、通過して大丈夫よ。
王様直々の書面が来ててくれたわ。
流石よね。
では、ここからはミミが操縦してね。
って、ミミ?
どうかしたの?」

・ミミ
「な、、何でもないよ。
ダンジョンに行けば良いんだよね。
オッケー、任せて。」

俺はミミさんと操縦を変わる。
隣の席に付きステータスの確認をする

レベル17 所持金 16309c
筋力 78 +20(特  +20(加
知力 95 +20(特 +40(加
敏捷性 92 +30(特
・スキル
自動マーカー、マップ、精神自動回復、順応力 
・魔法
癒しの鼓動
風魔法 レベル23
炎魔法 レベル15
水属性 レベル28
・技能
剣術レベル8 補正レベル1  筋力 2 敏捷生 2
杖術レベル1
盾術レベル1
体術レベル19 補正レベル3 筋力 8 俊敏性 12
射撃レベル 9補正レベル1 筋力 2 俊敏性 2
・特殊技能 補正値パッシブ(特
採取レベル12 補正レベル2 筋力 10 知力 10
採掘レベル11 補正レベル2 筋力 10 敏捷性 10
魔装術レベル8 補正値レベル1 知力 10
操舵レベル12 補正レベル2 俊敏性 20
・加工技能 補正値パッシブ(加
裁縫レベル10 補正レベル2 知力 20
鍛治レベル10 補正レベル2 筋力 20
錬金レベル10 補正レベル2 知力 20

あれ、敵を倒してないのにレベルが上がってる。
何故だろう?
新しい経験すると経験値が入る感じ?
よく解らないけど、とりあえず喜んでおこう。
しかし、パッシブは嬉しいねぇ。

・ミミ
「みんな〜着いたよ!」

馬車が止まる。
遂に、ダンジョンに到着だ。
どんな冒険が待っているのかな、、、
楽しみだ〜。

「異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く