話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく

アナザー

第1話 初めまして異世界

・謎の女性
「こんにちは!」

不意に声をかけられた俺は、訳も分からずに呆然としていた。
何故ならば、つい先ほどまで部屋に閉じこもってゲームをしていたからに他ならない。

・謎の女性
「フムフム、ビックリさせてしまいましたか?
申し訳ありません。」

そんな優しい言葉を掛けてくれる。
とても美しい人物。

誰だろう?
未だ混乱している俺に話しかけて来るとても綺麗なお姉さん。

・謎の女性
「突然ですが、魔法とか冒険とかに興味あります?」

俺は唐突に理解した。
綺麗なお姉さんは残念な人だ。

・謎の女性
「違いますよ。」

否定する所がまた怪しい。

・謎の女性
「なら、そうなのかもしれません。」

自分で、理解している分、
残念さが際立つと言うか、

・謎の女性
「もう、どっちなら話を聞いて下さるの?」

あ、怒った顔もすっごい綺麗。
あれ?俺声に出してたっけ?

・謎の女性
「あ、ありがとうございます。
じゃないや、少しお話し聞いて下さるかしら?」

・わかりました。
とりあえず、ゲームのセーブしたいんだけど、どうすれば良いかな?
まあ、暫く放置しても大丈夫な場所だから無理にとは言わないけど。

・謎の女性
「わかりました。では30分後に出直しますね!」

最高に眩しい笑顔を見た直後、暗闇が襲って来た。ふと気付くとコントローラーを握ったまま座椅子にもたれ掛かった状態で目覚めた。

何だったんだろう?夢かな?
とりあえず、めちゃくちゃ綺麗お姉さんだったな。あれが、俺のタイプなんだろうか?
あぁ、あんな彼女が欲しい。

時計を観るともう日付が変わりそうな時間。
俺はゲームをセーブして風呂に入る事にした。

ちなみに、俺の好きなゲームはもっぱらRPGだ。
三度の飯よりレベル上げが好き、進める時はMPを使わなくて良い様にアホほどレベルを上げてから進めるのがオレのスタイルである。

風呂に浸かりながら夢を思い返していた。
綺麗だったな、あのお姉さん。
今夜の夢にも出て来てくれないかな。
そしたら色んなことをして、ぐふふ・・・

・謎の女性
「呼びました?」

・えっ?

振り返ると先程の空間にいる事に気付いた。

・えっ?えっ?

・謎の女性
「混乱してますね。先程、30後に出直しますねとお伝えしたと思うのですが、まさかその様なお姿で待って居て下さるとは。」

・えっ?あっ、ちょっ!

真っ裸で居る事に今気付いた。
ふぉぉ、こっち見ないでください!
服、あれ?服どこ行った?
てか、ここどこ?あれ?ここどこ?
テンパリまくる俺に、優しく微笑んでくれる女神の様なお姉さん。

・謎の女性
「意外と、ちっちゃいのね。
ボソ。」

聞こえてますよ?
完全な涙目でひた隠す俺に、とんでもない言葉を浴びせて来た。
尚も笑顔で見つめて来る女神様。
もう、許して。
俺、この攻めには耐えられないよ。

・謎の女性
「話が進まないのでとりあえず服は着せますね。」

光が俺を包み込む。
すると白いガウンに身を包む俺がそこに居た。
何故にガウン?
まあ、良いか。裸よりは。

・謎の女性
「では、単刀直入に言いますね。
魔法と冒険に興味はありますか?」

うーん、言葉の意味はわかるんだけど。
質問の意図がわからない。
とりあえず、好きなワードだし、答えておくか。

・大好きです。

・謎の女性
「良かった、では始めますね。
詳しく説明は出来くて申し訳ないのですが。
何か要望が有れば聞きますよ。」

話が見えない。
あれか?風呂に入りながら寝たのかな?
やけに鮮明だけど。
日頃から異世界とかの話が好きだからこんな夢でも見てるのかな?
要望か、、、あるには有る。

・えーと、衰えないステータスと長い寿命。
やり込み要素がたんまりあると嬉しいかな。
お金やレベルは自分で稼いだりしたいから、
上限の無いレベル突破機能が欲しい。

・謎の女性
「それだと、
初期値で降り立ちますが宜しいですか?」

まだ要望聞いてくれるのか、やたらと親切だな。
でも、じっくりとやりたいからこれでいいや。
あ、待てよ、魔法とか欲しいな。

・癒し系の魔法があるなら欲しいです。
能力は初期値で大丈夫です。

・謎の女性
「わかりました。
でも、それだけだと何だか申し訳ない様な。
そうだ、良いものを見せて頂いたおまけで精神自動回復つけますね。
暴言を言ってしまったお詫びに、ボソ。」

辞めて、思い出させないで。
心が痛いよ。

引き裂かれる様な心が癒されている感覚に気付く
思わぬ所で精神自動回復の恩恵が・・
もう付いているのか、自動回復。

・謎の女性
「では、楽しい旅を!」

直後、また光に包まれ、眩しくて眼を閉じた。


初期値
筋力5
知力5
俊敏性7
スキル
精神自動回復
魔法
癒しの波動

唐突に頭に流れ込む情報。

ヒットポイントとかの表示は無いんだ。
まあ、そんなゲームもない事はない。
本当に魔法がある。
最初から癒し系なのが地味に嬉しい。
しかし、なんか楽しそうな夢だな。
ふと何処かに降り立った感覚に気付いた俺はそっと眼を開けた。

・街だ。

人の流れも有る。活気もある。
見た事のない種族?な人がいっぱいいる!
ここ、何処だ?
何も説明無しで放置ですか!
戸惑いと混乱の最中、ふと周りを見渡すと。

・城だ、城がある!なんだかファンタジー!

戸惑いがワクワクに変わっていた。

・スキル 順応力を覚えました。

うお、頭に人の声が!!
アナウンス的な無機質な声がスキルの取得を知らせてくれた。
成る程、なんとなく把握。
本当にゲームみたいで楽しいかも。
と言う事は、ひょっとして。

・ステータス!
筋力5
知力6
俊敏性7
スキル
精神自動回復 順応力
魔法
癒しの波動

成る程、
ゲーム画面が映る感じで目の前に表示される訳ね。
俄然楽しくなって来た。
てか地味に知力が1上がってるのは何故?
それよりも、癒しの波動って言う魔法を使ってみたいな。
癒し系の魔法を頼んで正解だった。
良いね!
やっぱ冒険に回復魔法はいるでしょう!

・とりあえず使ってみるか。
『癒しの波動!』

何だか心がホッコリする!
癒された感じだけど?
あれか傷が無いからか?

・よし、

とりあえず壁を殴ってみる。
痛い。
普通に痛い。

・これで、、
『癒しの波動!!』

心がホッコリした!
いや、手が痛いままなんですけど?
スキルの詳細とか見れないのかな?
スキルの詳細、スキルの詳細。
あ、これかな?

スキル  癒しの波動
魔法等ですり減った精神を癒す。

スキル  順応力
現在置かれた環境に適合する能力

・あれか、MP回復みたいなもんか?
手が痛いのですが。
さて、検証が早くも終わってしまった。
何をしろとも言われてないし。
何すりゃ良いのだろう?
とりあえずウロウロしてみるか?
しかし、いきなりの出来事なのに余り驚いてないのは何故だろう?
順応力のおかげか?

街を思いのまま歩き回る事、体感で1時間。
映画で観た様な古代の都市を連想させる建物に、これまた見たことない生き物に引かれる馬車。
何もかも新鮮で心が躍る。
反面、何気に足が痛い。
リアルに結構疲れて来たぞ。

・これ、夢じゃないのか?
どう言う事だ?
異世界物みたいな話だな。
異世界物の話なのか?
目的とか何も聞いてないけど大丈夫なのか?

色々と考えてみたが結局答えは見つからない。

・まあ良いか楽しそうだし。
その内戻れるかもだし。
ここに来てスキルの順応力が効いてる感じだ。

しかし、取ってつけたようなスキルだな。

・綺麗な女神さんが付けてくれたのかな?
だとしたらありがたい。
名前聞いておけば良かった。
ありがとうございます、っと言っておこう。
また暫く歩き回る。
すると、

・お?あの建物、なんだかギルドっぽいよな。
何だか怖いからこっそりと窓から・・・・

覗いてみると受付に何かしらのボードがある。
貼られた物を剥がして受付に行く人等が居る。

・うん、ギルドみたいな所っぽいな。
入っても大丈夫だろう。

俺はギルド?っぽい建物に入って行った。

・ギルドの女性
「こんにちは、初めての方ですね。」
 
建物に入るや否やお姉さんに声を掛けられた。

・こんにちは、よく分かりますね。
初めてなので何もわかりません。
何か仕事をしたいのですが登録とか必要ですか?

・サリス
「オルドラギルド案内人のサリスと申します。
ある程度の方のお顔は把握してますので、初めて見る方には率先して声を掛けさせて頂いております。
初めての方は左側受付へ、ギルド登録者の方は奥のカウンターで手続きが出来ますので、宜しくお願いします。」

・ありがとう、助かります。

親切なサリス嬢に言われた通り、左側の受付に行ってみる。
そこには赤毛ポニーテールの可愛い女の子がいた。

・こんにちは、こちらで受付が出来ると聞いたんだけど、お嬢ちゃん何か知ってるかな?

・ポニテの女の子
「 ・・・あ?
お前今なんつった?」

えっ⁈
ポニテのお嬢ちゃんにガッツリ睨まれる。
何だ、このプレッシャー。

・ポニテの女の子
「おい、お前だよ。
今なんつったって聞いてんだよ。」

・ ・・・ご、ごめんなさい。

咄嗟に出たのは謝罪の言葉と一雫の涙であった。

・サリス
「クスクス
大丈夫ですか?」

サリスさんがやって来てくれてようやく俺は正気に戻れた。
あれ、何だか俺、震えてるよ?
って、サリスさん?笑ってませんか?

・ポニテの女の子
「おい、サリス。
また何も言ってねぇのか?」

・サリス
「何をですか?
可愛いお嬢ちゃんが受付してるけど実は成人した女性だから、決してお嬢ちゃんなんて呼んじゃだめですよって事ですか?
クスクス」

・ポニテの女の子
「ったく、新人来る度にこのやり取りがあるの何とかなんねぇのか?
大体、あたしゃギルド長だぞ?」

ギルド長でございましたか。
とりあえず土下座でもしておいた方が良いか?
土下座しとくか?
涙を拭いた俺はしのごの言わずに土下座をするのであった。

・ポニテの女の子
「とりあえず、奥の部屋に行くからついて来い。」

俺は、はいっと良い返事で返してついて行った。

ギルド長の部屋にて

・ポニテの女の子
「いやー、わり~わり~。
久しぶりの新人みたいだったから、
からかっちまったわ。」

小さい容姿とは裏腹に豪快に笑い飛ばすギルド長。
と言うか何故にギルドの1番偉い方が受付に?

・ポニテの女の子
「お?何でアタシが受付にって顔してんな?
あれだ、、、趣味だ。
人を見るのが好きなんだわ。」

何ともまぁ、豪快な方だ事。

・ポニテの女の子
「で?ギルド自体が、初めてだって?」

・あ、はい、そうなんです。
なので右も左も分からないのです。

・セリス
「そうか、
んじゃとりあえずは名前を教えてくれ。
アタシはギルド長をやらしてもらってるセリスってもんだ。
ちなみにサリスはアタシの姉だ。
血は通って無いが姉妹みたいなもんだね。 
種族が違うから見た目も似てねぇが。
まあ、こんな世の中だから色々あらーな。
年齢は内緒だ、、、
聞いたら殺す。」

何だかこの子、おっかないよ。
ギルド長事セリスが俺に促す。

・えっと俺の名前は、

あれ?
名前は?
俺は、
誰だ?
俺は?名前は?
あれ、何処で生まれたんだっけ?
何でここに居る?何処から来た?

・セリス
「お、おい、どうした?大丈夫か?
スッゲー汗掻いてるぞ。」

何だ?俺は、ダレダ。
ココはドコで、何をすればいい?
俺は、ぼくは?

ドサっ。

・セリス
「おい!おいっ!
誰か来てくれ。」
          

「異世界クロスロード ゆっくり強く、逞しく」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く