居候人は冒険者で店員さん

ルド@

【プロローグ】

この世界の名はスティア。
魔力に満たれた世界である。


その星がエネルギー源となり、酸素のように大気中に振り撒かれる魔力は草を生やし、木を育て、虫や動物などを誕生させ自然界を創り上げたと言われている。


そしてその星で生まれた人間にも魔力は影響を与えた。
文明が進み進化していった人間の体内には、大気中の魔力を貯めることができる魔力核と呼ばれる器が誕生した。


その魔力を宿している人間────人はその者をファーストと呼んでいる。


それによって人間の中にも魔力を扱えれる者が生まれて、やがて魔法の文化が定着していく中、例外も存在していた。


魔力を受け入れる器官が宿していない人間────ゼロと呼ばれている者達だ。


魔法が発達していく中でも、魔力を宿すことができない者。
理由は分からないが、魔力の器を作れる期間は10歳までとなっている。


成長過程で備わる物であるのだが、その為、10歳を超えても魔力を宿すことができない場合はゼロと判断されてしまう。
ただ、そのゼロと呼ばれる人間も実をいうと割と多いので、あまり気にしている者も少ない。
例外で伝統を重んじる貴族や特殊な一族の場合は残酷であった。
子に対して迫害的な暴力は当然あり、酷い場合は魔物の餌にでもと捨てる者までいた。
だがそれは本当に極一部の者達である。大半の魔力のないのゼロの者達は極普通に生活を送っている。


魔力の有る無しでは人は測れない。
戦いの中でもそうであった。




『ゴアアアアアアアッ!!』
「───ぐぁ!?」


と、そんな世界で少年は例外側であるゼロとして生きていた。


「ヴィットくんっ!」
「ヴィットお兄ちゃん!?」


月の照らされた夜、岩ばかりの平地で崖がすぐ側にある中、危なくも魔物のオーガと対峙しているヴィットと呼ばれる少年。
そして近くでは心配そうに見守る2人の少女がいた。


「く、骨が軋むな……」


オーガが持つ岩の棍棒を受けて、血だらけでナイフを握っているヴィットはフラつくも、必死に立ち上がって両手でナイフを構えた。


対するオーガも片方の目がナイフで切られて潰れてしまっていたが、嵐のように棍棒を振り回して迫ってくる。


『ゴアッ!』
「っ……!」


ヴィットも必死に躱して懐に入り込みナイフで足や腹を切るが、ナイフの切れ味が悪いのかオーガの皮膚が硬過ぎるのか、少ししか切れてなく致命傷には程遠かった。


『ゴアアっ!』


疲労の所為でヴィットの動きが鈍っていくが、オーガがまだまだ全開ではない様子であった。少しばかり振り回すスピードを上げただけで、少年の肩に棍棒がかすってしまった。


「がっ……!」


そのただかすっただけでの攻撃でヴィットの体は大きく後方へ飛ばされてしまう。
背後の岩の壁に回転するように激突して苦悶の呻き声を漏らして、口から血を吐いた。
そして俯いて倒れてしまい、意識が朦朧とするが。


「ヴィットくん逃げてっ!」
「───ッ!」


少女の1人が声を上げて呼びかけると同時に、見上げることもせずヴィットは体を横に跳ねるように飛ばした。


『ゴアッ!!』
「ぐっ」


すると彼が倒れていた位置に棍棒が振り下ろされる。地面の岩を砕き飛び散った欠けらがヴィットにかかる。
オーガの追撃を辛うじて躱せれたが、オーガは振り下ろした棍棒を上げて、横に避けたヴィットへと叩き込んだ。不幸にも脇腹に命中してバキバキと肋骨が砕ける音が体に響いた。


「がぁぁぁ……!!」


崩れ落ちるように岩に叩き付けれたヴィット。
叩き付けれた左側を抑えて、吐きそうになるのを堪えるが、オーガは止まらず倒れているヴィットを背中を太い足で蹴り上げてくる。


「がはっ……!  うっ……」


ヴィットの体がまるで石ころのように転がっていく。
そしてどうにか起き上がろうとするヴィットは、朦朧とする意識の中、近付いてくるオーガを睨みつつ側の深い崖をチラ見して、一か八か賭けに出ようとしていた。


(もうこうなったらアレを使うしないが、このオーガに効くか……!?  すべて振り絞っても倒し切れなかったら本当に終わりだぞ……!)


魔力を宿さないヴィットであったが、少しばかり他の者とは変わっていた。
魔力ではないが、彼にはある能力───異能を宿しており、それを経由してまったく別の力を扱えれるようになった。


ヴィットはそれを大昔にあったと言われている────気のエネルギーの“煌気”だと理解するまでかなり時間をかけた。しかし、誰にも扱えないこの忘れられた力と技法だと知った時は、自分だけの力なのだと喜んだほどだ。


だが今はそんな喜んでいた頃と違い、現実を見ていた。
このオーガ相手では本気で力を使うしかないが、力も有限である。出し過ぎればこちらが危うい上、最悪死ぬかもしれないのだ。


ヴィットは覚悟を持って己の力を振るう。


「これで決める!」
『ゴアアアアアアア!!』


ボロボロになっても立ち上がり、オーガを睨むヴィットにオーガは雄叫びを上げて、棍棒を振り上げて迫ってくる。


そんなオーガを捉えてヴィットは身体中の煌気を活性化させる。
燃えるように体から光が溢れ出るとその場で駆け出して、向かってくるオーガに逆に迫って行った。


そして今までに見せたことのない速力で一気に懐に入り込むと、棍棒を振り上げた体勢のオーガに胴に飛び掛かって。


「はああああああああっ!!」
「ああああっ!?」
「お兄ちゃんっ!?」


その背後にある深い崖めがけてオーガをごと飛び込んでみせた。
後ろから2人の少女の悲鳴が聞こえたが、ヴィットは一切構うことなく、闇一色である崖の底へと突き進んだ。


『ゴアっ!?  ゴアアアアアアア!!』
「ぐっ!」


しかし、しがみ付いていたところでオーガが大きい片手でヴィットの体を掴んで、力任せに振りほどいてみせる。
その状態から握力で彼を潰そうとするが、光のオーラを放出している彼の体はいつの間にか頑丈になっており、オーガの握力でも潰せれなかった。


「ま、まだだ……!!」


ヴィットを潰せず戸惑っているオーガに、ヴィットは掴んでいる手首の関節部を狙い、動かせれる膝に光を集めて膝蹴りで食らわせて砕きにいく。


『ッゴ……!?』
「は、なせ……っ!」


手首の関節が壊れたことで力が弱まったオーガから、体を捻り腹に蹴りを入れて脱出したヴィットは、その蹴りで飛ぶことで空中で距離を取っみせると、落下した状態で体を安定させオーガへと狙いを定める。


崖の底まで残り数秒の間であるが、彼とオーガの時間の感覚は遅く感じていた。
蹴った所為もあってオーガよりも先に底へと落ちていく中、コンマ数秒の合間にヴィットは驚くほど冷静に次々と打開策を打っていた。


(ターゲット───“ロックオン”!)


最初の時に能力を使って、この魔物の情報は頭の中に流していた。
脳裏に浮かぶ映像と視線が合わさり、オーガの急所部がハッキリと映っていた。


(こいつの急所は首元と胸元の真ん中!  一点に集中すればいけるはずっ!)




体から漏れ出す光は次第に彼の右腕に集まっていくと、右腕を引っ込めて溜めの体勢に入ったところで、迸る光に危機感を覚えたオーガが落下している体勢で体を捻り逆さにすると、壁を強く蹴って一気にヴィットに向かって降下してきた。


巨体な体は大気の反発も無視してまるでゆっくりと落ちているヴィットに、底を狙った砲丸のように豪速球で降ってきた。


『ゴアアアアアアア!!』


そしてオーガの棍棒の攻撃範囲に入ってしまい、棍棒が振り下ろされようとした時であった。


「とどめだ───」


ヴィットは間近にまで迫っていたオーガに向かって咆哮を上げた。


「はああああああああああっっ!!」
『ゴアアアアアアアアアアッッ!!』


ヴィットはオーガ目掛けて突きの如く、右腕を勢いよく解放させて手から高出力のレーザーのような光線が、オーガの胸元と首元のちょうど中心に向かって放たれる。


(いけっ!!)


この距離と降下している状態なら、上下左右に逃げることもできず直撃は間違いない。
ヴィットはそう確信して渾身の力を込めるが。




オーガは寸前で機転を利かせた。




『ゴアアアアアアアアアアッ!!』
「────っ!!」


振り下ろそうとした棍棒を素早く引いて、ヴィットが放つレーザーに重ねるようにオーガを棍棒を突きの構えに直して打つけてきたのだ。


ヴィットの攻撃でオーガの棍棒は先から砕け出しているが、オーガの急所には届いてなかった。


「こ、この化け物がぁぁ……!!」
『ゴアアアアアアアアアアッ!!』


だがもう退くわけには行かない。まもなく崖の底に激突する寸前であっても彼は逃げようとはしない。
残った煌気をすべて解放させて、ヴィットは棍棒を貫通させてオーガを穿とうとする。


そしてヴィットの攻撃によって少しずつ砕けていく棍棒は、ついに半分まで貫通されてしまいあと少しとなったが、その時にはヴィットとオーガの距離も……。


完全に棍棒が砕け散る。
その時であった。


「くっ!」
『ゴアアアッッ!!』


────お互いの放つ攻撃の距離がゼロとなった瞬間は。


ヴィットが放ち続けた光の光線が、渦となって激しく暴れ出して2人を攻め立てた。


「あああああああああああ!!」
『ゴアアアアアアアアアア!!』


激しい爆発がその中心で巻き起こった。
崖の底スレスレで凄まじい閃光が発生して爆音が響き渡り、その衝撃は上にいた2人の少女にも理解できてしまう。


少女達は崖の上から下に向かって、勢いよく覗き込ませていた。


「ヴィットくんっっ!?」
「お兄ちゃぁぁぁぁんっ!!」


少女達は張り裂けるように悲鳴にも似た呼び声を上げたが、爆音と瓦礫が崩れる音によってかき消され、当然少年の耳に届くことはなかった。




(なんだ……?)


ただ、消えていく意識の中、少年の耳にはまったく別の女性達の声が聞こえた。


【死なないで!!】
【死んではいけません!!】


どちらも聞いたこともない声であったが、ヴィットはそれを認識するよりも先に思考を閉じてしまったのである。





「居候人は冒険者で店員さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く