話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

実況!4割打者の新井さん

わーたん

静岡の旅館にて3

「あんた、泊まるところはあるのかい?」

お腹いっぱいになり、プリンまでごちそうになった俺に、食堂のおば様はそう訊ねた。

「いや、まあ適当に………」

もうちょいで日付が変わる時間だし、最悪、ネットカフェにでも入るよと言いかけたが………。

「ダメだよ。マンガ喫茶とかそういうところに行っちゃ!」

おば様に先を読まれていた。

「この路地を出て、国道沿いを歩いたホームセンターと公園の隣に小さいけど旅館があるから、そこに行きな。うちの姉が女将をやっているから、連絡しておいてあげるよ」

「ありがとうございます」

「いいってことよ」

美味しいご飯を食べさせてもらって、宿まで紹介してくれるなんて、このおば様には頭が上がらないなあ。





え!? たったそれだけでいいんですか!? あんなにマグロとか中トロとか乗っていたのに!

というお会計を済ませ、店の外まで出て手を振るおば様に見送られながら、俺はまた三島の街を歩き出す。

飲み会帰りのサラリーマンが店先で騒いでいるくらいで、比較的静かでよさげな街だ。

そして、食堂のおば様に言われた通り、国道を少し歩いていくと、ホームセンターが見えてきた。

その側には、旅館の屋根や庭の大きな松の木が見える。

オレンジ色に淡く光る入り口に向かって歩く、こんな時間だし、ちゃんと対応されるか不安だなあと思っていると、何か聞こえた。

ブンッ! ブンッ!


「はっ! ………ふっ! ………はっ!」


ブンッ! ブンッ! ブンッ!


旅館の出入り口の明かりの近くで、バットを振る音。


しかも、若い女の子の漏れ出すような声に合わせて、バットが風を切る音が幾度となく聞こえていた。





「こんな時間まで精が出るねえ」

俺がバットを振る主に声を掛けると、その女の子がぎょっとした表情をした。

それも仕方ない。もうすぐ日付が変わろうかという時間に、見知らぬ男に声を掛けられたのだから。

逆の立場だったら、俺だってぎょっとする。

しかし、それ以上にその女の子のスイングフォームが気になって仕方なかったのだ。

「君、そんな振り方じゃダメだ。いくらこんな時間まで練習しようとね。時間のムダってやつさ」


俺がそう言うと、ぎょっとしていた彼女はむっとした表情になった。


「なんですかっ、あなた!一体どういうつもりでそんなことをっ………」

旅館の庭先で声を張り上げた彼女に、俺は人差し指を立てる。

「す、すみませんっ………つい」

彼女は慌てて自分の口をつぐむ。

「でも、その気持ち分かるよ。試合で打てなきゃ悔しいよな。眠れない程によ。野球が好きなら、尚更な」

「どうしてあなたにそんな事を言われなきゃ………」


俺がそう言うと、むっとしていた彼女は、ぐすっとした表情になった。

面白い人を見つけてしまった。

「実況!4割打者の新井さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く