実況!4割打者の新井さん

わーたん

ポニテちゃんの隣がいいです。

「いや、俺もな大卒社会人でプロに入った時はもう26歳だった。将来のことを考えると、正直プロに行くべきか悩んだくらいさ。嫁も子供いたしな。だが、チャンスがある以上、挑戦しなくちゃな。野球人ならよ。お前の気持ちも分かってるつもりだ。テスト入団のお前はもっと苦労してるだろうしな」


飯塚監督は帽子を外して、後ろに流している若干減ってきた髪の毛を触りながら、大好物のブラックコーヒーをカップに注ぐ。

そこに勝手にミルクを入れてやった。


「お前のような男は珍しいよ。いいか悪いかは置いといて、お前は常に前向きな男だな。自分がどんな状況におかれようとも、常にベストの判断を下してプレーする。

今日の走塁だってそうだ。思いつきで出来ることじゃねえ。お前のプレーを見てた連中も何か考えることがあっただろうさ。

お前は、まるでこのコーヒーに注がれたミルクのようだ。たったこんだけの量で真っ黒いコーヒーの色を変えちまうんだから。

東北の遠征でお前が試合後にキレた話を聞いた時も、お前ならやりかねねえなあと、俺はそう思ったよ」





「しかし残念だよ、新井」

「何がです?」

「今日の2軍戦、状態が悪そうじゃなかったから、お前を1軍に上げてくれって話だったんだから」

「ええ!? 本当ですか!」

「本当だよ。お前明日になれば、2軍に落ちて10日になるだろ? 昨日までの連戦終わりに先発投手の千林をもう2軍に落としてるんだよ。今1軍の枠が1つ空いてて、これから西日本リーグとの交流戦だろ? そうすると、西日本リーグの本拠地ではDHも使うわけだから、野手が余分にいるんだよ」

「大丈夫っすよ。明日には普通にプレー出来ますから」

俺がそう言うと、2軍監督は飲み終えたカップで机を叩く。

「バカ野郎! ケガ人を上げるわけにはいかねえだろ。1試合先発で出たくらいで足痛めやがって。早く帰って大人しくしてろ」


結局俺は蹴飛ばされるように監督室から追い出された。

ちきしょう。そういうことなら試合前に言ってくれよ。

あんなに無理な走塁することなかったのに。








「山吹さん、こんばんは」

「こんばんは、新井くん。お疲れ様」

足を軽く引きずりながら家に戻り、シャワーだけ浴びて山吹さんの部屋をピンポンした。

すると、トットット。ドアの向こうから軽めの足音が聞こえ、エプロン姿の山吹さんが顔を出す。

「おっ! いい匂いがするね。………これは麻婆豆腐かな?」

「あたり。上がって」

彼女に招き入れられて、彼女の部屋に足を踏み入れる。


すると…………。


「はろーん。2軍せんしゅー!」


「こんばんは。新井さん」


またギャル美とポニテおっぱいちゃんがいらっしゃった。

テーブルに着いて、今まさにご飯を口に入れようとしている瞬間だった。

「ちょっと、マイちゃん。俺のご飯は?」

「心配しなくても、あんたの分はちゃんとあるってば。ほら、あたしの隣に座んなさい」

ギャル美に蹴り飛ばされるくらいの勢いで椅子に座らせられた。

俺はポニテちゃんの隣がよかったのに。






「チョー、ウケるっしょ? マジでありえないから!」

「そんな言い方しちゃダメだろ。その子だってわざとそうなったわけじゃないんだからさ」

「そうだけど、でもそーはならないでしょ。あたしぱっと見たとき、ほんと信じられなかったんだから!」

仕事場での後輩の失敗をいじってゲラゲラと笑うギャル美。その姿を見て、みのりんはどこか微笑ましく見つめていた。

「ご飯おかわりー!」

と言って、立ち上がった俺は右足首の痛みを忘れていた。

          

コメント

コメントを書く

「現代ドラマ」の人気作品

書籍化作品