話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

実況!4割打者の新井さん

わーたん

新井さん、1軍に上がる1

「どうも皆さま。初昇格のドラフト10位。8月で28歳のオールドルーキーの新井勇人でございます。どうぞお手柔らかに……」

試合開始4時間前。1軍の選手が全員集まったところで、サードを守るキャプテンの阿久津さんの促しで、ロッカールームの真ん中に出て挨拶をした。

挨拶を終えると、パチパチバチと微妙にずれた拍手を受け、またそれぞれ試合前練習の準備を始める。

すると、馴染みのある面々が俺に近寄ってきた。

茶髪のツンツンヘアーのヘラヘラした男とまだ幼さなが残る坊主頭の高卒ルーキー。

「よう。自主トレ以来だな。すっかり1軍に定着しちゃって、打率.181の柴ちゃん」

「なんすか。もうそんなことまで調べてんすか」

「当たり前だろ。俺も1軍に上がったんだからよ。そっちの丸坊主は、既に今シーズン2エラーの浜出くんじゃないの」

「お疲れっす。でも、まだ1エラーですけど」

「あほ。昨日の記録に残らないとしても、チームに迷惑掛けたらエラーも同然だろうが。人工芝だからって簡単に守備しようとするなよ。高校時代を思い出せ、この野郎」

俺はそうアドバイスして、浜出の坊主頭をわしゃわしゃと乱暴に撫でてやった。




うわー、すげー。新築って感じのスタジアムだ。

ロッカールームから廊下を通り、スタンバイエリアを抜けてベンチに入る。その1番後ろの端っこにバットとグラブを置いて、グラウンドに出ると、晴れ渡った青空が広がっていた。

そして空の1番上から下ろうとする太陽が人工芝に跳ね返り、すごく眩しい。

それでも、思っていたよりも柔らかいフカフカの人工芝。広いファールグラウンド。そして、均一に並べられたピンク色の客席が360℃見渡す限りに、グラウンドを囲んでいる。

今は、球団の関係者数名と、清掃のスタッフが何人かいるだけではあるが。

ここにお客さん達がいっぱいになると想像すると、胸がドキドキした。


「よーし、全体練習始めるぞー」

キャプテンの阿久津さんだ。名門は玄海灘福岡のチームで2度日本一を経験したベテラン3塁手。幼少期を過ごした栃木の新球団の主将に名乗り出た選手だ。

彼が声を掛けると、選手達がぞろぞろと集まりだし、なんとなくランニングが始まった。



ランニングをして、ストレッチ、ファールグラウンドでのダッシュを数種類こなす頃には、今日の対戦相手である、東京スカイスターズが3塁側ベンチに現れ始めた。

すると、それに合わせて報道陣も現れ始める。

俺達が練習を始める頃には既に、メディア向けの通路もオープンしてあったはずなのに。報道陣なんて誰1人いなかった。

「おーい、新井さーん! キャッチボールしましょー!」

アップで使用した用具を片付けながら、右手にグラブをはめる柴崎に返事を返す。

「もしかしたら、新井さんも今日スタメンかもしれませんよ」

「……はは。まさかぁ」

「だって、今日の外野手登録は、俺と桃さんと新井さんの3人しかいないんすよ。今日、怪我した飯倉さんと萩原さんが2軍行っちゃったんすから」


「………えっ、マジで?」

「実況!4割打者の新井さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く