愛と呼べるかもしれない境界線の狂気

カムラ(仮村)

あなたみたいに

「あなたみたいに愛せたら良いのに。」
「何を?」
「私を。」
  彼女はこのところ、こうして呟く事が増えた。
  この間も、
「あなたみたいに愛せたら良いのに。」
「何を?」
「世界を。」
 その前は、
「あなたみたいに愛せたら良いのに。」
「何を?」
「季節を。」
 そうやって、何度も彼女は呟いた。
 
 始まりは些細なことだった。僕が好きなロックバンドについて、いつものように我を忘れて熱く語った時、同じように彼女は呟いた。
「あなたみたいに愛せたら良いのに。」
「何を?」
「人を。」

「僕はそんなに君を愛しているかな?」
  まるでこのやり取りに興味があるかのように、僕は彼女に向かって会話を投げ掛けた。しかし、彼女は魂の脱け殻ようにぼうっと何もない壁を見つめながら、何かを考えているようだった。

  そんな日が続いて、僕は彼女と別れた。意外なことに、別れを切り出したのは彼女からだった。その時何故か僕は、彼女はやっと自分と自分を取り巻く世界を、愛せるようになったのだと感じた。

  それから何ヶ月か経って、ふいに僕は思い出す、彼女が何度も呟いた言葉を。
「あなたみたいに愛せたら良いのに。」
「僕はそんなに愛しているかな。」
  そして僕は、彼女も世界も、季節も人も、少しも愛していなかったことに気が付いた。

「愛と呼べるかもしれない境界線の狂気」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く