話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好き同士ってめんどくさい

Joker0808

第54話




「ここか……」

「なんかお屋敷みたいだな」

俺とユートは森の奥の方まで来ていた。
森の奥には、お屋敷があり、なんだか不気味な感じだった。
この中に彩は居るのだろうか?

「とりあえず中に入ってみようか」

「あ、あぁ……」

俺たちは息を殺し、静かに屋敷の中に入る。

「四人……いや五人だな……気配を感じる」

玄関ホールに入り、壁沿いを歩きながらユートはそんな事を呟く。
彩とレイミー以外にも後三人居るということか……。
「妙だな……」

「何が妙なんだ?」

「人数が少なすぎる……もっと警備に人が居ても良いと思ったが……」

「そうなのか?」

俺は敵が四人も居るだけで怖いけどな……だって、普通に考えて俺たちの倍の兵力だよ?
まぁ、兵力って良いのか分からないけど……。

「奥に行こう……彩ちゃんが居るかもしれない」

「あぁ……」

俺たちは静かに奥に進んで行く。
屋敷の中は異様な静けさだった。
細心の注意を払いながら、俺たちは一個一個部屋のドアを開けて彩を探して行く。

「居ないな……」

「そうだね、もう少し奥かもしれない」

「そうだな、早く行こう」

奥に行くにつれて物騒な物が増えていった。
剣に槍、斧に鉈など色々な種類の武器が保管してある部屋に、変な液体が多く保管された部屋など、様々な部屋があった。

「なんだこの部屋?」

「書庫のようだけど……並んであるのは魔術書だね」

「魔法書?」

次に来た部屋は壁一面が本に囲まれた部屋だった。 中は薄暗く、この部屋が一番不気味だった。

「あぁ、その名の通り魔法を封じ込めた書物だよ。読んだだけで魔法を取得出来たり、呪いをかけ方を記したものもあるらしいよ」

「へぇ……そうなのか」

俺はそんな事を呟きながら、近くにあった一冊を手に取ってページを開く。

「あ! 下手に触っちゃダメだよ!!」

「え……うわっ!!」

ページをめくった瞬間、急に本が光出した。

「ま、まぶし!!」

「は、早くページを閉じて!!」

「くっ!」

俺は言われた通り、魔法書のページを閉じる。
ページを閉じた瞬間、本から出ていた光は消えた。

「な、なんだったんだ?」

「あんまり軽率な事をしないでくれ! バレたら大変だ!」

「わ、悪い……気になって」

「まったくもう……」

確かに今のは俺が悪いな……ここは既に敵地、見つかって囲まれたら大変だ。

「ここにも彩は居そうにないな……」

「そうだね、次に行こ……ん?」

ユートは急に言葉を止め、一冊の本に視線を向けていた。

「どうした?」

「これって……もしかして!!」

「あ、馬鹿!!」

「え?」

ユートは急に一冊の本に飛びついた。
しかし、ユートが本を少し動かした瞬間、本が大きな音を出し始めた。

「ば、馬鹿!! 何やってんだ!」

「す、すまない……えっと……どうやったら直るのかな?」

「俺が知るか! 人に偉そうな事言っておいて自分はそれか!!」

音はどんどん大きくなっていく。
このままでは俺たちの存在がバレてしまう。

「もう燃やしちまえ!!」

「ダメだ! この本は持って帰る!」

「アホな事言ってんじゃねー!! ガキか!!」

「違うんだ! この本は……」

「そこで何をしている!」

ユートがそう言いかけた瞬間、部屋の扉が勢いよく開け放たれた。
槍を持った全身緑色の魔物……俺の予想だと……多分ゴブリンだろうな……。

「クソ! 見つかったか!」

「お前がアホなことしてるからだろ!」

「君も同じような事しらだろ!」

「注意した奴が同じ失敗してんじゃねーよ!!」

俺たちが口喧嘩をしていると、槍を持ったゴブリンは、持っていた槍をこちらに向かって投げつけてきた。
「貴様! まさか、英雄……ユート・ディリアスか!!」

「え? 誰?」

「あぁ、僕の本名」

「あぁ、そういうこと……なんか良い難いな……」

「今はそんな事どうでもいいだろ!」




「好き同士ってめんどくさい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く