話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好き同士ってめんどくさい

Joker0808

第49話

「い、いきなり何を……」

「良いから言いなさいよ」

「なんでそんな高圧的なんだよ……」

こいつはもっと可愛らしく質問出来ないのか……。 なんで眉間にシワが寄ってんだよ。
質問に対して顔が怖いんだよ。

「あぁ……そうだな……若干怖いかな……」

「ま・じ・め・に!」

「……はい」

本当に今は恐怖を感じてるんだが……。
俺はそんな事を思いながら、彩から顔を反らし考える。
うーむ……普通に好きだと言えれば良いのだが……ここでそれを言ってしまったら言わされたみたいだし……それになんか負けた気がするし……あいつの勝ち誇った顔とかみたくねーなぁ……。

「あぁ……努力家だと思うぞ……」

「そうじゃなくて! なんか……もっとあるでしょ!」

「もっとって言われてもなぁ……」

完璧に言わせに来てるな……そんなに言わせたいなら、もう自分から言えよ。
はぁ……まぁ、こいつの性格上仕方ないか……素直じゃ無いし。

「なんでそんな事聞くんだよ……」

「そ、それは………聞きたいからよ」

ん? なんだ? 今日はいつもより素直なような……。

「で! どうなのよ!!」

「ど、どうって言われても……」

彩は俺の顔を見ながらそう尋ねてくる。
ここで好きと言ってしまうべきなのだろうか?
いや……だが……うーむ……。
俺が悩んでいると、急に部屋の窓から大きな音が響いた。

「え?」

「な、なんだ!?」

窓の方を見ると、窓が割られていた。
何かが部屋の中に投げ込まれたのか、部屋の中には窓の破片が散らばっていた。
そして窓の外から誰かが部屋に入ってきた。

「やっぱり……見つけたわ!」

「お、お前はレイミー」

窓の外から現れたのはレイミーだった。

「何しに来た! なんでお前がここに!!」

「本当はこんな事したく無かったけど……はっ!」

「うっ!! な、なんだ……体が……動かな……」

「悪いけど貴方は少し大人しくしててね」

レイミーが手をかざした瞬間、俺は体の自由が効かなくなった。
レイミーはそんな俺を放って、アーネの方に近づく。
「欲しいのは貴方なの」

「な、何よあんた……」

「彩!!」

レイミーは彩に近づき、またしても手をかざす。
すると彩は気を失い、その場に倒れた。
レイミーは彩を抱きかかえ、そのまま割れた窓から外に出る。

「待て!!」

「ごめんなさい……待てないわ」

レイミーはそう言うと、彩を連れて窓の外に出て行ってしまった。
俺はその様子をただ見ているしか出来なかった。

「彩ぁぁぁ!!」

体がいまだに動かない。
レイミーは一体何が目的で彩を連れ去ったんだ……だが、今はそんなのどうでも良い!
今は早くレイミーを追わないと!!

「くっそ……なんで動けないんだ!!」

俺はなんとか体を動かそうと手足に力を入れる、しかし体はまったく動かない。

「ユート、彩! どうかしましたか!!」

「アーネ!!」

騒ぎを聞きつけたのか、アーネが慌てて部屋に入ってきた。
俺はアーネに何があったかを説明する。

「なんですって! 彩が連れさらわれたですって!?」

「あぁ、早くあいつを追わないと!」

「そうね……ともかくユートに連絡を!」

「あぁ………だがその前に……これ、なんとかしてくれない?」

「え? あぁ……魔法ね……なんで動かないのかと思ったけど、趣味じゃないのね」

「こんな趣味があってたまるか! 早く動けるようにしてくれ!!」

俺はアーネに掛けられた魔法を解いてもらった。

「くそっ!! なんで彩を!」

「悠人君落ち着いて! さっきユートに連絡したから!」

「これが落ち着いて居られるか! 彩が……俺が居たってのに!!」

くそっ!! 何も出来なかった……俺が居たのに……。
俺は悔しさを噛みしめながら、自分の拳を堅く握る。

「好き同士ってめんどくさい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く