話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好き同士ってめんどくさい

Joker0808

第39話

「はぁ……やはりどこからどう見ても……」

「そ、そうか……」

ジロジロと俺の事を見てくるサーリア。
まぁ、確かに珍しいのは分かるが……。

「あの……ゆ、悠人さんは……あちらの世界では何を? やはり勇者なのですか?」

「あぁ……いや……俺はただの学生だよ」

「学生!? 悠人様は頭がよろしいのですね!」

「い、いや……そんな特別言い訳では……」

まぁ、昔は頑張った時期もあったが、一般人よりも少し出来るくらいだと思う。
特別頭が良いわけでは無い。
ましてや勇者と比べられちゃなぁ……。

「す、すいません! 変な事を聞きました……」

「いや、大丈夫だよ……こっちの世界の俺は……かなり凄い事をしたみたいだし……」

惚れた女の為に世界を救い、英雄とになった今でも世界の為に戦っている。
そんな奴と俺みたいな一般人は比べられない。
この子だってユートを尊敬しているようだ。
ユートに向けていた視線がどこかキラキラしていた。
「い、いえ……あの……そう言う訳ではなくて……すいません……」

「謝る必要ないよ、そりゅあ珍しいよな?」

「は、はい……」

申し訳無さそうに頭を下げるサーリア。
可愛いな……この子も普通に美少女だし、こんな子がメイドって……どんな経緯でこの子はユートの元でメイドをしているのだろうか……。

「君はなんでここで働いてるの?」

「なんでと言われましても……仕事ですし……」

「あぁ、そうだよね……変なこと聞いてごめんね」

「いえ……でも私がこうして働けるのもユート様のおかげなんです」

「え? どうして?」

「はい、私は元々奴隷として売られる予定だったんです」

「え!? 奴隷?」

俺の世界には無い制度だ。
それどころか、世界的にも禁止されている制度であり、俺は衝撃を受ける。

「はい、奴隷として売られるところ、私は旅の途中のユート様に救っていただき、こうして仕事を与えて貰ったのです」

「そう……なんだ」

顔を赤く染めながら話しをするサーリア。
きっとこの子もユートが好きなのだろう、なんだか恋してる感じの目をしている。

「こっちの世界の俺は随分立派だな……」

それに比べて俺は……なんだか全然ダメダメだな……。
俺がそんな事を考えていると、サーリアがとある部屋の前で止まった。

「こちらにユート様がいらっしゃいます」

「ありがと」

「それでは私は仕事に戻らせて貰いますね」

そう言ってサーリアは仕事に戻っていった。
俺は部屋のドアを開けて部屋の中に入っていく。

「ユート」

「ん? やぁ悠人、どうしたんだい?」

「暇なんだよ、何か暇つぶし出来るものないか?」

「暇つぶしか……そう言えば部屋には何も置いてなかったね」

「あぁ、流石に暇だ……ってかお前は何をしてるんだ?」

「ん? あぁ……明日の作戦の確認と準備だよ……剣を研いだり、ポーションを準備したり……」

「ゲームみたいだな……ま、そんな簡単なもんじゃないんだろうけど……」

「あぁ……誰にも傷ついて欲しくないよ……」

ユートはそう言うと、窓の外を眺める。
こいつは色々な功績を挙げてきた英雄だ、なんだが何でも成し遂げてしまいそうな気がする。

「なぁ、あのメイドの子……」

「あぁ、サーリアのこと? 彼女がどうかしたのかい?」

「可愛い子だな」

「そうだろ? 元は奴隷だったんだ……酷い話しだよ」

「知ってるよ、あの子に聞いた、お前が助けたんだろ?」

「まぁね……嫌な制度だよ……奴隷制度なんて……」

「お前……本当に勇者なんだな」

「急にどうしたんだい?」

「いや……」

大きな家や慕われているユートを見て、改めてユートの凄さに気がつく。

「ん? そう言えばお前の嫁は?」

「そんな世界一綺麗な嫁だなんて……まぁ本当の事だけど」

「言ってねーだろ」

まぁ、容姿が彩だからあながち間違えでは無いが…。
「そう言えば居ないな……もしかしたら彩ちゃんに会いに向こうの世界に行ってるのかもね」

「あぁ、そういうことか……」

毎回一緒に行っている訳ではないのか……。
俺はユートか暇つぶしようにこの世界のボードゲームを貸して貰い、部屋に戻っていった。


*


私はアーネと共に大きな城の門の前に来ていた。

「この城の敷地内に私とユートの愛の巣が……」

「あぁもう分かったから……それにしても凄いわねぇ……」

私は目の前の大きな城を見て驚いていた。
お姫様とは聞いていたけど、こんなに大きなお城に住んでいたなんて予想出来なかった。

「それではこちらから」

「あ、うん」

私とアーネは大きな門の脇にある、小さな門から城の敷地内に入っていく。

「お帰りなさいませ! 姫様!」

「ご苦労様です。ユートはもう戻ってこられましたか?」

「はい、先ほど……」

「そうですか、ありがとうございます。それと……」

「はい? なんでしょうか?」

「彩、どうぞこちらへ」

「お、お邪魔します……」

私はアーネに呼ばれ、扉の向こう側に出る。
そこには鎧を纏い、槍を持った兵士が立っていた。
兵士は私の顔を見るなり、驚いて腰を抜かした。

「ひ、姫様まで! ふ、二人!?」

「まで? あ、それよりもこのことは内密にお願いいたします」

「わ、分かっております!! それではどうぞごゆっくりお休みください」

「ありがとうございます」

「そ、それじゃあ……」

私とアーネは城の敷地内に入って行った。
中は城だけでは無く、小さな家もあった。
アーネの話しでは、城の使用人が住んでいるらしい。
「それでここが私とユートの愛の巣です!」

「はいはい」

アーネの言葉に私は呆れながら答え、目の前の大きなお屋敷を見る。

「ここにねぇ……二人で住むには大きくない?」

「お父様がこのくらいの方が良いからと……」

「あぁ……お姫様ともなると、結婚祝いにお屋敷が貰えるのね……」

生まれながらの勝ち組って羨ましいわね……。

「好き同士ってめんどくさい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く