話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好き同士ってめんどくさい

Joker0808

第21話

「……そうだけど……」

「もぉ! いつまそんなウジウジしてるの!」

「だって……悠人が……」

「悪いのは悠人君だけじゃ無いでしょ!! 素直にならない彩も悪いわよ!」

アーネの言う事も一理ある。
私がもっと早くに素直になっていれば、こんな事にはならなかったかもしれない。
でも、なんかそれは負けた気がするから、なんか嫌だった。

「す、素直って言われても……ど、どうするのよ……」

「簡単よ! 大好きって言いながら悠人君の胸に飛び込めば! これですべて解決よ!!」

大好きと言いながら……悠人の胸に飛び込む……。
ま、まぁたしかにそれは悪くないわね……悪くないって言うか……そのまま悠人の事を押し倒すのも有りかも……。

「彩、鼻血出てるわよ?」

「え? あ!」

これは……あれよね……のぼせただけよね……。
べ、別に悠人の事を想像して鼻血とか出してないし!!
私はアーネより先にお風呂から上がり、部屋に戻った。
アーネはもう少しゆっくりとお風呂に入るらしい。
なんでもこっちの世界のお風呂は珍しいらしい。

「はぁ……悠人は……」

私はふと窓の外にある、隣の悠人の部屋を見る。
まだ明かりが付いている。
何してるんだろ? 勉強? 悠人に限ってそれは無いか……。
あーあ……悠人と前みたいに話し出来たらなぁ……。 そんな事を思っていると、ベッドの上の私のスマホが鳴った。

「ん? 誰かな……」

村北さんだろうか?
そんな事を考えながら、私はスマホのロックを解除して確認する。
誰かからメッセージらしい……一体誰だろう?
ぼーっと考えながら、私は差出人を確認する。

「えっと……差出人は……え!?」

私は差出人の名前を見て驚き、思わずスマホを落としそうになってしまった。
差出人は村北さんなどでは無く、以外な人物だった。
「ゆ、悠人から!?」

ヤバイ! なんか緊張してきた!!
私は自分の心臓の音が早くなるのを感じながら、呼吸を整えメッセージを確認する。

【さっきの事で話しがしたい、今から話せないか?】





「こ、これで……いいよな?」

俺はメッセージを送信し終えて、送ったメッセージを確認していた。

「だ、大丈夫だ……へ、変な事は送ってない!」

俺は自分にそう言い聞かせながら、スマホをベッドの上に放り投げて、そのままベッドに寝っ転がる。
もしも断られたらどうしよう……。
そんな事されたら、俺は本格的にショックを受けてしまう。
てか、多分死にたくなると思う……。

「はぁ……やっぱり送らなきゃ良かったかな?」

いや、しかし……何もしないよりはきっと良いはずだ!
今までは何もしなかったから、何も起きなかったが、今は違う!
これからは変えて行くんだ!
諦め掛けていた恋が実るかもしれないんだ!
誤解を解いて彩との仲を元に戻す、これが今の俺の目標だ!

「そうだ、こんな事で嫌われてたまるかよ……」

大体、さっきのアレは誤解なんだ。
話せば彩だってわかってくれる!
俺はそんな事を考えながら、彩からの連絡を待っていた。
すると、少しして俺のスマホの通知音が鳴った。
俺は直ぐさまベッドから飛び上がり、スマホに飛びつく。
俺は直ぐにスマホのロックを解除し、メッセージを確認する。

【話したくない】

「えぇ………」

いや、すんなりいかないとは思ったが……話すのも嫌かよ……。
しかし、こんなところで諦める俺ではない!

【さっきの事を説明したい】

俺は直ぐに彩にメッセージを送る。
彩からも直ぐにメッセージの返信が来た。

【別に説明される理由ないし】

【誤解されたままが嫌なんだ】

【誤解って何が? 私関係ないし】

うっ……なんて返信すれば良いんだ……。
確かに俺たちは付き合っている訳では無いし……彩に関係ないと言えばそれまでだ。
だが、俺は誤解されたままじゃ困るし……あぁぁぁぁ!! なんて返信すれば良いんだ……。
女子とのやりとりってこんなに難しかったっけ?
はぁ……仕方ない、メッセージでだけでも説明を……ん?
俺がそんな事を思っていると、俺が返信をするよりも早く彩からメッセージが来た。

【どうしてもって言うなら、コーラ一本で話し聞いてあげる】

「マジか!」

俺は驚き、思わず声を出してしまった。
なんでいきなりこんな事を言い出したのだろうか?
まぁなんでも良い!
これで彩と話しが出来る!
俺は直ぐに彩に返信をする。

【わかった、今からコンビニで買ってくるから少し待ってて】

【うん】

俺は急いでコーラを買いに近くのコンビニに走った。 早く誤解を解きたい一心で、俺は何も考えずにコーラを買って家に帰って来た。
そして、帰って来て気がつく。
考えてみれば、今から彩と話すのか?
時間は夜の21時、時間も遅いが彩は大丈夫なのだろうか?
てか、どこで話すの?
彩の誤解を解きたい一心で俺は他の事を考え忘れていた。
そんな事を考えていると再び彩からメッセージが届く。

【外出て】

「外?」

俺は彩に言われるままに外に出る。

「好き同士ってめんどくさい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く