今日からフリーになりまして

Joker0808

第43話

「お待たせ」

「そんなに待ってないよ、じゃあはい」

「え?」

清瀬さんはそう言うと、再び俺の手を握ってきた。
俺は再び顔が熱くなるのを感じた。

「あ、あの……清瀬さん?」

「ん? 何?」

「ず、ずっとこれで行くの?」

「ダメ?」

「え……あ、いや……い、良いけど……」

「じゃあ、これが良いな~」

「わ、わかった……」

「ありがと! じゃあ次はどこに行こうか!?」

「そうだなぁ……昼も近いし、ご飯でも食べに行こうか」

俺たちはそんな話しをしながら、映画館を後にした。
食事をする為に俺たちはファミレスに入った。
お昼少し前だったので、すんなり入る事が出来たが、店内は少し混雑していた。

「何食べる?」

「私はパスタかな? 春山君は?」

「う~ん……どうしようかな?」

どうするかな?
好物のハンバーグにするか……それともグリルチキンにするか……。

「そう言えば、ハンバーグ大好きだったよね? やっぱりハンバーグ?

「あぁ、やっぱり美味そう……え? なんで清瀬さんがその事を? 俺話したっけ?」

「あ……いや、なんかそんな気がしたんだぁ~当たった?」

「あ、そうだったんだ」

そんなことを言った清瀬さんだったが、本当にそうだろうか?
清瀬さんなんで俺の好物を?
考えすぎかな?
俺と清瀬さんは注文を済ませ、料理が来るのを待った。

「ねぇ、清瀬さん」

「何?」

「清瀬さんって、休日は何をしてるの?」

「ん? 本読んだり、友達と買い物に言ったり、遊びに行ったりかな? あ、春山君の事も考えてるよ~」

「それ本当かよ?」

「本当だよぉ~、今頃何してるかな? ってねぇ~」

「その頃俺は、多分直晄とゲーセンに行ってるな」

「へぇー良く行くの?」

「まぁね、格ゲーしたり、クレーンゲームしたりしに行くんだ」

「私はあんまり行ったことないんだよね、ゲームセンターって……ねぇ! この後連れてってよ!」

「え? 良いのか? 洋服見に行ったりした方が楽しいんじゃ……」

「春山君と一緒ならどこでも楽しいよ! ねぇ行こうよ!」

「ま、まぁ……清瀬さんが良いなら良いけど」

「やった! じゃあ行こう!」

そんな話しをしている間に、俺と清瀬さんの料理が運ばれてきた。
俺たちはゆっくり昼食を取る。
そう言えば、女子と食事なんてここ最近では久しうぶりだな……。
いつもは直晄と一緒に食事をする事が多かったし……。
やっぱり男と比べて女子は飯を食うのが遅いんだな。
俺は清瀬さんのスピードに合わせて食事を勧める。

「ごちそうさま」

「ふぅー食った食った……」

「うふふ」

「ん? どうかした?」

「ううん、私の食べるスピードに合わせてくれてたんだなって……ありがとう」

「え? あ、あぁ……バレてた?」

「うん……私、春山君のそう言うとこ好きだよ」

「え!?」

笑顔で好きと行ってくる清瀬さんに、俺はまた自分の顔が熱くなるのを感じた。
きっと俺の頬は赤く染まっているのだろう。 清瀬さんは俺の事を良く見てるんだな……。 俺たちは食事を終えて、ファミレスを後にし、近くのゲームセンターに向かった。

「やっぱり混んでるな……」

「へぇ~人がいっぱいだねぇ~」

「さて、何する? メダルゲームなら、簡単に遊べるけど?」

「じゃあ、それやってみようかな」

俺たちはメダルゲームをやることにして、メダルを購入した。
ゲームは二人で座って出来るプッシャー系のゲームにした。

「タイミングを見計らってメダルを落とすんだ、そうすると落ちたメダルが他のメダルを押して、手前のメダルが落ちて来るんだ」

「へぇ~これを繰り返してメダルを増やすの?」

「うん、後はこのポケットにメダルを入れると、液晶の数字が動き始めるんだ、三つの数字が揃うと大当たりで大量のメダルが貰えるっていうゲームだよ」

「へぇ~結構面白いね……あ! 液晶が動き始めたよ!」

「抽選が始まったんだね……お! いきなり大当たりだ!」

「やったぁ! いきなり200枚だって!」

「こりゃ追加の資金投入は無さそうだな、序盤からラッキーだね」

俺たちは話しをしながら、メダルゲームを続ける。

「ねぇ、春山君」

「ん? 何?」

「そろそろ、私の事……名前で読んで欲しいなって」

「え? で、でもそれは……」

「呼び方くらい良いじゃん、ダメかな?」

「いや、そう言う訳じゃないけど……」

「春山君も私のことを彩葉って読んでよ」

「で、でも……いきなりは無理だよ……」

「恥ずかしい? 湊斗君」

「ま、まぁね……慣れるまでは時間が掛かりそうだよ……えっと……い、彩葉……さん」

「さんは要らないよ?」

「う……からかわないでくれ」

「うふふ、冗談だよ」

清瀬さんは俺の方を見て笑みを浮かべながらそう言ってくる。
清瀬さんが楽しそうで何よりだが、女子を名前で呼ぶなんて今までしたことが無い。
ん? てか、彩葉って……なんかどこかで最近聞いたような……何だっけ?
そんなことを俺が考えていると、急にゲームの台から大きな音が鳴り始めた。

「今日からフリーになりまして」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く