今日からフリーになりまして

Joker0808

第21話

「私はこれのピンクゴールドにするわ、私はカメラ意外興味無いし」

「それなら一丸レフ買えよ……」

「高すぎて買えないのよ、馬鹿じゃないの」

「まぁそうか……」

「スマホのカメラだって、そこら辺のカメラに負けて無いのよ、だからカメラの性能が良いスマホを買った方がいいでしょ?」

「まぁ、そんなに何を撮るんだって話しだけど……」

「うっさい」

「いてっ!」

またこいつは俺に暴力を……。
俺は藍原にチョップされたところをさすっていると、目の前の店員さんが俺たちを見てクスクスと笑っていた。

「仲がよろしいんですね?」

「す、すいません……うるさくして……」

「いえいえ、仲が良くて、羨ましいです。彼女さんも可愛いし」

「え! い、いや……こ、こいつは……」

「あ、ありがとうございます」

「え!?」

そう言った藍原を俺は思わず二度見した。
藍原は俺の方を見て目で訴える……話しを合わせろと……。
まぁ、変に説明するよりもここはそう言う設定にしておけってことか……。

「ま、まぁ……そ、そんな感じです」

元ですが……。
なんてことを俺が考えていると、今度はまた別なところから声が聞こえてきた。

「あれ? 君たち!」

「え……あ、貴方は!!」

声の主はなんと、昨日助けてくれたスーツ姿の男性だった。
ネームプレートには高岩と書かれていた、恐らくこの店のスタッフなのだろう。

「昨日はありがとうございました」

「はは、良いんだよ。そうか……君たちはそう言う関係かぁ~」

「あ、ま…まぁ……あはは」

元ですけどね……。
なんて事を考えながら、話しをしていると、男の人は俺に名刺を差し出してきた。

「そう言えば自己紹介をしていなかったね、僕は高岩修司(たかいわ しゅうじ)だ。よろしく」

「あ、どうも……」

俺は名刺を受け取り、名前を確認する。
ん? てかなんか名刺に書いてるな……へぇ……この人この若さでエリアマネージャーか……まぁ、エリアマネージャーって何か知らないけど……。

「そう言えば、犯人捕まったらしいよ」

「え? 早いですね……」

「あぁ、車の車種とナンバーがわかっていたからね、今頃犯人は取り調べの最中じゃないかな?」

それは良かった。
もし捕まってなかったら、藍原がまた危険な目に逢うかもしれないからな……。

「しかし、本当に良かった。君も彼女も大した怪我が無くて」

「いや、高岩さんが居なかったら、俺は多分ボコボコにされてましたし……」

「そんな事は無いさ、ああやって彼女を助けに行ける勇気は中々出ないよ」

「そ、そうでしょうか?」

そんな話しをしていると、高岩さんが他のスタッフの人から呼ばれ、業務に戻っていった。

「あの人……」

「なんだ? どうかしたか?」

「イケメンね……」

「おい」

この面食いが……。
俺はそう思いつつも声には出さず、ため息を吐く。
俺と藍原は機種を決定し、手続きを済ませる。
あとは帰るだけなのだが……。
またしても、高岩さんに呼び止められた。

「春山君、良かったらこれを持って行ってくれ」

「え? 良いんですか?」

そう言って渡されたのは、電気屋の商品券だった。

「この前のイベントのあまりなんだけど、これで彼女とお揃いのスマホケースでも買うと良い。これは昨日頑張った僕からのプレゼントだ」

「い、いや……でも自分はこれを貴方から貰う理由が……」

「良いから良いから、じゃあ僕はまだ仕事があるから」

高岩さんはそう言うと、店の裏に戻っていった。
しかし、正直このプレゼントは嬉しい。
スマホのケースって結構高いしな。

「良いもん貰っちまったな……」

「そうね、どうする?」

「何が?」

「今から買いに行く? その商品券が使える電気屋、帰り道にあるけど?」

「あぁ……じゃあ買いに行くか……ついでだし」

俺たちはスマホのケースを買いに真っ直ぐ電気屋に向かった。

「うわ、スペース広いな……さて、どれにするか……」

「普通ので良いわよ、何か良いのないかしら……」

俺たちは二人でスマホのケースを選んでいた。

「あんた、これ良いんじゃないの?」

「なんだよそのケース……後ろに【漢】って書いてるだけじゃん。もっとマシなのにしてくれよ」

「じゃあこれは?」

「もっと酷いわ! なんだそのケース! 後ろに【働きたくないでござる】って書いてあるじゃん! もっと嫌だわ!」

「あはは、でも面白いじゃん! 買いなよ~」

「おまえ、楽しんでやがるなぁ~。じゃあお前はこれにしろよ!」

「え! 嫌よ! 何これ? なんでウサギの耳が付いてるの?」

「しかもこれ光るんだぞ?」

「何それ!? その機能いる? あはは、おかしい!」

俺たちは二人で騒ぎながら、スマホのケースを選んでいた。
なんか、こいつとこんな風に話すの……久しぶりだな……。

「あ、これ良いな……これにするか……」

「決まったの? 私も決まったわよ」

「じゃあ、レジ行くか。どんなのにしたんだ?」

「後で見せてあげるわよ」

「今日からフリーになりまして」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く