今日からフリーになりまして

Joker0808

第20話

まったく!
別に怖くなんて無かったわよ!
私一人でだってなんとか……出来たわよ。

「なぁ……」

「なによ?」

「なんで俺たちって……なんで仲悪くなったんだけ?」

は?
なんでこいつはこんなそんな事を聞いてくるのよ……。
そんなの……私だって……わからないわよ……。
なんでか知らないけど……いつの間にかお互いに喧嘩が多くなったんじゃない……。

「……知らないわよ……お互いに合わなかったからでしょ?」

「そうか……なんで合わなかったんだろうな……」

なんでそんな事を聞いてくるの?
私はそっちの方が気になるわよ……。
もしかしれこいつ……私と……。
いやいや、ないない!
私と湊斗はもう……。

「……もう……終わったことでしょ?」

「そうだよな……悪い……変な事を聞いた」

「良いわよ、気にしてないわ」

そんな話しをしているうちに、私と湊斗は目的地である私の住んでいるマンションに到着した。

「ん……ここで良いか?」

「うん……ありがと」

「じゃあ、俺はもう帰るな、機種変行かないとだし……」

ここで湊斗とはお別れか……。
なんか、付き合い始めたころ見たいで……少し楽しかったなぁ……。
明日からこいつ……清瀬さんと帰るのかな?

「ん?」

「あ……いや……」

私はそんな事を考えながら、自然と湊斗の制服の袖を掴んでしまった。
私、何やってるの!!
こんなことしたら、何か勘違いされちゃうかもしれないじゃない!!

「なんだ? どうした?」

「あ、あの……私も……行く……」

「え?」





もう訳がわからない。
俺はそんな事を思いながら、一旦家に戻った藍原を待っていた。
機種変に行くと行ったら、なんか藍原も一緒に行くと言い出した。
いや、なんで?
あいつも機種変とかするの?
てか、そんな話し一切してなかったし……。
「わからん……」

俺が藍原の行動に頭を悩ませていると、準備をしてきた藍原がマンションから出てきた。
「お、お待たせ」

「おう……全然良いけど……お前も機種変?」

「ま、まぁ……そんな感じよ……私のスマホもバッテリー持たなくなって来てたし……アンタが行くなら、付いて行った方が安全だし……」

「そ、そうか……じゃあ行くか」

俺と藍原は携帯ショップに向かい始めた。
まさか、携帯ショップに藍原と一緒に行くことになるとは……。
俺がそんな事を考えていると藍原が俺に聞いてきた。

「機種……何にするの?」

「え? うーん……そうだなぁ……ゲームとかも結構するし……無難にMYPhoneかな?」

「アンタスマホゲーム好きだもんね」

「だって、無料でどこでも遊べるんだぜ? 神だろ?」

「はいはい、アンタは暇さえあればずっとスマホ弄ってるタイプだもんね」

「そう言うお前だって、写真撮りまくるじゃねーか!!」

「わ、私は趣味なのよ! 写真を撮る趣味!」

「その度にSNSに上げてる癖に……なんだ? 映えか? なんとか映えってやつか?」

「うるさいわね! このゲーマー!!」

「ぎゃっ!! ケツを蹴るな……」

俺は蹴られたケツを押さえながら、藍原にそう言う。
俺と藍原はスマホの機種が違う。
俺のは全世界で売れている人気機種で、藍原のはカメラ性能が異常なまでに良いスマホだ。
正直、俺は今回も大人気のMYPhoneの新機種にしようと思っているのだが、藍原は何にするのだろうか?

「そう言うお前は今回は何の機種にするんだ?」

「ん……なんか新しいMYPhoneのカメラ性能が凄く良いって聞いたから……私もそれにしようと思ってるわ」

「マジかよ、今のスマホと全然操作とか変わっちまうぞ?」

「大丈夫よ、どうせすぐ覚えられるから」

「本当かよ……」

ショップに到着し、俺たちは整理券を取って呼ばれるのを待った。
平日の夕方と言うこともあってか、すぐに順番が回ってきた。

「いらっしゃいませ~、本日はどのようなご用件でしょうか?」

「あぁ、どっちも機種変なんですけど」

「あ、はい! かしこまりました」

担当のお姉さんにそう言うと、すぐに機種変の準備を進めてくれた。
契約者に必要な書類なんかを渡し、色々説明をされた後、つに機種変する機種を選ぶことになった。

「さて……どうするかな……」

「あんた、さっきMYPhoneにするって行ってたじゃない?」

「あのなぁ、MYPhoneって言っても一種類じゃないんだよ。ProとかSEとか色々あるし、色とか容量も選べるんだよ」

「そうなの?」

「はい、色も現在四種類がありますし、大きさも二種類用意しているんですよ」

「ふーん……ねぇ、アンタどれにするのよ?」

「それを今決めてるんだろ、どうするかなぁ……」

「もう、面倒だから一番性能が良くて容量の大きいこれにしたら?」

「そう言うのは高いんだよ、しかもなんでピンクゴールドなんだよ……」

「可愛いじゃん」

「俺は男だぞ!」

「男の子も最近はピンクの服とか着るじゃない? アンタは多分絶対似合わないけど」

「うるせぇ! 大体、お前は決まったのかよ!!」

「今日からフリーになりまして」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く