今日からフリーになりまして

Joker0808

第14話

「べ、別に……そんなんじゃ……ねぇよ……」

「へぇ~あっそ」

藍原はそう言うと、機嫌悪そうにして靴を履き、外に出て行った。

「お幸せに」

帰り際に藍原は俺にそう言い残して去って行った。

「相変わらずだな……あいつ……」

まぁ、完璧に俺の事なんてどうでも良くなってんだろうな……。
でも……そんな事を思ってるやつが、あんな事を言って告白を断る物だろうか……。

「俺も帰るか……」

俺は藍原が出て行った少し後で昇降口を後にした。
藍原と俺の家の方向は一緒だ。
少し時間を空けてから帰らないと、遭遇して面倒な事になる。
俺は出来るだけゆっくりした足取りで自宅に向かって歩いていた。

「そもそも……なんで俺と藍原って仲悪くなったんだっけなぁ……」

そもそも昔は仲が良かったのだ。
中学三年の頃だったと思う、何が切っ掛けだったかは良く覚えていないが、今とは全然違う関係だった事を覚えている。

「ん? あ……やばっ……」

俺がそんな事を考えながら歩いていると、前方に藍原らしき人物が歩いているのを見つけてしまった。
はぁ……なんで今日はこんなにあいつと遭遇するのかなぁ……。
俺はそんな事を考えながら、立ち止まってコンビニを探す。
藍原が見えなくなるまで、時間潰しをしようと思ったのだが、コンビニどころか公園も無い。
さて……どうするかな……。
俺がそんな事を考えていると、黒いワンボックスカーが俺の脇を通った。
なぜかわからないが、そのワンボックスカーは窓のところにカーテンが付いていて、中が一切見えないようになっていた。

「なんだ……あの車……」

俺は何となく不信に思った。
窓をカーテンで隠していることもそうだが、速度も凄く遅い。
何かを探しているのだろうか?
俺がそんな事を考えていると、前方の藍原が曲がり角を曲がった。
それに続いてワンボックスカーも右に曲がった。
俺は何か嫌な予感がした。
俺は藍原の事が心配になり、走って藍原が曲がった角に向かった。
そこで俺は見てしまった。
藍原が男数人にあの黒いワンボックスカーに連れ込まれようとしているところを……。

「藍原!!」

俺は咄嗟に持っていた鞄を投げ捨て男達に向かって行く。

「おい! そいつを離せ!!」

「な、なんだこいつ!」

「ちっ! 誰か居たのか! さっさと女を乗せろ!」

もちろん、大の大人三人に俺が勝てる訳も無く、俺は藍原の腕を掴んで藍原だけでも逃がそうと必死に藻掻いた。

「こいつ! いい加減にしろ!!」

「ぐっ!」

「湊斗!!」

俺は一人の男から角材のような物で頭を殴られフラつく。
しかし、俺はなんとか立ち上がり、体勢を戻して藍原の手を掴む。

「はぁ……はぁ……イッテェなぁ……」

「このガキ!!」

俺が藍原の腕を掴んだ瞬間、またしても男が角材を俺の方に振り上げてきた。
ヤバイ、やられる!
そう思った瞬間、大きな声と共に男の手が止まった。

「何をやってる!!」

「ヤバイ! 逃げるぞ!!」

「お、女は?」

「置いていけ! さっさと逃げるぞ!!」

誰か別な人が騒ぎを聞きつけてきてくれたようだ。
よかった……正直俺だけじゃあ藍原を逃がす事も出来なかったかもしれない。
男達はワンボックスカーに乗り込み、すぐに逃げていった。
俺はその瞬間にやってきた安心感で腰を抜かし、その場に座り込んだ。

「湊斗! 大丈夫?」

「君! 大丈夫か!? 頭から血が出てるぞ!」

「あ……多分大丈夫だと……」

通りかかったスーツの男性が俺を心配して駆け寄ってきた。
俺はその後、その人に病院に連れて行かれた。
男の人は犯人の車のナンバーを覚えていたらしく、すぐに警察に連絡してくれた。

「うん、額が割れて血が出ただけだね、骨に問題は無いし大丈夫だよ」

「はい、ありがとうございます……」

「あ、遅れて症状が出る場合もあるから、何かあったらすぐに病院に来るんだよ」

「はい」

「それじゃあ、お大事に」

「分かりました」

俺は頭に包帯を巻いてもらい、病院まで母さんに迎えに来て貰った。

「アンタ大丈夫!? どうしたのよ!」

「いや……ちょっと……」

母さんは俺を見つけると、血相変えて俺に近寄ってきた。

「息子さん、女の子を助けたんですよ。勇気がある立派な息子さんですね」

一緒にいたスーツの男の人が、ざっくりと何が合ったかを母さんに説明してくれた。
母さんはそれを聞いてなんだか複雑そうな顔をしていた。

「あの……藍原……あの女の子は?」

「あぁ、彼女の両親に連絡して迎えに来て貰ったよ。怖い思いをしただろうし、早く両親に迎えに来て貰った方が良いと思ってね」

「あ、そうですか」

「心配しなくても、彼女ほぼ無傷だよ。あぁ、それとこれ君の鞄だろ?」

「あ、すいません」

スーツの男の人は俺が投げ捨てた鞄を拾ってくれていたらしく、俺に鞄を返してくれた。
「君も今日は帰って休むと良い、頑張ったね」

「あぁ……まぁ……」

「警察には僕の方から通報して置いたから、後は僕に任せてくれ」

「はい、お願いします」

俺は男の人にお礼を言って、母さんと一緒に自宅に帰った。

「今日からフリーになりまして」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く