今日からフリーになりまして

Joker0808

第10話

ベッドに寝っ転がりながら、俺はスマホでゲームをしていた。
そう言えば今日のログインボーナスを貰っていなかった。
ゲームのアイコンを押して、俺がゲームを始めようとすると、突然画面が切り替わった。 直晄からの電話だ、一体何の用だろうか?

「はい、もしもし?」

『あぁ、湊斗? 今家?』

「そうだけど、どうかしたのか?」

『いや……明日は学校に来たら気を付けた方が良いって知らせておこうと思って……』

「あぁ……クラスの男子達か? 結構目立ってたからなぁ……」

きっと直晄は、今日の教室での出来事を見て、心配して俺に電話掛けてきてくれたのだろう。
なんだかんだ言っても心配してくれてるんだなぁ……持つべきものは友達だなぁ…。

「心配して電話してくれたのか? 悪いななんか」

『いや……止められなかった僕にも責任があると思って……』

「は? お前何言ってるんだ?」

『なんでも無いよ……そ、そんな事より、今日はあの後どうだったの?』

「あぁ、清瀬さんと買い物行ったりしてきた。結構楽しかったてのが本音だな」

『そ、そっか……それは良かったね』

「あ、あぁ。どうした? お前なんかおかしくないか?」

いつもならため息の一つでもつき、文句を言うはずの直晄が今回は何故か素直だった。

『そ、そうか? 別にいつも通りだと思うぞ? じゃあ、俺これから飯だから』

「あ、おい! 切りやがった……なんだったんだ?」

なんで電話を掛けてきたのか、内容はよくわからなかったが、ようは明日は学校に来る時は気を付けろってことだろうな……。

「ふあ~あ……さて、ゲームの続きでも……」

そんな事を俺が思っていると、再び電話が掛かってきた。
今回の相手は……清瀬さん!?
俺は少し驚きながら電話に出る。

「も、もしもし?」

『あ、もしもし? 春山君?』

「そ、そうだけど……どうかしたの?」

『ん~、何か無いと電話しちゃだめ?』

「い、いや。そう言う訳じゃないけど……」

『何となく電話したいなーって思って……迷惑だった?』

「いや、全然暇だし大丈夫だよ!」

まさか清瀬さんからこんな形で電話を貰うなんて……。
直接話すのとは違う緊張感を俺は感じながら、清瀬さんと電話をしていた。
内容はただの雑談だった。
好きな食べ物とか、趣味とか、好きな芸能時間とか、基本的には清瀬さんが俺に色々と質問してくる感じだったが……。

『あ、もう一時間も話しちゃってた! ごめんね! 時間大丈夫?』

「あぁ、大丈夫だよ」

『本当にごめんね、じゃあまた明日学校で!』

「う、うん」

そう言って清瀬さんは電話を切った。
正直なところもう少し話しをしていたかったな……。

「楽しそうだったわね……」

「うぉっ! か、母さん!? 何勝手に聞いてるんだよ!!」

急にドアの方から声がして見てみると、ドアの隙間から母さんが俺の部屋を覗いていた。 一体いつからそこに居たんだか……。

「な、なに聞き耳立ててんだよ!!」

「ご飯出来たから呼びにきたのよ……さっさときなさい」

母さんはそう言って部屋から出て行った。
電話に夢中になりすぎて気がつかなかった……。
俺は部屋を出てリビングに向かった。





翌日。
俺は朝からクラスメイトから注目されていた。
それが賞賛や尊敬の眼差しだったら、良かったのだが、残念ながらそうじゃない。
むしろ逆だった。

「聞いた? 春山君って……」

「えぇ~なにそれ~変態性癖ぃ~」

女子は昨日バレた俺の性癖についてこそこそ話していた。
てか、別に変態性癖では無いだろ……。

「おいおい、聞いたか? 春山って……」

「え~なにそれ~ぶっころぉ~」

男子は昨日の清瀬さんの俺に対する発言について話していた。
何が『ぶっころぉ~』だよ……。

「噂になってるね……」

「あぁ、そうみたいだな」

「と、ところで湊斗……」

「ん? なんだ?」

「今日……藍原さんと会ったか?」

「いや? 今日はまだ会ってない……てか、会いたくも無いけどな……」

「そ、そうか……それなら良いんだ……」

「何かあったのか?」

「い、いや! な、何も無い……とは言わない……」

「あぁ、やっぱり昨日あの後色々あったのか? 藍原もかなり怒ってたしな……なんでか知らんが」

「そ、そうだね……」

まぁ、別れたばっかりの奴にすぐに恋人ができそうになれば、腹も立つか……。

「はぁ~あ! でも昨日は楽しかったなぁ~。なんて言うか、清瀬さんって話しも上手いし、聞き上手だし……一緒に居て楽しいんだよなぁ~」

「そうだろうね……」

「ん? なんでお前が知ってるんだ?」

「あ、いや……そ、それよりも! 結局どうするの? 清瀬さんと付き合うの?」

「あぁ、まずは友達からって事になってるから……そこは順序通りってか、お互いをちゃんと知ってからっていうか……かな?」

「そ、そっか……じゃあ、まだ付き合うとかは無いんだ……」

「あぁ。それがどうかしたか?」

「い、いや……何でもないよ」

「お前、なんかさっきからソワソワして変だぞ? 何かあったのか?」

「何でもないよ!! 君は良いから、今日一日藍原さんから逃げるんだ!!」

「絶対何かあったろ」

必死にそう言ってくる直晄に俺はそう言う。

「今日からフリーになりまして」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く