今日からフリーになりまして

Joker0808

第6話

「ねぇ、清瀬さん」

「はい? 何かしら?」

藍原は不自然な笑顔で清瀬さんに話し掛ける。
なんだ?
急にこいつは何しにきたんだ?
直晄も不穏な空気を感じたのか、二人の側から一歩下がる。

「お、おい……やばくないか?」

「な、何がだよ……てか藍原は何をしに来たんだ?」

「多分……これが噂の修羅場だ……」

修羅場……あの噂に聞く奴か……。
いや、待て。
そもそも俺はもう藍原とは別れてる訳だし、藍原が怒る理由なんてどこにも無いと思うんだが……。
俺がそんな事を考えていると、藍原が清瀬さんに話し始めた。

「こいつの事どう思ってるのかわからないけど、やめた方が良いわよ。ただのドスケベの変態だから」

「おい! お前いきなり何を言ってんだよ!!」

「別に、私は本当の事を言ってるだけよ!」

「別に俺は変態じゃねぇ!!」

「デート中に他の女を視姦する奴なんて変態よ!」

「してねぇよ!! お前まだあの時の事を根に持ってるのかよ!」

「別にそうじゃないわよ! 私はただ本当の事を言ってるだけでしょ!」

「言う必要無いだろ!」

「有るの!!」

なんだこいつのメチャクチャな理論……。
こいつのこう言うところが嫌で別れたんだよなぁ………本当に別れて良かった。

「ねぇねぇ、ちょっと良いかな?」

俺と藍原が話しをしていると、清瀬さんが割って入ってきた。

「何かしら?」

「藍原さん……だよね? 確かもう春山君と別れたんだよね? なんでそんな事言うの?」

「ただの忠告よ、こいつが最低な男だって言う」

こいつ……どこまで俺の邪魔をするんだよ……。
俺がそんな事を思っていると、清瀬さんは笑顔で藍原に言い始めた。

「うん、それは私が判断するから大丈夫かな? じゃあ私からも聞いて良い?」

「なによ」

「もう藍原さんは春山君の彼女じゃないんだよね? じゃあ春山君が誰と仲良くしてもいいんんだよね?」

「そ、それは……そうだけど……」

「そっか、ありがとうハッキリした。じゃあ私が春山君のこと貰っても問題ないよね?」

「は?」

清瀬さんのその発言に、俺を含めたその場の全員が驚いていた。
清瀬さんはこの大勢の人が居る前で俺の事が好きだと宣言しているのと同じ事を言った。 俺は自分の頬が熱くなるのを感じた。
藍原は目をキッと鋭くしながら、清瀬さんに尋ねる。

「こいつを騙して財布にでもしようとしてるなら、やめた方が良いわよ?」

「そんな事しないよ。私は純粋に春山君が好きだから」

彼女がそうハッキリと口にした瞬間、藍原は大きく目を見開いた。
そして清瀬さんは俺の方を見ると、俺に向かって話し始めた。

「と言うわけで、今日は一緒に帰らない?」

「え……あ……い、良いけど……」

俺は直晄との約束を忘れて思わずそうおってしまった。
まぁ、直晄も開いた口が塞がらない感じだし、多分大丈夫だろうけど……。

「じゃあ、帰ろっか」

清瀬さんはそう言って、俺の手を握ると教室の外に俺を連れ出した。

「いやぁ~、少し強引だったかな?」

「え……ま、まぁ確かに……清瀬さんって結構大胆なんだね……」

「そうかな? まぁでもこれで色々ハッキリしたし、安心安心」

「な、何が?」

「ん? これで私が安心して春山君を狙えるって話し」

「そ、そうなんだ……」

照れる様子も無くそう言う清瀬さんに俺は照れていた。
なんでこの人はこんなペラペラ恥ずかしいい事を話せるんだよ……。

「さて、どこに行こうか?」

「え? 帰るんじゃ……」

「寄り道して行こうよ、私もう少し春山君と一緒に居たいな……」

そんな可愛らしい事を言う彼女。
俺はそんな彼女を見て、なぜだかわからないが、付き合った当初の藍原を思い出した。
そう言えば……藍原とも放課後は良く寄り道したっけなぁ……。

「……じゃあ、どこか行こうか」

「うん」

なんでだろう……こんなに可愛い子と一緒にいるのに……藍原と清瀬さんが度々重なる。……。





「なんなのよ! あの女!!」

「ぼ、僕に言われてもわからないよ!!」

僕、栗原直晄は藍原さんに尋問されていた。 理由は先程の清瀬さんの言動だろう。
てか、そんなの僕が聞きたいんだけど……。 湊斗は清瀬さんとどっか行っちゃうし。
はぁ……なんで僕がこんな目に……。

「き、気になるなら湊斗に聞いてみれば良いじゃ無いか」

「そ、それは……私が振ったのにそんな事聞いたらおかしいじゃない……」

面倒くさい……。
僕は正直そう思ってしまった。
そんな事を僕が思っていると、白戸さんが藍原さんを止めに来てくれた。

「もう、由羽……ヤキモチ焼いてるなら、さっさとよりを戻したら良いじゃ無い……」

「ヤキモチなんて焼いてないわよ!! なんかムカつくのよ! あいつが幸せになろうとしてるのが!」

「ただの僻み(ひがみ)じゃないか……」

「うるさいわね!!」

はぁ……結局まだ好きなんじゃ無いか……なんで別れたんだか……。

「てか、なんなのよあの女は! 湊斗にあんな女友達居たの!? いつからよ!!」

またしても僕に聞いてくる藍原さん。
いや、それは僕も聞きたいんだけど……。

「今日からフリーになりまして」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く