隣の部屋の裸族さん

Joker0808

第45話

「えっと、じゃあ私から自己紹介しまーす! 私の名前は愛崎七菜香(あいさき ななか)です! 趣味は写真を撮ることで、得意なことは懸垂です!」

気が付くと俺の班は俺以外が女子になってしまった。
なんだか居づらい空気になってしまったが、さっきよりはマシか……。
俺がそんな事を考えながら愛崎の自己紹介を聞いていると、愛崎は俺のを方に目を向けて話てきた。

「そういえば、この班は噂の二人が居る班よね!」

「噂の二人? それってもしかして……俺と八島のことか?」

「うん、昨日の事とかあるし、結構噂になってるわよ?」

「まぁ……何となくそんな気配はしていたが……」

はぁ……クラスの奴らは俺が八島と付き合っていると思っているのか……。
実際は高石と一応付き合っているんだが……。

「で、実際どうなの?」

「そんな訳ないだろ、ただの噂だ」

「えぇ~本当にぃ~」

面倒くせぇなこいつ……まぁ、女子ってこういう話好きだもんな。
俺がそんな事を思っていると、俺の隣に座っていた高石が俺の代わりに口を開いた。

「七菜香、なんか本当に違うみたいよ」

「え? そうなの?」

なんで本人である俺の話を疑っておいて、高石の言葉は直ぐに信じるんだよ。
てか、高石大丈夫だよな?
別に変な事とか言わないよな?
俺の心配とは裏腹に高石の対応は至って普通だった。

「うん、同じ班だけどそんな感じないし、多分本当にただの噂よ」

「えぇ~なんかがっかり……」

「勝手にがっかりしてんじゃねーよ」

高石の説明もあり、愛崎の誤解は解けつつあった。
こればっかりは高石に感謝しなくてはいけない。

「な~んだ、つまんな~い」

「うふふ、でも木川君……他の人と付き合ってるみたいよ」

「え?」

「えぇ!? それってホント!」

高石の奴!
まさかここで、俺と現状付き合っている事を公表するつもりじゃないだろうな!?
俺がそんな事を考えながら焦っていると、高石は話を続ける。

「うん、でも誰かは知らないけど……」

「誰!?」

「言わねーよ」

「えぇ~面白そうなのに~」

「俺をネタに笑うな」

本当に高石は何を考えているのだろうか……あんな事を言ったから焦ったが、別に俺と関係を公表するわけでもなかったし……。
俺がそんな事を考えながら、高石の顔を見ると高石と目が合った。
高石は俺の顔を見ると、にこりと微笑む。
笑っているのにこんなに女性に恐怖を感じるとは……。
その後も自己紹介は続いた。
同じクラスで回した後は、今度はクラスを混ぜての自己紹介が始まった。

「やぁ! 絢葉ちゃん! 木川君! 私が来たよ!!」

「帰れ」

「ん………あ、そう……」

「二人とも酷い!!」

今度やって来たのは上屋敷だった。
上屋敷はいつもの調子で俺の班にやってくると、一緒にきた女子と一緒に自己紹介を始めた。

「上屋敷佐恵でーす! 趣味は遊ぶこと! 特技はカラオケ! みんなよろしくね!」

元気よく挨拶をする上屋敷。
こいつは能天気で良いなぁ……悩みとかなさそうだし。

「はいはい、わかったからもう帰れ」

「酷い!! 私達親友じゃない!!」

「お前と親友になった覚えはない」

「フン! あんまり佐恵ちゃんの事をいじめてると、佐恵ちゃんもうかまってあげないんだから!」

「じゃあ、その方向でお願いします。面倒なので……」

「酷い!! 絢葉ちゃんはそんな事言わないもんねー」

「……え? ごめん……聞いてなかった」

「聞いてすらもらえないの!?」

やれやれ、まったくもって騒がしいやつだ……。
俺がそんな事を思っていると、上屋敷は俺の顔をジーっと凝視し始めた。

「ん? お、おい……なんだよ」

「あぁ、ごめん……あのさ、木川君……なんか疲れてる?」

「え? いや別に……」

先ほどまでのテンションとは違い、真面目なトーンの上屋敷に俺は少し驚いた。

「隣の部屋の裸族さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く