隣の部屋の裸族さん

Joker0808

第6話

そんな事を話していると先生が教室にやってきて、朝のホームルームが始まった。

「はーい席つきなさーい!」

みんな先生の言葉に従って席に着く。
そう言えば、八島は来たのだろうか?
俺はふと八島の席に目をやった、しかし席に八島の姿は無かった。
あいつどうしたんだ?
もしかして今日は休みか?
なんて事を俺が思っていると、教室のドアががらりと開いた。

「あら、八島さん。遅刻ギリギリよ」

「……すいません」

「まぁ、いいわ。次から気を付けてね」

「……はい」

八島はそう言って、自分の席に着いた。
どうやら寝坊したようだ。
まぁ、随分自堕落な生活をしてるみたいだし、不思議じゃないか……。

「えっと、今日は今から席決めとクラス委員長を決めたいと思います」

先生の言葉に、教室の生徒はざわつく。
席替えか……確かに今は出席番号順で俺の席は一番前だ。
出来れば窓際の一番後ろの席が良いのだが……。

「はい、ここに昨日先生が徹夜で作ってきたクジがあります! これを引いて出た番号の席に移って下さいね!」

そんな先生の話しを聞いたクラスの皆が、こんどは別な意味でざわつき始めた。

「きっと、彼氏に振られて暇なんだな」

「おい、あんまり言うな気の毒だ!」

「あの歳で彼氏無しって……もう売れ残り?」

おい、もうやめてやれよ……。
先生涙目になってんじゃん、聞こえてるから、割とハッキリ聞こえてるから!
先生がショックを受けている間に、席替えがスタートした。

「よし! 窓際!」

「いいなぁー交換してくれよ」

どんどん窓際の席は埋まっていくな……。
まぁ、でも窓際の一番後ろの席はまだ無事だからよしとしよう。
俺がそんな事を考えていると、次は強の番だった。

「よし、後ろの席来い!! ……あぁ!! 一番前かよ……」

「邪念が有るからよ、今度は私ね……イイ男の隣が良いわねぇ~」

俺たち以外の男子の間に寒気が走ったのは、言うまでも無い。
俺たちは慣れてしまったが、慣れて居ないやつは早乙女の隣は嫌だろうな……。

「あら、廊下側の一番後ろだわ~」

「何!? 交換してくれよ!」

「嫌よ、だって……隣がサッカー部の森山君だし……」

「え!? お、俺?」

「森山君……これから仲良くしましょうねぇ……ジュルリ」

「あ、あぁ……よ、よろしく……」

そう言いながら森山君は早乙女から距離を置いていた。
他の男子生徒はホッと一安心したようすだった。
そして、次は俺の番だ。
出来れば、後ろの席で隣人は普通の奴が良いのだが……。

「よし、これだ!」

俺はクジを一つ箱から取り出し、番号を確認する。
番号は28番。
俺は黒板の書かれた席の位置を確認する。

「おっしゃ! 窓際の一番後ろ!!」

「は!? お前も後ろかよ!!」

「あら、皆バラバラね」

「くそ! なんで早乙女と琉唯は後ろなんだよ! ズリーよ!」

「ま、日頃の行いだな」

やったぜ!
今日はついている!
おっと、そう言えば隣は誰だろうか?
もうクジも残り少ないし、俺の隣の席も埋まって居たはずだが……。
俺はそんな事を考えながら、黒板に書かれた俺の席の隣の席に書かれた名前を確認する。
「マジかよ……」

そこにはしっかりと『八島』と書かれていた。
アパートでも隣でまさか席も隣になるなんて……どんな偶然だよ……。
全員の席が決まり、席の移動が始まった。

「よっ」

「……」

俺は隣に座る八島に声を掛ける。
しかし、八島は無表情でこちらをちらりと見ただけだった。

「まさか、学校でも隣とはな……」

「ん……」

相変わらず無口だな……。
昨日は結構べらべら喋ってた癖に。

「そういえば、なんで今日遅刻したんだ?」

「……私、低血圧……朝苦手」

「そういうことか……飯は食ってきたのか?」

「そんな時間………無い」

「だろうな」

「うん……」

「昼は?」

「コンビニ弁当……」

またコンビニ弁当かよ……。
はぁ、そもそもこんな奴がなんで一人暮らしなんてしてんだ?
両親は一体何をやってんだか……。
全然一人暮らし出来てないぞ、こいつ。

「なぁ、お前友達とか居るの?」

「……居ない」

「……悪い」

「なんで?」

「いや、なんか……聞いちゃいけなかったかなって……」

「ん、別に……」

「そうか」

会話が続かないな……。
何を話したら良いかもよく分からないし……てか、なんで俺は八島に声なんか掛けたんだ?

「ま、部屋も席も隣なんだ、何か困ったら言えよ」

「うん……」

短くそう答える八島。
ま、八島も人気ある見たいだし、俺じゃなくても別な奴が助けてくれるだろ……。
席替えも終わり、委員会も決まった。
俺は美化委員に決まり、少しホッとしていた。
クラス委員長とか風紀委員なんかになったら色々と面倒だからだ。
ちなみにクラス委員長にはクラスの女子が、風紀委員長には早乙女がなった。

「以外だな、お前が風紀委員なんて」

「そう? 私は去年も風紀員だったわよ」

「お前が一番風紀を乱してそうだけどな」

「あら、失礼ね! 私はそんなことしないわよ!」

お昼休み、俺たちは早乙女の机に集まって昼食を食べていた。
クラスの中でも段々とグループが出来てきており、次第にクラスでの立ち位置なんかも分かってきた。

「隣の部屋の裸族さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く