話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔導と迷宮~最強の冒険者は少女を育てるようです~

ノベルバユーザー465165

4話

「ここまで魔法の基本について説明したがここからが本題だ」


 少女はごくりと唾を飲み込む。それも当然のことだ。これからの話は彼女にとっては活路でもあり、絶望の淵でもあるのだから。もしブラッドが教えて使えなければそれは誰に教えられても魔法は使えないことを意味する。最高位の冒険者以上に魔法の造形に詳しいものはほとんどいない。それにこんな機会に恵まれることはもうないと少女は考えているだろう。それだけに自分の指導にはそれなりの重みが生まれる。だが、ブラッドには自信があるのだ。なぜなら、この悩みは自分も通った道でもあるからだ。


「おそらくだが君の魔法行使の失敗は威力が強すぎたということだろう」


 そう問いかけるシンシアはびくりと体を震わせ、青い瞳で力強い視線を送ってくる。それは何故分かったのかという疑問とそのとおりだという肯定を色濃く表していた。


「何故分かったのかと思っただろう。理由は二つある。一つは俺自身経験があること、もう一つは君が特異魔法の使い手だからだ」


 またもやシンシアはびくりと体を揺らす。その顔には自分な魔法について話していないのになぜ知っているのかという疑問が張り付いてるようだ。


「単純な話ではあるんだが、魔法の失敗というのは特異魔法にしか存在しない。単純な属性魔法と違い特異魔法は特別な能力を行使するため魔導回路が複雑になっているんだ。だから、ただ単に魔導回路に大量の魔力を送り込むと暴発してしまう」


「それでは私が魔法が今使えないのは当然ってことですか」


「まあ、そのとおりだ。魔導回路に流す魔力量の調節は魔力操作技術の基礎ではあるが魔力操作自体がそこそこに難しい技術であるから有象無象には使いこなせない」


 シンシアは最初の魔法への怯えが消えたかのように真っ直ぐに視線を向けてくる。覚悟が決まったのだろう。過去の二の舞になり、魔法がうまく使えないかもしれないという未来を振り払う覚悟だ。今までは強くなりたいという気持ちはあったが魔法の失敗への恐怖心のほうが上回っていたが、ブラッドの話を聞くうちに未来への希望に天秤が傾いたのだろう。いい傾向だとブラッドは考える。


「さて、今の話で分かったと思うがまず習得するのは魔力操作だ。魔力操作はただ魔力を動かすだけということではない。魔力には体全体で魔力量を均一に保つという性質がある。そのため、どこかに集中させることはできないんだ」


 ここでシンシアは勢い良く手を上げる。半ばブラッドも予測していたことだ。いわゆる矛盾のようなものがあるのだから。


「先生、魔力を集中できないのに何で魔導回路に魔力を集められるんですか」


「ああ、やっぱりそれか。実は魔導回路内は例外の場所なんだ。魔導回路に魔力が入り魔法に返還される工程はこの魔力均一化の法則に影響されない唯一の事柄だ。だからこそ、特異魔法の魔力の暴発があり、属性魔法が使いやすくもある。つまり、魔法は魔力の性質に関係されない埒外の力なんだよ」


「色々な部分で魔法は特別なんですね」


 シンシアが感慨深そうにつぶやく。それは自分がその力を持っていることを誇っているのか、それともその特別な力を使いこなせないやるせなさから来るのかブラッドにはわからない。だが、最初ほど悲観的な印象は受けない。


「そうだ、魔法は特別だ。事実どの国でも魔法が使えるというだけで食うに困ることはないどころか高給取りになれるだろう。自分もその一員なのだと自覚しろ。これからそうなるからな」


「……はい」


 断言したその発言は先ほどよりも軽やかな音色を帯びており、先ほどよりも目の輝きが増したように見える。もう陰鬱な雰囲気はなく、完全に未来への期待しかその眼には映っていないように見えるほどだ。ブラッドは精神的な面の問題はこれで解決だなっとそっと息を吐いた。



「魔導と迷宮~最強の冒険者は少女を育てるようです~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く