話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

三日月

ghame

(36)神メール

 
  6月2日 火曜日

 昼にエリとダービーの仕込みをする。
 そして今夜は、人生初の女子の部屋へと招き入れてもらうことになる、大興奮だ。

「今日は着替えたらすぐ行くよ。何か欲しいものがあればメールして。」
「わかった、待ってる」 
 エリは、大好きなダービーを楽しみにしているように見える

 仕事が終わり、自宅に帰ると醤油煎餅を2枚食べ 麦茶で流し込み、いざ出陣だ。

 そのダービーと言うのは毎週1回火曜日に、日本時間夕方5時から開始で世界中で競うのだが、既にスタートから1時間過ぎていて、少しでも早くそのトーナメント参加したい。

 自宅で迎えてくれたエリは先日買ったグレーのスエットのワンピースを着ていて、普段パンツスタイルなので膝が見えているスカートは新鮮だ。
 首にはネックレスもしてくれていて、気分が上がる

 まず、一緒にキッチンに行くと忍さんがいて「お邪魔します」と挨拶すると、後で部屋にドーナツと飲み物を持って行く。と、言ってくれて、ゲームのお付き合いありがとうとも言われた。

 その後、2階に上がるのだが、エリの部屋に入るのは初めてなので、軽く想像したりしながら階段を登る。

 以前卓球部だったオレは、何度かOBの女子大生に呼び出され対戦相手チームについて先輩の部屋で話をしたことはあったから人生初と言う訳ではないのか?
 でも、あれは女子の部屋としてカウントされないだろう??薄っぺらなムード漂う彼女のことは女として意識した事ないし、、。

 だが今日は違う、彼女の部屋だ。バーチャルだけど、、気持ちは盛り上がり、部屋に入ると、まずフワッとエリと同じ柔軟剤の香りがして(忍さんも同じ匂いかな?)変な自分が沸騰して溢れ出ないよう差水を入れ観察を始める事にした。

 床はベージュに近い色のフローリングで 壁はそれと同じ幅で白くストライプの凹凸が入っている。 

 奥の壁に沿って明るい緑色の綿で出来たL字型のソファーがあり、風邪に軽く弄ばれているカーテンとジュータンは優しいグリーンの葉っぱ柄で、森の木陰のような雰囲気がしてエリのグリーン好きを納得し、とたんに自分もグリーンびいきになる程、感じの良い空間だった。

 広さはオレと同じくらいで8畳だと思うんだけど広く見えるので訪ねてみると
「たぶんベットが無いからじゃないかな?うち女2人で夜は危険だから一緒の部屋に鍵をかけて寝ているの」
 確かに、女性だけの家は狙われ易そうで心配だな。

「ソファーに座る?」
 勧められてオレでも寝れそうなほど、たっぷりサイズのソファーに座ると、早速スマホを取り出してゲームを始めた。
 今日のオレはVネックグレーのTシャツに少し色の褪せたネイビーで髭加工のジーンズを履いている。

 エリは窓際にあるデスクに腰掛けノートパソコンからゲームを始めた。
「なになに?オレもパソコン持って来ようかな?」
 そんな事を考えたりもしたが、自宅へ戻る時間は貰えそうに無く、暫くすると忍さんが飲み物とドーナッツを持って来てくれたので、少し休憩して、またダービーをして時計を見ると19:00になっていた。

「飯食って来る」と、一階に降りると夕食の旨そうな匂いがする。
 餃子かな?
 キッチンから話し声がして、もしや?と思いつつも玄関に行くと、両親のものだと思われる靴があった。 
 それでキッチンを覗いてみると3人が座って楽しそうに夕食を食べているではないか、、。
 意外なその光景に戸惑いながらも、腹が減っていたので混ぜてもらうことにして、エリを2階に呼びに行った。
 それから5人で夕食を食べて、歓迎会の熊の面白動画も見て楽しい団欒の時間を過ごし8時になったので2人で散歩に出た、、、、、。



 
お散歩の途中、エリはいろんなことが頭を過ぎる。

(5月26日 火曜日) 
突然、神と名乗るものからメールが届いた。
その内容はこうだ
「あなたは異性から驚くような申し出を受けますが了解するべし」
 ゲーム会社の新企画サービスだと思って気にかけていなかったところ、その夜にカズからバーチャル彼女のお願いをされ
 「?」どう言うことかと、正直ものすごく驚いたんだけど、冷静に考えて神の正体がカズ?にも見えないし、ゲーム会社からならこれは偶然?いずれにしても情報が少な過ぎるわ、神に従いましょう。
 そう思ってカズからの申し出はOKしてみた。

(5月27 水曜日) 神からの指示は
「明日は会社にオシャレをしていくべし」
 翌日は私の誕生日でカズに食事を誘われていよいよ神はカズ?と、思ったりもしたけど、アドレス違うし、やっぱり話していて神とは思えない。

(5月28日 木曜日)
「たまにはスマホを置いて現実世界を楽しむべし」
 確かに翌日の歓迎会は楽しかったわ。
 神からの忠告を参考にしてスマホに触らない、ゲームをしないで1日過ごして見たのは初の試みで、普段と違って何と言うか、、地に足がついてたって言うか、他人と拘ったって思いが充実感をもたらす1日だと思った。

(5月29日 金曜日)
翌日の指令は「外見を気遣うべし」
 このメールが届いた夜には、カズから美容室を勧められて、彼も誘導されているんでは無いかと感じたりした。

(5月30日 土曜日)
「デートするべし。」
 翌日カズとデートすることになるんだけど、この届いて来る神からの指示は、育成ゲームにしか感じられなくて、誰かが私を改善するために誘導している?
 と、なるとカズも私と同じようにゲームの登場人物となるわね。そしてそれは、かなり私に付いての情報を持っている人ね。
 スマホにウイルスか盗聴器的なものが仕掛けられていたりしたら困るなぁ、、。

(5月31日 日曜日)
「他人と関わる努力をすべし」
 ちょっと余計なお世話!って気もするんだけど。
 確かにその通りかな、、カズも変わろうってあんなに頑張ってるんだし、私なんて彼以上に変化することが必要ね。

(6月1日 火曜日)
「友達を部屋へ招待してもてなす」
 この日は朝カズと部屋でヘイデイをする約束をしてあって、夜はこのメールでしょ?招待してあるカズをもてなせって事だと思った。

そして今日も神からのメールがあったわ
「同窓会へ出席の返事をするべし」
 同窓会は、ちょうど迷ってたことだし、行ったら何かわかるのかしら?
 もしかしたら同級生が仕組んだ悪戯?とにかく行って見ないと何もわからないままね。

「カズ、私同窓会に出席する予定なんだけど、カズはどうするか決めたの?」
「行くの?正直、キレイになったエリには行って欲しく無いと思って黙ってたんだけど、オレは出席で返事してあるんだ。」
「?」カズは行って欲しくない?神はいくべし。でしょ、意見が割れたわね。

「カズは心配しすぎ!一緒に参加しましょ!」
「わかった。そうだ!オレ明日、部屋を掃除するから明後日遊びに来ないか?」
「特に用事もないし考えとく。だってカズの部屋で何するの?」
「そうだね。部屋にまだ友達を呼んだことがないから、エリなら来てくれないかな?って思っただけ。気が向いたらおいで、シャボン玉でもしよう。」

「そんな事なら彼女だし、親友だから私が行かなきゃね!部屋にも来てくれたんだし。仕事終わって着替えたら行くわ。カズの部屋楽しみにしてる。」

 それから公園でヘイデイを少しだけして家の前で儀式をしてから帰った。


「三日月」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く