話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

三日月

ghame

(25)10個の質問 ①

 
さて、10個の質問のお時間だ!
 まずは2人の回答だが

①   好きな色 
 オレは 無機質でシャープなものが昔から好みでシルバーは色の中で一番スッキリしている感じが好きで決めた。
 エリの回答は緑なんだそうだ「私は草原や森に直接ベットを置いて緑の中で生活したいほど緑が好きなの」と意外な解説がついて来た。

②   好きな食べ物 
   コレは2人ともお寿司だった。ネタまで聞くと 
オレはトロと縁側 
エリは蒸しエビと秋刀魚 
   ついでに毎日食べられる自信があるものを聞くと、お豆腐で、オレはカレーライスだ。
 種類はお豆腐ならなんでも好きなんだそうだが、1つに絞るなら油揚げの部分も楽しめる厚揚げにするわ!と、頑張って一つに絞ってくれたので、一体何のために頑張ってくれたのかと笑えた。
 さらに、硬い方が好きだと言う情報までくれた。

③  趣味について
   オレ、アニメ 
エリ、今はゲームでその前は読書だと話してくれたのでオレは昔はピアノの音を聞くのが好きで弾き始めると時間を忘れたと話た。
    この話については、奥が深いので次回語ろうと今回は終了して、次に進む

④   好きな異性のタイプ 
   オレは、自分で質問しておいて答えが出て来なくて困り果てて「面倒見が良い」と、無難な回答にしておいた。
   エリは「自分を持った人」なのだそうだ、それは最もだと思った。女性サイドの意見は心臓を貫く重みがある。オレみたいな何も持たないものには堪える発言だぜ。
 男としての魅力を全否定された気分だ、こんな男に惚れる女など人間にいるのか?動物ならエサを与えればなつく、、、

 またまたカズの脳の中身が脱線を始めたのを感じて、エリはスマホにチラッと目をやって大きくあくびを1つした。
 最近まで自宅に引きこもっていたカズがたまに考え込む癖を持っていることに気が付いていてスイッチが入った時は配慮するようにしている。
 それが始まると周りが目に入らないようで、昨日なんてそのままスタバで寝てしまったので、正直驚いた。
 彼女を作ろうと本気で思っているんだか、全く自由人だ。でもそんなトコを魅力だと思う人もきっといるはずだ、安心し切ったは寝顔は可愛かったから。

「カズ、お取り込みのとこ悪いんだけど、お時間になってしまいました。続きは夜で良いかしら。私戻るね。」
「待って、一緒に行く。明日の会場ってマイクあるかな?」
「あるわよ。ホテルの宴会場だから揃わないものは無いってくらいなんでもあるわ。有料になるので必要なものは私に相談して!マイクは1本手配しておくわね。他に必要なものがあれば、明日のお昼までなら余裕で準備できるわ。」
「じゃ!」

 そう言うとオフィスに消えていった。
それからカズは、もう一度あゆに電話をしてエリの好みを伝えておくと
 あゆママは、お通しを揚げ出し豆腐にしてくれる
と、言ってくれた。




「三日月」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く