強くてニューゲームができるらしいから ガキに戻って好き勝手にやり直すことにした 

カイガ

第4話「俺は大学生時代をやり直す」



 4月になった今日、俺は再び大学生としての人生をやり直すこととなる。
 正直この大学生としての4年間はそれなりに楽しかった。少なくとも中学や高校の時以上に色々好き勝手やれた、ぬるゲーの4年間だったと思う。
 まぁそのぬるゲーに浸っていたせいで失ったものも色々あったのだが、今となってはそのことには別に悔いてはいない。

 当時の大学生時代についてだが、それはそれは大層充実したボッチスクールライフを過ごしていた。
 高校時代で自分の限界を痛感したことで、大学での陸上競技は諦めて部活には入らなかった(その代わりに高校の仲間と一緒にクラブチームに入って少し活動していたが)。
 もちろんサークルにもどこにも入らなかった。入る気なんて初めからなかった。
 その結果、大学で新しい出会いも繋がりもほとんど作らなかった俺は4年間、それはそれは独りの時間が多いものだった。
 まぁせいぜい一人くらいは友と呼べる奴はいたかな。1回生の時にクラス編成があって、その時に知り合った男だ。そいつもポケモンガチ勢な奴で、他にも色んな娯楽趣味で気が合って、ちょくちょく遊んだ仲だった。
 でもそれだけ。それ以外での大学での横のつながりは皆無。俺の交友関係の広がりの勢いは、高3が全盛期だったのだ。
 別にそのことについては人生の汚点とは思っていない。考えたこともなかった。

 では何が悪かったのか?
 俺がかつて大学時代でやらかした汚点は、主に金と家族関係についてだ。
 金については俺の世間知らずから生じたしょうもない事案だ。
 ロクに人と関わらなかったこの頃の俺は、まだ世間のことに疎いところがあった。そのせいでしょうもない架空請求や出会い系サイトへの課金にひっかかってしまい、数十万もの金をどぶに捨てる羽目になってしまったのだった。
 騙された相手はアダルト系のサイト。少し考えてみれば分かることだった。架空請求については無視すれば良かっただけのこと。裁判とか訴訟とかの単語にビビッてしまった世間知らず過ぎのガキは、夜の時間にまんまとコンビニやATMへダッシュで駆けこんで金を振り込んでしまったのだった......クソ馬鹿過ぎるわマジで。
 出会い系サイトの方も、俺はサクラ業者に引っかかってしまっていたことに気付きもしないでずっと浮かれた気分で課金しながらチャットしていたのだ。で、いざ待ち合わせのところに行くと誰もいない。いくら待っても女は現れない。連絡しようにもメールやLINEの情報はもらっていないので課金チャットでしか連絡が取れない。そこでやっと騙されていることに気付いて、その日は枕を濡らす羽目になったっけ。

 あの時の自分ほど殺してやりたいと思った奴はいなかった。なんてことやらかしてくれやがったんだと、あんなふざけた業者どもに落とした金でいったいどれだけもっとマシな物を買えたと思ってんだと、顔の形が変わるまで殴りつけたい気持ちだった。

 やらかしてしまった後で俺は思い知った。ぼっちでいるのは構わないけど、もっと世の中の汚いところを学んでおくべきだったのだと。
 世間知らずの無知な人間を餌にして騙して金を巻き上げる種の人間がこの国だけでも腐る程にいるということを。インターネット上で少し話しただけで体を許してくれる女なんかほぼ存在するわけないということを。向こうから寄ってくる女には必ず裏があるということを。サイトで数回クリックしたことで「〇〇万円お支払いして下さい」と出たり、「期日までにお支払いしなければ法的措置を取ります。訴訟します」とか出ても、そんなものは全部ブラフだということを。

 ぼっちでやっていくのだったら、自分でそれくらいの知識と知恵は仕入れておくべきだったのだ。
 あの時の俺は何もかもが無知過ぎた。やっぱり所詮は学校の勉強しかできなかったクソ馬鹿野郎だったんだ。
 受験に失敗してからの春先でやらかした事件だったから、その年はずっと失敗続きのことを引きずって生きていたな...。今思い出しても自分が恥ずかしくなる人生を送ってきてしまったと思わされる。

 だからまず修正すべきところは、あの時の無知で愚かだった自分との決別だ。
 やることは簡単だ。アダルトサイトの請求はよく吟味すべし。というか無視する。数回のクリック程度で出る請求は確実に正式なものではない、ブラフだ。100%そうだ。 
 出会い系サイトも、あれはほぼ全てがサクラサイトだ。中身は機械か気持ち悪いオッサンと思えば良い。あんなので好みの異性が手に入る確率は、ゼロだ。断言して良い。経験者の俺が言うのだから違いない!!「マッチングしました」とかレビューしてる奴もどうせサクラ業者だ。あんなのを信じる必要は欠片も無い。だから一切手を出さない、目を向けない。
 以上を心に刻みこんでいれば、もう金を捨てるようなことには決してない。そもそも今の俺には大金がある。出会い系サイトとかにかまける理由も無い。
 金があるから心に余裕が生まれる。焦ることもない。あの時の俺は受験に失敗して、やることなすこと全て上手くいかずで心に余裕が無かった。だからあんなふざけたものに引っかかってしまったのかもしれない。もちろん無知だったせいもあるが。
 
 最初の修正を達成したところで、ここからがいよいよ...俺が一切経験しなかった世界が来る。
 何せ進学先は以前とは違う大学。さらにそこの陸上競技部に入って陸上競技を楽しんだり成り上がったりしていく。人間関係が一新されて環境が全くの別物となる。ここからは知らないことばかりだが、俺には最強の武器がある。
 過去のことは何でもお見通し。これから何が起ころうとも俺は瞬時に対応して対処できる。どうすれば効率良く鍛えられるか、単位を取れるか、金を稼げるか、全てその答えが分かる。そんなチート野郎だ。
 怖いものは何も無い。俺はもう勝ち組の枠内にいる。約束された勝利がその先にある。さぁ修正を始めよう!!


 大学生になったことで親が俺に色んなことを一任してくれるようになった。口座の自己管理。外泊の自由。不純異性交遊。パソコンの所有等。これで堂々とパソコンを出したり宝くじで大金を当てて振り込んでもらうこともできるようになった。この年からはいよいよ億単位の賞金もゲットできる。あっという間に親を超える収入が発生しそうだな。

 最高のスタートだった。早速数百万円を当てて好きなものを買いまくったり、18才だから風俗にも行けるから好きな女を指名して遊びまくったり、本当に何でも意のままに堪能してやったぜ。毎週高級ソープにも通ったりもしたなぁ。初めて行ってみたけどあれは良いものだ。

 「君、まだ学生みたいだけどこんなところに来て大丈夫?お金ちゃんと管理できてるの?」
 「ご心配なく。俺には絶対的な収入源があるので。それよりさっさとおっぱじめさせろォ!」
 「きゃああん!?もう、若くて可愛い顔してるくせに乱暴なんだから...

「強くてニューゲームができるらしいから ガキに戻って好き勝手にやり直すことにした 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く