ルーチェ

千絢

55.「私も彼も、生まれ変わった」







ルル王女が城の片隅をぶっ飛ばして、早三日が経過しようとしていた。アマルティア様にはイゼベル姉上が仕えているし、私は暇を持て余しながら中庭で素振りをしていた。








「今日は何しようかなー」






「ルーチェ、仕事だ」






「え、何々?」








多々雑務を押し付けて来る声に、私はパッと振り返った。雑務でも良い。この暇から抜き出せられるのならと、思っていた時もありました。陛下が海燕殿と一緒に、何とも言い難い顔で私を見ていたからです。一先ず刀を鞘に戻して汗を拭きながら、2人の居る所へと向かう。








「…非常に、こんなことを言うのも癪なんですが」






「じゃあ言わなくて良いよー」






「いえ、言います。ルル王女の近衛になりなさい」






「えぇ、近衛!?」






いきなりだな、オイ。てか、そっちなんだ!?侍女じゃなくて、え、近衛ェ!?






「ルルの侍女が結婚するんだ」








「おめでたいですけど、フツー自分の主を置いて行きます?」






「これにも深いわけがあるんだ。突っ込むな」






「へーへ。紹介してくれるんだ?」






「嫌々な」








ホント嫌そうだよね。そんなに紹介したくないの?意味が分からないこともないけど、流石にそれは傷つくなぁ。私と陛下のやり取りに、海燕殿が目を見開いている。どーせ、態度の変わり様に驚いているんだろう。








「――陛下、こんな所に居たんですね!海燕、陛下をお借りしても良い?」






「え、えぇ」








「おい、本人を目の前にして物の貸し借りの様に言うな」








「すみません、陛下。でも急ぎの件で」










廊下の向こう側から現れた第三皇子に、さっさと連れて行かれた陛下。残されたのは私と海燕殿。沈黙。そりゃそうだよ。私と海燕殿で何を話すんだ。






「…ルーチェ殿」






「はい?」






「貴女は、陛下の前世の恋人だと言っていましたが」






「――…あぁ、危惧なされることはありませんよ?」






「え?」








「だって彼はあんなに彼女に夢中なんですもの。それに、あくまでの恋人という関係にあったのは前世です。前の彼と今の彼は似ていても、結局は違う人間なんですよ」








『前世の私』が好きだった『前世の彼』は、この世に居ないのだ。生まれ変わった。その読んで字の如く。私も彼も、生まれ変わった。










「私はエノクの民、海の怪物の名を賜ったルーチェ・アルグレッセル。彼は彩帝国の未来を背負った彩牙千景」








「同じであり異なるんです。前世の互いを知っているだけで、私と陛下はどうにもなりませんし、どうにもなる気はないですよ」








「だから、海燕殿や第三皇子が危惧することは起こらない」








『前世の記憶』があるルーチェ・アルグレッセルと、『前世の記憶』がある彩牙千景。ただ、それだけなのだ。例え、しがらみに捕われていたとしても。例え、『前世の記憶』がこの身を焦がそうとも。








別人なのである。






駿河千景も雑賀真夜も、この世には居ない。私が死んだ時、私たちの関係は終わったも同然なのだ。それに、今の陛下の目には違う女の子が映っている筈だ。






良いなぁ、恋してるってカンジ。






「ね、ルル王女には昼からの面会でも良い?」






「…えぇ、かまいませんが」






「楽しみね。支度をしてから、私の方から海燕殿を訪ねて執務室に行きます」






「そのように」








話がまとまった所で私は愛刀を握り直す。海燕殿に頭を下げて、仮住まいである客室に戻る為に背を向けた。千景君が気付かぬうちに愛している彼女に会えるなんて、楽しみね。








「……なんで、貴女がそんな顔をするんですか」








海燕殿の呟きを気にすることなく、私は前だけを向いて歩く。私と居た時に幸せになれなかった彼が、幸せになる姿を早く見てみたい。ルル王女、どんな娘なんだろう。








妃候補の危険人物ランチャーに、会ってみたいなぁ。魔力の制御を教えて貰えなかった王女。それだけで、彼女の居た環境を想像することが出来る。








ただ、私はエノクの民。魔力に関しては疎い。制御の方法ぐらい教えれたら良いんだけどなぁ。千景君の魔力に関しては例外だけど、それも追々ルル王女に教え込めたら良いと思っている。








「ふふっ、ほーんと楽しみね」







「ルーチェ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く