ルーチェ

千絢

34.「男のくせに綺麗な肌だったわ」

ごくんと喉の鳴る音がした。私か千景君かそれとも傍観者たちか。否、誰でも良い。足りない。まだ、まだ。私はもっともっとと千景君を貪る。されるがままの千景君の頬をなぞり、首筋をなぞって。












千景君の中の魔力を抑えている何かを見つめながら、私は滞る魔力に流れることを促す。何か。術式のようにも見えるソレ。複雑な模様だけど、よく見れば文字に見えないこともない。










これが東の島の魔術というか呪術なのか。見れば見るほど悍ましくなってくる。術式を覚えて、レイ兄様に教えないと。










 「…っふ」






 「んんぅ」








どちらともなく零れる甘い吐息。ゆっくりと千景君の身体が弛緩していくのが分かった。そして、完全に力が抜けた時にはもう千景君は眠っていた。








「…っはぁ、」










ツツと私と千景君を結ぶ銀の糸が見えた。けど、それはすぐに消える。濡れそぼった唇を舐めて、私は首を回す。ゴリッゴリッと嫌な音が鳴る。








「な、な、な、何をした!!」








「何って、魔力の循環したのよ。暫くは大丈夫だから、夜鷹姫が心配するようなことも、まずないと思うわ」








<人目を憚らずするとは…>








 <流石ルーチェというか真夜ね>










呆れたような声音を聞き流して、私は自分の用件だけを伝える。長居は無用だ。さっさとヴァッザーの方に取り掛かりたい。










「身体が楽になったからって無茶するなって伝えといて頂戴な。私、これからヴァッザーに飛ぶから」








「「はァ!?」」








「何です?あ、レイ兄様、ヘルシリアをお借りしますね」








「え、あ、はいどうぞ」








訳が分かっていないレイ兄様たち。深く言うつもりもないし、第三皇子たちを抑えているアマルティア様には感謝しきれないな。








「帰ってきたらアップルパイもお願いしますね、ルー姉様」








「勿論、最高の喜劇のお供にお作りいたします」








アマルティア様の要望に笑顔で頷いて、私は窓が開きっ放しバルコニーに向かう。必要なものはこの身ひとつで良い。戸惑うばかりのレイ兄様は、それでも合図をしてくれた。










ヘルシリアが降りて来る。立派な純白の鱗を持った竜族の中でももっとも高貴な存在。ラドンの対であり番。












「さ、ヘルシリアお願いね」










任せてと言わんばかりに高らか咆哮を上げ、私を乗せて大空へと舞い上がった。さあ、向かおう。憎きヴァッザー神聖国へ。その首を刎ね飛ばしてやろう。










3日後、此処に戻ってくる。








最高の報告を持って、戻ってくる予定だ。まぁ、国外追放にはなっていないだろう。そこは千景君が……うん、どうにかしてくれると信じたいな。










<ルチア>








「ヘルシリア、いきなりごめんね?」










<かまわん。レイヴァールもお前1人で行かせる気はさらさらなかったのだろう> 










低いアルトボイスが脳裏に届く。私をルチアと呼ぶのはヘルシリアとラドンだけだ。竜たち独自の言葉―竜古語―の竜に愛された子という意味を持って、呼んでくれるらしい。








ちなみに、他の竜たちも私のことはルチアとして広めているらしい。ヘルシリアもラドンも竜の頂にいるような2匹だもんね。メル兄様やレイ兄様以上に可愛がってもらっている。










「え?ヘルシリア、私と居てくれるの?」










<当たり前だろう。あんな気が狂った国にお前だけ置いておけるか!>








「…ありがとう」








人型も取れるから、多分人型で傍に居てくれるんだろう。他の怪物たちを連れて来る気は一切なかったし、その他の誰かを連れて来る気もなかったけど、こればかりは嬉しい誤算だ。










<妾の可愛いルチア、お前だけにはさせぬよ>










「ふふ、本当にありがとう、ルリア」










ルリア、私とレイ兄様とメル兄様と番のラドンしか呼ばない愛称だ。その昔、幼かった私がヘルシリアと呼べなかったのがきっかけで、レイ兄様が愛称を考えてくれた。ソレがルリア。










ルリア、鈴の様な響きを持った竜は私の母であり姉の様な存在。メル兄様とレイ兄様に引き取られた私を、ここまで成長させてくれた育ての親。いつでも傍に居て、私に世界を教えてくれたのだ。










<さぁ、掴まってろ。速度をあげるぞ>










ルリアの言葉と肌を撫でていく風のスピードが上がったことに、私は慌ててルリアにしがみ付いた。












――ヴァッザー神聖国、崩壊まであと3日。







「ルーチェ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く