ルーチェ

千絢

32.「よく考え直せ、それは違う!」

〈出来ないのか?〉








「出来ない訳ないわ!いや、そうじゃなくて!!どうやったら、その結論に行き着いたのか知りたいの」










〈簡単なこと。その魂の繋がりがある故に〉








夜鷹姫の声が淡々と告げられる。






魂の繋がり。それはきっと前世のこと。










「いや、でもね…!?」








〈ルーチェはエノクの民で最も魔力に対して柔軟性がある。問題はない〉








相性も良いだろうと飛鷹。コイツ等、他人事だと思ってるようだけど!!一応、こっちは立場の問題があるんだよね!?










「どうしたどうしたァ?」








「珍しいですね、飛鷹様がお見えになるなんて」










やっぱりメル兄様とレイ兄様は流石だ。誰よりも先に我に返って、話を進めようとしてくれる。










「それが、陛下の循環を私に手伝えと」










「循環を?確かに、ルゥは適していると思いますが…」










「お前、循環の補助つったらセックスになるんだぞ?いくら、飛鷹王がそんなこと言ったとしても、なァ?」










恥じらいもなく言うメル兄様、素敵です。今、このタイミングでそんなこと言ってほしくなかったけど!ほら、第三皇子と海燕殿が私に斬りかかろうとしてるじゃんか!!










「閨事っつうか、うん、情交?」








「言い換えても無駄ですよ、メル」










「誰がそんなことしますか!それこそ不敬罪で打ち首じゃねぇか!!」










「コラ、言葉が汚いですよ。それに、我等の前に法など無意味ですから不敬も何もありませんよ」










「そうだけど、そうだけど!そうだとしても、彼らの気は収まらないからね?!」










No.1とNo.2がこんな調子で良いんだろうか?良くない気がするけど、他の怪物たちは話について来れていない。寧ろ、諦めの境地に達している顔だ。そうしているうちに、母上と父上が席に立った。話を聞くだけ無駄だと思ったんだろう。北の国に戻って、王子を説得してくるらしい。










まぁ、親としても娘の生々しい話なんぞ聞きたくないだろう。例え、私を生んで置いて行ったとしても。










「カイル!」






「何ですか、翔陽様」






「もう何なの、コイツ等!」






「我がエノクの化け物の三本柱ですが?」








「そうじゃなくて!どれだけ、陛下を侮辱すれば気が済むの!?」








「まぁ、翔陽様。それは違いますわ」








「アル!!でも、さっきから聞いてれば…!」








「確かに、侮辱だと思われるのでしょうけど、彼等なりの本心…ではなくて、本気で心配してますのよ。閨事などしなくとも、魔力に関してエノクきっての柔軟性を持つルー姉様なら大丈夫です」










アマルティア様…!!さっきは反抗期丸出しの子供みたいだったのに!すぐに隠してしまうなんて、私は何て事をしたんだろう!!子供の成長の妨げを私はしてしまったのか…!








「アル、だけどね?敬愛なる我等が陛下に対して、不敬を払われるのは僕たちからしても気分が悪いんだ」








「翔陽様も、お隣の方も、陛下が大好きなのは分かります。けれど、流石に此処まで濃厚な魔力を溢れさせ続ける陛下のお身体が、私たちも心配なのです。どうぞ、そのお心をお鎮め下さい」










そうさ、陛下の周りに凄い濃厚な魔力が溢れてるんだよ!陛下自身の魔力なんだけど、凄いねばっこくて、上限も下限も関係ないぐらい溢れ続けている。








 「…っ、いっそ首でも斬り落とす?」








「そこから一歩踏み出すと、このアマルティアは彩帝国から出て行きますからね」








「は!?」






 「――アマルティア、ルゥの好意を無駄にするなよ」






 「メルキゼデク兄様、大丈夫ですよ。私、これでも翔陽様に愛されていると思っているのですから」








「そうか」








 嬉しそうに笑うメル兄様だけど、私は笑えない。めっちゃ笑えない。そんなことされちゃ、国王と王妃に顔向けできないから。







「ルーチェ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く