ルーチェ

千絢

14.「口煩そうな奴が来た!」

――さて、戻ってきた所で千景君こと皇帝陛下は、第三皇子の転移魔術によって自室へと引き取られていった。










夜鷹姫も着いて行き、主が不在となった執務室に残ったのは、私とカイル兄上と見覚えのない銀髪碧眼のお兄さん。なかなか涼しげな目元が、随分と厳しそうだ。










「カイル団長、彼女はどちらの誰でしょうか?」










「彼女は翔陽様の婚約者で在らせられるアマルティア様の侍女、ルーチェ・アルグレッセルだ。ルーチェ、あの方は宰相の海燕殿だ」








 宰相の海燕カイエン様ね、覚えておこう。私に向ける敵意と不信感さえあれば、どんな大きなことが起きても忘れられないわ。のちに耳にした話だけど、海燕様は皇帝陛下の乳兄弟で幼馴染でもあるとか。










「では、アルグレッセル殿。主が不在の場所に、何時までも留まるのは不敬罪に当たります。出られた方が宜しいかと思いますよ」








この言葉に異論はない。発言権のない私は黙って従うための意を示す。宰相様も気難しそうな人だ。私だったら息が詰まるけど、陛下だったら素で居られるんだろうな。








「それでは、俺も彼女と共に身を引こうか」






「あぁ、でしたら少々お待ちください。団長には渡したい書類があるのです」






「また書類か…」








 嫌そうなカイル兄上の声だけど、それも仕事だと窘められる。それを聞きながら、私は退出の声をかけて執務室を出た。行く宛てもないし、最も城の道も分からない。カイル兄上が出て来るまで、部屋の前で立っていることにした。








〈ルーチェ!〉






「飛鷹、どうしたの?」






〈どういうことだ!!夜鷹の気配も、千景の気配もするではないか!!〉






「あぁ、そのこと。居たんだよ、2人とも」








飛鷹は私の前世にも〝居た〟のだ。そして、再び私の下に〝転生〟してきた。千景君も夜鷹姫も同じだろう。不思議な運命の下に、私たちは再び生を成した。








差出した私の腕に留まった飛鷹は、ワイワイと喚く様に言葉を放つ。大きな羽を広げて、身振り手振りならぬ身振り羽振りで、事の大きさを伝えて来る。








〈…我等と共に、再び歩むのか?〉






「さぁ?少なくとも、向こうは位が私たちよりも上だからね。そのことは分からないわ。ただ、出来るならば一緒に歩みたいわね」






〈ルーチェ…〉






「というかさ。私、やっぱり侍女に向いてないわぁ…」








あのポロリと発言してしまったこと等等、様々なことが脳裏を過ぎって行く。侍女になって早8年が経とうとしているが、常々思っていたのだ。






まぁ、侍女というのは副業だ。






どちらかというと、戦場を駆ける方が向いているかもしれない。アマルティア様が第三皇子と無事に結ばれたら、此処の騎士団にでも入ろうかな。








〈何かをやらかしたのか?〉






「んや、常々思っていたことよ。それよりも、他の怪物の皆は明日か明後日には入れるのよね?」








そのことについても、陛下か第三皇子に許可を貰っておかなければならない。エノクの宝の下に集まる許可を。異国エノクの者が彩帝国に入る許可。それは必要なものだ。







「ルーチェ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く