ルーチェ

千絢

12.「聞きたくなかったんだけどナー」

「だから、お前が良いんだけどな」








「彩帝国って、否定してるけど皇位争いしてる最中だよね?」








「…まぁな」








「他国からしたら、一大事にもなり兼ねない問題だからね?ただえさえ、この国は大きいのに。その真っ只中で、皇妃とかなんとか言ってる暇なくない?」








「暇などないな。俺自身、執務に縛られて1週間ほど缶詰を喰らっている」








「でしょう?それなのに皇妃とか言うのは馬鹿らしいことだよ。女にかまける皇帝陛下なんて、民たちは求めてないし」








「お前、結構ズバッと言うよな」








「此処、私と千景君しかいないからね」








合わせた額をそのままに、私たちは声を出さずに笑う。此処には私たちしか居ない。そのことが懐かしくて、嬉しくて、愛おしい。








様々な感情が心の中で交差する。










地面についていた手を、ゆっくりと絡ませ合う。










互いの体温が交わって、重なって行く。淡く温かい。転生して、ずっと、ずっと求め続けていたモノ。










「真夜」










「なぁに」










「此処から出ても、お前は俺の傍に居てくれるか?」










「貴方が望むのなら、今度こそ」








もう二度と失いたくない。






もう二度と、どんなカタチであろうとも彼の前から消えたくなかった。










「あぁ、良かった。もう、居なくならないでくれよ」






「うん、居なくならないよ」










そして、彼はほっとしたように微笑んで目を閉じた。ゆっくりと抜けていく千景君の力。大きな身体が私に凭れるように雪崩掛かってくる。








「…千景君?」










どうしたんだろう、そう思うけど彼は答えない。寝ているのか、気を失っているのか。恐らく、後者だろう。医学を齧っているわけじゃないから、詳しいことは分からないけど。










しかし、これではどうにもならない。そろそろ、夜鷹姫が出してくれると嬉しいんだけどな。千景君を寝台に寝かせてあげたいし。








〈呼んだかしら、真夜〉








「ねぇ、夜鷹姫」










〈主人様ったら気を失ったの?〉










「やっぱり、気を失ってるのね。眠ったのかと思ったんだけど」








 〈あ、主人様ね、呪いが掛かってるの〉










 「…は?」












聞こえてくる声は夜鷹姫のものだ。私の思いが通じたんだろうか、だとすれば良かった。此処から出してもらおう。












そう思って会話を続ければ、何ということか。予測していない返答が返ってきた。千景君を抱き抱えたまま私は、呆然とした声で呟く。








 今、この耳は何という言葉を聴いたのだ?







「ルーチェ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く