話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただいま冷徹上司を調・教・中・!

伊吹美香

仮がホントに変わるとき(13)

二人で眠ることを克服した私達は、週末だけではなく、2日に1度のペースでお泊まりを繰り返していた。

自然に互いの家に互いの生活用品が増え始める。

そのことがどれだけ喜ばしいことだったか。

私達はそれら全ての気持ちを伝えあった。

そして二週間が過ぎた水曜日。

凱莉さんは以前から決まっていた出張に行く準備をしていた。

「せっかくの週末なのに……」

そうボヤきながら荷造りをしているのは凱莉さんだ。

仕事第一の人で、『仕事と私、どっちが大切なの?』と聞けば『仕事だろう。くだらないことを聞くな』とバッサリ切り捨てるように言い放ちそうなのに。

「休日は社会人の権利だろう?出張は仕方がないが、なにも土日返上してまですることじゃないだろうに」

と、今では週末デートを返上してまで、どうして仕事をせねばならないのか、と愚痴をこぼすまでになった。

人は変われば変わるものだな、としみじみ思う。

しかし平日の仕事では、長時間の残業は仕事の効率を下げる。

しっかりと計画を立てて業務に当たれ、と皆に言い聞かせ、今までよりも的確かつスピーディーに仕事をこなすおかげで、会社での評価も鰻登りのようだ。

「少しでも千尋との時間を確保したいがために始めたことだったけど、結果としてどっちも上手く回るようになった。これは千尋のおかげだな」

凱莉さんはそう言ってくれるけれど、私自身は何もしていない。

今だって凱莉さんの荷造りを手伝うことしかできてないのだ。

綺麗に畳んだワイシャツを手渡すと、凱莉さんは溜め息をつきながら詰め込んでいく。

「月曜日の夕方には帰ってくるから」

「はい。ちゃんと待ってます」

4日も凱莉さんに会えないのは寂しくて仕方がないけれど。

「千尋と4日も会えない」

同じことを凱莉さんも思ってくれてるんだと知ると、途端に心が軽くなった。

「帰ってきたら、いっぱい抱きしめてください」

4日も我慢するのだから、どれだけ抱きしめられても全然足りないかもしれない。

けれど思う存分充電させてほしい。

そんな気持ちで凱莉さんに甘えてみる。

「当然だ。でも行く前にも……抱かせてくれ」

4日分の荷物を詰め込んだキャリーをリビングの隅に置き、凱莉さんは私を強引に抱きしめると、そのまま深いキスをした。

艶めかしく絡む互いの舌は、離れたくない気持ちを表しているようだ。

凱莉さんは私を抱えて寝室へと向かい、ベッドに寝かせると性急に私を求めてくれる。

「凱莉さん……明日早いんでしょ?」

一応そんなことを言ってはみるものの、与えられる快感に抗えずについつい凱莉さんの首にしがみついてしまう。

「誰も4日分抱かせろとは言わない。今日の分だけでいいから」

私の蕩けたところを愛でてくれながら、絶え間なく喘ぐ私を凱莉さんは何度も味わった。

気怠さを残した朝、いつもよりも早く家を出た凱莉さんを送り出すと、私は自分の用意を終わらせて、預かっていた鍵で施錠して会社に向かった。

そして4日後。

私は凱莉さんから思わぬ言葉を聞かされることになる……。



「ただいま冷徹上司を調・教・中・!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く