話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただいま冷徹上司を調・教・中・!

伊吹美香

仮がホントに変わるとき(10)

「ちゃんと説明してくれます?」

泊まらないにしても泊まれないにしても、ちゃんと納得できる説明は必要だろう。

「説明したいんだが……上手く説明できなかったら、早々に千尋に捨てられる可能性が……」

「仕事以外では説明下手だってことからい十分解してます。そんなことくらいで捨てるわけないじゃないですか。どれだけ好きだと思ってんですか」

「え……」

私のストレートな『好き』に、凱莉さんはほんのりと頬を染める。

ちょっとやめてよ。

そんな可愛い顔されたら、めちゃくちゃ恥ずかしいじゃない。

「不意打ちはやめてくれ。千尋の計算のない言葉は心臓に悪い」

「やです。慣れてください」

今まで人に対して好意の言葉なんて、あまり口に出したことはない。

でも凱莉さんには素直に自分の気持ちを言葉にして伝えたいの。

だって本当にずっと一緒にいたいから。

だから私のことは何だって知って欲しいし、凱莉さんのことも何だって知りたい。

「上手く説明しようとしなくていいですから。ちゃんと話してくれれば理解できます」

にっこり微笑んでそう言うと、凱莉さんは観念したかのように「わかった」と呟いて、ぽつりぽつりと説明し始めた。

「俺は人と一緒に寝たくない人間なんだ」

「どうして?」

「一人じゃないと眠れない。隣でモソモソ動かれるなんて無理だ。それに……」

誰だって二人より一人の方が楽に眠れるのは間違いないけれど。

どうも理由がありそうだな、と感じた。

いくつか考えられることはある。

けれどどれが正解かはわからない。

「それに……なんですか?」

想像もできないほどの爆弾発言でも飛び出すのではないか。

そんなことを考えて、一人で勝手にドキドキしていたのだが。

凱莉さんの答えは、ある意味、私の想像の遥か斜め上をいっていた。

「腕枕で眠る、とか、抱き合って眠る、とか。誰でもやっている王道なこと苦痛で仕方ない。そんなことも千尋にしてあげられないのに泊まるなんて、俺は絶対に無理だ」

「……は?」

……なんだそれ。

あまりにもしょうもなさ過ぎて、私はあんぐりと口を開けた。

「何言ってんですか?」

あまりにも……あまりにもくだらなくないか?

「そんな理由?本当にそんな理由で今までお泊りNGだったんですか?」

「そんな理由って。重大な問題だろう?」

「嘘だぁ。本当はもっと重大な問題を隠してるんじゃないんですか?」

「これ以上の重大な問題があるもんか。俺は女の夢ともいえるものを叶えてやれないんだぞ?」

こんなことを力説しているにのだから、凱莉さんはやはり本気で言っているのだろう。

私がいろいろと頭を抱えて悩んでいた時間、まるっと返して戴きたい。

「もう……。一人で勝手に教科書が正しいなんて思いこまないでくださいよ」

凱莉さんの教科書には、きっと女性の理想がたくさん詰め込まれていて、その主人公たちはこの上ない幸せを噛み締めているのだろう。

綺麗に作られた物語を、本気で女性の王道の夢だと思い込んでいるなんて。

呆れるほどに可愛らしい拗らせ方じゃないか。

かなりアホらしいけど。

そのアホさまでも堪らなく愛しく感じさせるなんて、凱莉さんはどれだけ私の中を侵食しているんだろう。

こういうところも貴重で可愛らしいのだが、女性の実態を教えてあげなければ、この先ずっと一緒に眠ることはできないであろう。

そのことを思うと、やはり答え合わせは必要だ。

「凱莉さんが王道だと思っている朝の迎え方が、現実問題として正しいのかどうか。ちゃんと解決してあげます」

男性の思い描いている女との朝の迎え方なんて、実際のところはほぼほぼ女にとっては迷惑なもが多いのだ。

理想が崩れ落ちるのは、女側ではなくて男側なのかもしれない。

私はソファーの上で凱莉さんと向かい合うように体を斜めに向けて座りなおした。

凱莉さんも同じように体を向け、学ぶ準備は整った。

「まず始めに。朝まで抱き合って眠る、というのは実際では不可能に近いです」

「そうなのか?」

「そもそも抱き合うのも大変じゃないですか?上の腕は回せば済むけど、下の腕はどうすんです?お互いの体の下に回そうもんなら五分と持ちません」

何かに気付かされたかのように、凱莉さんの目が見開かれる。

「お互いの体に回さず自分の体の下なりに置いていたとして。抱き合ってたら大体寝返りだって自由に打てないじゃないですか。あれは眠る前にぎゅっと抱き合うだけで充分なんです」

凱莉さんは私の手を軽く握ると、「千尋はそれで満足?」と不安気に聞いてきた。

凱莉さんはどこまで私の気持ちを優先してくれる。

そんな彼に触れるだけで、私はいつでも満足なんだ。

「当然です」

そろそろ自信を持っていただきたいものだ。 


「ただいま冷徹上司を調・教・中・!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く