話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただいま冷徹上司を調・教・中・!

伊吹美香

仮がホントに変わるとき(7)

凱莉さんは覚悟を決めたのか、渋々ながらバスルームへと消えていった。

私は寝室に戻ると、タンスから『凱莉さんのおうちセット』を取り出した。

ずっとお泊り計画のため欲しかった、凱莉さんのルームウエアと下着。

この前のデートの時に嫌がる凱莉さんをさて置いて無理やり購入したものだ。

「着替え、置いておきますね」

シャワーを浴びている凱莉さんに向かって声を掛ける。

「ああ。悪いな」

答えが返ってきて、私は少し満足した。

一先ず『お家でお風呂大作戦』は成功を収めたようだ。

「さてと」

次は『凱莉さんにお酒を飲ませちゃおう作戦』を実行に移さなければならない。

軽いおつまみでも作っておかなければ、お酒も進まないだろう。

とはいえさっきのパスタでお腹は膨れている。

結果として、トマトとモッツァレラチーズのサラダと生ハムミニバゲットを用意した。

これでもう逃げられまい。

私はほくそ笑んで凱莉さんがお風呂から出てくるのを待った。

そのうちドライヤーの音が聞こえ、凱莉さんが部屋に戻ってきた。

私は素早く冷蔵庫からビールを取り出して、あえて手渡しはせずにおつまみを並べたテーブルの上に置いた。

「私もシャワー浴びてきます。軽いもの作ったんで、ビール飲みながら待っててください」

凱莉さんの返事も聞かずに私は急いでバスルームに向かった。

ビールを手渡ししなかったのも、風呂上りにビール以外の飲み物を出さなかったのも、全ては自分の意志で乾いた喉をビールで潤してもらうため。

さあ、飲め飲め、飲むんだ凱莉。

今日こそは逃がさないんだから。

急いで、でも丁寧に身体を洗う。

髪を乾かすけれど、全然水分が飛んでくれない。

いつもこんなに時間のかかるものだっただろうか?

もっといいドライヤーにしとけばよかった。

もどかしく感じた私は、半乾きのままリビングに戻った。

「やっぱり……」

私がテーブルに置いたビールには手を付けず、どうやら車で飲んでいたお茶を持って上がってきていたようで、そっちで喉の乾きを潤していた。

まぁ、予想はしていたが、ここまで頑なにだと本気で腹が立つ。

確かにルームウェアでくつろぐ凱莉さんは本当に素敵だ。

たかだか特売2980円のウェアをこんなに完璧に着こなせる男性は少ないだろう。

そりゃ見惚れてしまうのは仕方ない。

けれど、それとこれとは話が違う。

どうして凱莉さんは最後の一線は超えてくれないんだろう。

……あんなことやこんなことしたくせに。

やはり私たちの関係性が曖昧なせいだろうか。

……だったら手を出す前にハッキリさせてくれればよかったのに。

いや、全ては凱莉さんのせいではないとわかってる。

やっぱり私は本当の意味で凱莉さんの恋人になりたい。

「どうした?ぼーっと突っ立って。早くおいで」

そう声をかけられて、私は素直に凱莉さんの横にちょこんと座った。

「ちゃんと髪乾かしてないじゃないか。風邪ひくぞ」

するりと私の髪を撫でて、凱莉さんは心配そうに私にそう言った。

「凱莉さん。私、凱莉さんに大切な話があります」

その手を膝の上でぎゅっと握り、私は真剣に凱莉さんを見つめた。

「どうしたんだ、改まって」

私の真剣さが伝わったのか、凱莉さんも真剣に私を見つめ返す。

私の言葉を真正面から受け止めようとしてくれるところが大好きだ。

「私達の……今後についてです」

私がそういうと、凱莉さんはハッとしたように目を見開いて黙った。

唐突すぎただろうか。

きっと凱莉さんは私が何を言い出すのかはわからないだろう。

「私達の今の関係って、一体なんなんでしょう?」

話を周りから攻めて核心をつく、という手もあったかもしれない。

けれど私は、そんなに上手く言葉を選べない。

どのみち最後に核心をつくのなら、最初であろうが最後であろうが何も変わりはしない。

「最初は私の見栄で無理矢理お願いした恋人ごっこでした。打算的なことしか頭になくて、凱莉の恋愛下手を逆手に取って、脅しのように始めてしまいました」

あの頃の私は凱莉さんにとって、相当嫌な女だったに違いない。

自分の弱点をネタに、強引に関係を迫る女。

今までのどの女よりも最悪だっただろう。

「凱莉さんには……いえ、平嶋課長には本当に申し訳ないことをしたと思っています」

「千尋。俺はちゃんと伝えたはずだぞ?自分の意思で選んだことだと」

「違いますよ。平嶋課長は選ばされたんです。選ばすを得なかった」

「それは違う」

凱莉は優しく私を諭そうとしてくれたけれど、私は大きく首を振って凱莉さんの言葉を遮った。


「ただいま冷徹上司を調・教・中・!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く