話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただいま冷徹上司を調・教・中・!

伊吹美香

仮がホントに変わるとき(1)

腰砕けって、こういうことをいうのだろうか。

「凱莉さんのバカ……。仕事行けないじゃない……」

歩けば抜けそうになる腰を撫でながら、私は一人で憎々しく呟く。

凱莉さんとの思いがけない一夜に、私の身体はすっかり悲鳴を上げていた。

洗面所の鏡に映る私の顔は、昨日の私と何一つ変わらない。

けれど。

私のルームウエアの下には、確かに昨日はなかった赤い痕が散りばめられている。

凱莉さんが求めてくれた自分の身体が愛おしくて。

私は朝から何度もその痕をなぞった。

けれど出勤時間が近づくにつれて、私は次第に怖くなる。

私は凱莉さんのことが好きで、求められて抱かれたことに後悔はない。

では凱莉さんは……?

凱莉さんはいったいどういうつもりで私を抱いたのだろうか。

その場の雰囲気に流されてのことだったのかもしれない。

男の人は心ではなくて身体さえ反応すれば女を抱けると聞いたことがある。

凱莉さんが不誠実な男性だとは思わないが、私に本気になってくれたとも思えない。

だったらいったい昨日の出来事は何だったんだろう。

私はいったい、どんな顔をして凱莉さんに会えばいいのだろう。

考えれば考えるほど混乱してしまうので、私は勢いに任せて家を出た。

会社に着いてすぐ、私は一事務員の顔でデスクで既に仕事に取り掛かっていた平嶋課長の前に立った。

「昨日は申し訳ありませんでした。今日は二日分働きます」

張り切ってそう言うと、平嶋課長は心配そうに私を見上げる。

「もう大丈夫なのか?」

「はい。すっかり」

凱莉さんが無理をさせた身体以外に、体調不良なところな全くない。

「そうか、よかった。病み上がりなんだから今日は早く帰れよ?俺も時間合わせるから」

そう言われて私は驚きで目を見開いた。

え?

この人は……なにを言ってるの?

「どうした?」

「……どうしたもなにも……平嶋課長こそどうしたんですか?」

「なにがだ?」

「いえ……何でもないです」

私はのろのろと平嶋課長のデスクを去り、自分のデスクに戻ってパソコンを立ち上げる。

部下を心配するのは平嶋課長として当然のことかも知れないけど。

俺も時間を合わせるというのは、凱莉さんとしての言葉なんじゃないだろうか。

今まで私からプライベート用の言葉でけしかけたことはあったにしても、凱莉さんからこんな風に言葉を掛けられたことはなかった。

絶対に公私混同なんてせずに、冷たいほどきっちりと線引きする人だと思っていたのに。

本当はそうじゃないんだろうか。

立ちあがったパソコンの画面をぼんやりと見ていると、隣で私の様子を見ていた瑠衣ちゃんが私に声を掛けてきた。

「平嶋課長、もう隠したり照れたりするのはやめたんでしょうね。まあ、クールなくせして駄々洩れだから仕方ないんでしょうけど」

意味あり気な言葉に引っかかって、私は「どういうこと?」と瑠衣ちゃんに聞き返した。

チラリと周りを見ると、同じ課の皆がはにかむように笑っていた。

平嶋課長も周りの表情には気付いているはずなのに、全く気にならないのか、いたって普通に仕事をしている。

先週末とは違う空気感だ。

一日で何が変わってしまったのだろうか。

「平嶋課長、昨日は可愛かったんですよ」

何かを思い出したかのように含み笑いをする瑠衣ちゃんは、平嶋課長に聞こえないようにこっそりと小声で私に囁いた。

「可愛かったの?あの平嶋課長が?」

「そうなんです。紗月さんが千尋さんが熱で大変だって話を盛ったら、わたわたしちゃって。紗月さんから簡単に遊ばれてましたよ」

笑いをこらえきれなくなった瑠衣ちゃんは、ぷぷっと小さく吹き出しながら口元を両手で覆った。

「平嶋課長があんなふうに焦る姿を見れる日が来るなんて思ってもみませんでした。初めて平嶋課長をいじれて楽しかったです。めちゃめちゃ親近感湧きました」

「嘘でしょ……」

平嶋課長ともあろう人が、瑠衣ちゃんにいじられるなんて想像もできない。

それだけ私のことを心配してくれたと思ってもいいのだろうか。

「よっぽど千尋さんのことが心配だったんですね。平嶋課長は本当に千尋さんのことが好きなんだなぁって感じました」

平嶋課長が思わず凱莉さんになってしまうくらい思ってくれたの?

本当に?

瑠衣ちゃんの言葉では実感できなくて、私は凱莉さんへと視線を向ける。

ふと視線が絡むと、あろうことか凱莉さんは私に緩い笑顔を向けてくれた。

そこにはもう平嶋課長の姿はなく、どこをどう見ても凱莉さんだった。

私が勝手に抱いているイケメンのイメージとしては。

抱いてしまった女に対して興味が失せる。

とか。

勘違いされないように急に冷たくなる。

とか。

その他もろもろ、考えればろくなイメージがない。

確かに平嶋課長がこういう人種に当てはまらないのはもう知っている。

けれど仕事とプライベートはしっかりと分けるタイプの人だし、社内では少なからず線引きされるのではないかと思い、私自身も切り替えて出社したのだ。

しかし今日の平嶋課長はどうしたことだろう。

私が考えていた平嶋課長と全く違う。

恋人ごっこをするようになって、凱莉さんの優しい笑顔は何度も見てきたけれど、それを社内で見たことなんて今まで一度もなかった。

この大きな変化を、私はいったいどう捉えるべきなのだろう。

自分から言い出したこととはいえ、本当に私達の関係は厄介だ。

本物の恋人同士なら、くすぐったくて恥ずかしくて、この変化をいい意味でとらえられたというのに。

瑠衣ちゃんの言葉に素直に喜ぶことができない私は、凱莉さんのあの笑顔にどう返していいのかわからない。

「だったら嬉しいな……」

私は瑠衣ちゃんに本心を吐露した。

「大丈夫ですよ。見てくださいよ、あの締まりのない顔。千尋さんがここにいるのがよっぽど嬉しいんですね」

凱莉さんの変化に対応できず、私はぎこちなく微笑み返して私は受注書とにらめっこを始めた……。



「ただいま冷徹上司を調・教・中・!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く