話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただいま冷徹上司を調・教・中・!

伊吹美香

贅沢なのにもどかしい関係(13)

ふわりと香った安心するにおい。

「凱莉さん?」

くぐもった声で問いかけると、ゆっくりと頭を撫でて返事をしてくれた。

「どんなふうに誘われたか、なんてどうでもいい。俺は誘いに乗らなかった。それが事実だよ」

それが私にとって、どれだけ心を癒しくれるか、凱莉さんはわかっているんだろうか。

私は凱莉さんを信じてないわけじゃない。

けれど梨央が絡むと、どうしても不安になってしまうのだ。

「言うのを避けてしまったのは、やましいことがあるからじゃない。酷い断り方をしてしまったから、千尋と植村の関係にヒビが入るんじゃないかと考えてのことだ」

私の想像が及ばなかった凱莉さんの言葉に、胸の中で私はそっと顔を上げた。

「どう断ってくれたんですか?」

そう尋ねると、凱莉さんは少し困ったような笑顔で、再び私の顔を自分の胸に戻した。

「簡単に言うと……。千尋と過ごすためにある時間を植村に使おうとは微塵も思わない。千尋と付き合っている俺が、植村を含め他の人になびくこともない。何をしても無駄だからいい加減に諦めろ……って……言ってしまった……」

「ふふっ……」

思わず笑ってしまうほどハッキリとした言葉。

とっても凱莉さんらしい言葉のチョイスだ。

私だけを。

仮といえども、本当に私だけを見てくれている。

私だけを特別にしてくれて、私だけを大切にしてくれる。

そんな凱莉さんに私が恋に落ちないなんて有り得なかったんだ。

始めはこんなはずじゃなかった。

凱莉さんに仮の恋人を提案した時は、本当に打算だけで、こんなに凱莉さんを好きになるなんて、あの時は思いもしなかった。

苦手だった上司から抱きしめられて、こんなに胸がときめくなんて。

考えられなかったのに。

今はこんなにも……。

想いが溢れる……。

「梨央に言ったその言葉は……本心からですか?」

首を起こして顔を上げると、凱莉さんはキョトンとした顔をしていた。

「本当にそう思って言ってくれた言葉なんですか?」

「当たり前だろ?」

当たり前じゃない関係で膨らんだ、当たり前じゃないこの想い。

ずっと一人で抱え込むには重すぎる。

凱莉さんが私のことをどう思っているかはわからないけど、本当に特別だと思ってくれているのなら。

私の気持ちを少しは解放してあげてもいいんじゃないだろうか。

私は凱莉さんの首に両手を巻き付けると、思いきり抱きついた。

自分からこんな事をするなんて初めてだけど。

今は少しでも私の気持ちの欠片を伝えたかったんだ。

「すっごく嬉しい……」

耳元でそう囁くと、凱莉さんの首筋に、掠めるようなキスをした……。

そんな自分の行動に、顔から火が出るほど恥ずかしくなって、私は顔を凱莉さんの首筋に埋めて火照りを冷まそうとした。

けれど、この行動も随分と恥ずかしいものだと自覚してしまい、もう頭はパニックでどうしようもない。

そうなると今ここでこうして凱莉さんと二人きりでいることも、あろうことかルームウエアのままでいること、極めつけはすっぴんでいることも。

もう全てが恥ずかしくて仕方がなくなった。

「千尋……」

優しいトーンで囁かれては、もう蕩けてしまいそうだ。

「千尋とこうしていると、俺の中でいったい、何が本当のことなのかわからなくなる」

「……」

「千尋が俺を大きく変えるから。変われば変わるほど、こうしていることが当たり前だと錯覚してしまう」

『錯覚』

その言葉に心が苦しくなったけれど。

でも凱莉さんの紡ぐ言葉に何一つ嘘はないと思えた。

だったら……今は、錯覚だとしても私と同じ気持ちでいてくれてるんじゃないだろうか。

「千尋にこうされたら、千尋は本当に俺を受け入れてくれてるんじゃないかと勘違いするんだ」

凱莉さん……私の気持ちは錯覚でも勘違いでもありません。

そう心で叫びながら、腕を少し緩めて、真っ直ぐに凱莉さんの瞳を見つめた。

至近距離で見る凱莉さんの端正な顔と、湧き出る魅力的な雰囲気に誘われて、私の唇からは吐息が漏れた。

その瞬間……。

漏れた吐息が戻されるかのように。

私の唇は凱莉さんの唇に塞がれた……。

凱莉さんを好きになって、ずっと欲していた温もり。

その温かさに塞がれた唇は、その先を求めるようにゆっくりと開く。

啄むような可愛いキスもいいけれど、もうそれで満足できない。

もっと。

もっと欲しくてたまらない。

その欲望に逆らえずに自分から舌を差し出すと、凱莉さんはすぐにそれを絡めて応えてくれた。

色濃い空気が広がって、そのうちに独特の水音か響き始める。

「ふ……あ……」

鼻から抜けるような私の恥ずかしい吐息は、凱莉さんの舌をさらに激しく刺激したようだ。

キスだけなのに……。

まだキスだけなのに……。

それでも凱莉さんとのキスは、私の背筋を震わせて。

私の女としての五感を感じさせた。

あの平嶋課長がこんなふうに私を求めている。

いつもクールで、女性社員からも多大の人気がある人なのに。

私を特別にしてくれて、今こんなに私を貪っている。

そのことがもっと私の欲望と興奮を煽っていく。

「凱……莉さ……ん……」

必至にしがみつきながら彼の名前を呼べば。

「千尋……っ」

凱莉さんはさらに深く深く。

私の口内を荒々しく犯した。

凱莉さんの手のひらが私のウエアに滑り込み背中を撫でると、私はゆっくりとソファーに押し倒された。

もう恥ずかしいなんて思えない。

二人とも本能のままに。

欲望のままに。

ただひたすらに二人激しく求めあった……。

「ごめん。病み上がりなのに無理させたな」

2人の吐息がようやく落ち着いた頃、凱莉さんは優しく私の頭と身体を撫でながらそう言った。

「いえ。加減しないでって言ったの……私ですし……」

そこまで言って、私は火を噴くほど真っ赤になってしまった。

そうだ。

冷静になればなんて恥ずかしいことを言っちゃったんだ。

顔を上げられず、私は凱莉さんの胸に顔を填めた。

「安心しろ。ちゃんと加減はできた」

「…………」

うっそ。

あれで加減できたって?

驚くべき凱莉さんの発言に、私は自分の身体が壊れるのを想像して。

……ちょっと期待してしまった……。

変態か、私は。

長いこと私の身体を気遣ってくれていた凱莉さんが、「明日、会社で待ってるからな」と言い残して部屋を出たのは、ちょうど日付が変わった頃だった。

明日もきっと、いつもと変わらない日常なんだろう。

けれど二人のなかで大きく変わった関係の余韻に浸りながら、私はダルい身体を抱きながら眠った。




「ただいま冷徹上司を調・教・中・!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く