話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただいま冷徹上司を調・教・中・!

伊吹美香

贅沢なのにもどかしい関係(8)

そりゃ人の惚気話を聞くと、そんな顔になってしまうものだ。

人の惚気話ほど、聞くに堪えない話はないというのは十分にわかっている。

それでもついつい話してしまうのは、この二人が素直にこんな表情をしてくれながらでも、話を聞いてくれるからだろう。

私と平嶋課長との関係が本当に普通のものであるならば、私は二人の迷惑もそっちのけでもっといろいろと話していたかもしれない。

それを思うと、これくらいでよかったのかもと思う。

それからの一週間は仕事も平嶋課長の補佐として順調にこなし、プライベートでも二日に一度は電話で凱莉さんと話ができ、順調そのものだった。

まるで私達は本物のカップルであるかのように。

「今週は待ち合わせにしましょう」

私がそう提案すると、凱莉さんは少し悩んでいるようだった。

『車の方が何かと便利じゃないか?』

電話越しにでも凱莉さんの表情が想像できて、私は何だか嬉しくなった。

凱莉さんのこの表情を思い浮かべられるのは、きっと私だけだと自負しているからだ。

「たまには電車で遠出しましょうよ。いい場所探しときますから」

凱莉さんの車は大好きだけれど、待ち合わせでウキウキしたり、電車の中で手を繋いだり、なんだか初々しいことがしてみたい。

私がそう伝えると、凱莉さんはクスっと笑ってくれた。

『じゃあ、駅で待ち合わせるか』

「はいっ」

何処にでも行けるようにとその駅を指定してくれた凱莉さんに大きな声で返事をして、私は早く土曜日が来るのを祈る毎日だった。

土曜日、まだ何も機能していない体を起こしたのは、激しく窓を叩く雨の音だった。

「嘘でしょ……」

慌ててカーテンを開けると、かなり降っているようだった。

昨日の天気予報では、降水確率は30%の曇りだったはず。

私はスマホで今日一日の天気予報を確認する。

待ち合わせの10時くらいからは晴れの予報になっていた。

「今だけならよかった」

初めての待ち合わせデートに心を躍らせながら身支度を進めていると、分厚かった雲に隙間ができ、そこから光が差し込み始めた。

玄関を出るころにはすっかりいい天気になり、私の心も明るくなった。

電車で移動すること三駅。

この駅はさすがに人がひしめき合っている。

スマホで時間を確認すると、待ち合わせ時間には三十分以上もあった。

時間を潰すには事欠かないので、私はしばらくその辺をブラブラすることにした。

歩き始めて十分も経たないうちに、私はこの選択を後悔することになる。

「あら、千尋じゃない」

明るく嬉しそうに私に駆け寄ってきたのは、誰でもない、梨央だった。

最近となっては、すっかり忘れていた梨央の存在だったが、顔を見てしまえば黒い感情がにじみ出る。

こんなに心浮かれているときに、なんでこの女の顔なんて見なければいけないのか。

軽い頭痛を感じ、私は返事もせずに速足に通り過ぎようとしたのだけれど。

「ちょっと。それはないんじゃない?」

ぐいっと腕を取られ、私はこの状況を受け入れる覚悟をした……。

『触らないでよ』

ちょっと前の私ならば、ひとことそう言って梨央の手を振り払っていただろう。

けれど今の私は違う。

顔も見たくないほど嫌いなことに変わりはないけれど、以前のように露骨に態度に出すのはやめた。

これも平嶋課長のおかげだ。

平嶋課長は私に心のゆとりもくれた。

だから許すことはできなくても、取り繕いながらではあるが普通にすることができるようになったのだ。

「悪いけど私、急いでるの」

笑顔で返すまでは人間ができていないけれど、普通にそう返した私に一番驚いているのは梨央のようだ。

狐につままれたかのような、なんとも言えない顔をしている。

「じゃ」

今のうちだと言わんばかりに、その場をそそくさと去ろうとすると。

「平嶋課長とデートでしょ?」

梨央がにっこり笑ってそう聞いてきた。

「……私の予定をいちいち報告する義務はないでしょ」

詮索されたくもないし、関わって欲しくもない。

視線も合わさず人波を見つめている私に、「確かにそうなんだけど」と梨央は移動して私の視界に入ってきた。

「私、平嶋課長と同じ車両に乗ってたのよ」

思いがけない梨央の言葉に、私はとうとう梨央を真正面に捉えてしまった。

どんな顔をしたらいいのかわからない。

けれど梨央から平嶋課長の名前を聞くと、例えようのない不安が私を蝕む。

「そんな顔しないでよ」

どんな顔をしているかなんてわからないけれど、強ばっていることだけは何となくわかる。

「千尋と平嶋課長がデートだっていうのは平嶋課長から聞いたのよ」

「平嶋課長が……?」

「ええ。同じ電車に乗ってるのに気づいたから、声をかけたの」

なんだよ、そのドラマみたいな偶然は。

土曜日でこれだけの人がいる中、平嶋課長と出会う確率って、いったい何パーセントだと思ってるわけ?

「私がしつこく誘ったから千尋と待ち合わせしてることを教えてくれたの」

「……そう」

「それでね、私がここに来た理由なんだけど……」

梨央が急にトーン落として申し訳なさそうにそういうものだから、もう嫌な予感しかしない。

「途中で平嶋課長に仕事の電話が入って、急に引き返さなくちゃいけなくなったの。私にはよくわからなかったんだけど、なんか機械トラブルらしくて。かなり慌ててたから、私が千尋に伝えますって言ったのよ。だからここに来たってわけ」

「…………」

仕事?

機械トラブル……?

そんな都合のいい話があるものなのか?

紗月さんや瑠衣ちゃん達から聞けば、そうなのかと納得もできよう。

けれど今私にそれを伝えているのは梨央だ。

そう易々と信じられるはずがない。

ひょっとしたらこのまま私を信じさせて、平嶋課長と合流しようなんて腹積もりかもしれない。

そんな私の考えを見抜いたかのように、梨央はクスッと笑って私と肩を並べた。

「ただいま冷徹上司を調・教・中・!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く