話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただいま冷徹上司を調・教・中・!

伊吹美香

誰も知らない彼の秘密(12)

翌日土曜日の朝。

私は滅多に聞かない目覚まし時計の音で目が覚めた。

耳につく派手な音に顔をしかめながら、ベッドの枕元にあるチェストの上の目覚ましを止める。

時刻は午前7時を指していた。

「もぉ……早すぎでしょ……」

もう一度布団に潜り込み、体を丸めた。

平嶋課長とのデートのために、スマホのアラームだけではなくて、しっかり目覚ましをセットしていたんだった。

スマホの電源は切ったままだったけれど、無意識に目覚ましだけはセットしたのだろう。

今日のデートはキャンセルされたっていうのに。

布団の中でキュッと目をつぶるけれど、一度覚めてしまった頭は覚醒するばかり。

諦めてベッドから起き上がり、顔と歯を磨いて冷蔵庫を覗いた。

買い物は明日行く予定だったので、冷蔵庫の中はほとんど空っぽ同然だ。

辛うじて残っていたもので簡単な朝ごはんを作る。

特別美味しいとも思わないが、お腹が満たされれば問題はない。

予定を前倒しして、今日は買い物と掃除でもしよう。

洗濯物を回し、ナチュラルにメイクを済ませてキッチンを片付けた。

ベランダで洗濯物を干しているとき、インターホンの音が聞こえた気がした。

最後の一枚を洗濯ピンでとめ、バタバタと部屋に入ると、今度はハッキリとインターホンが響く。

まだ9時だというのに、一体誰だろう。

「はぁい」

インターホンの受話器を取って応答すると。

「あ……俺……だけど」

ドアの前にいる人物に、私はただただ驚き言葉を失った。

どうしてここに彼がいるんだろうか。

「ちょっと待っててくださいっ」

逸る気持ちを抑えて、私は玄関に駆け出した。

鍵とドアロックを外すのさえももどかしい。

「どうぞっ」

大きな声でそう言いながら玄関を開くと、そこには太陽の光に負けないくらい輝いて見える、スーツ姿の平嶋課長が立っていた。

「ごめんな、朝っぱらから」

申し訳なさそうに小さく笑った平嶋課長の笑顔に心臓を鷲掴みにされた私は、昨晩のモヤモヤなんてキレイさっぱり忘れたかのように心が軽くなる。

「大丈夫です。散らかってるけど、上がってください」

体を避けて平嶋課長を玄関スペースに招き入れてドアを閉めた。

しかし平嶋課長は、私を見た途端にスっと視線を逸らしてしまった。

「課長?」

「いや……悪い。その……久瀬があまりにも……いつもと違う格好をしてるから驚いて……」

そう言われて改めて自分の姿を確認し……。

「あ……」

思わず体を縮めてしまった。

なんて格好で平嶋課長を出迎えてしまったんだ私は。

超ミニのショートパンツに、胸元がV字に大きく開き、体にピッタリとフィットした半袖Tシャツを着ている。

思いっきり大胆なルームウェアだ。

「すっ……すみませんっ。お見苦しいものを。とりあえずコーヒーでも入れるので、どうぞ」

手で胸元を抑えながらリビングに移動しようとしたのだが、「いや、今日はいい」平嶋課長はそう言って私を制した。

「せっかくのデートをキャンセルしたのがずっと気になって、眠れなかったんだ」

それは私だって同じだ。

その言葉を飲み込んで、私は平嶋課長を見つめた。

「毎週末、一日は一緒に過ごすって決めたのに、早々に守れなくなって」

「もしかして、だから会いに来てくれたんですか?」

自分に都合のいい解釈だが、そうであって欲しいと願った。

「今から会社に行くんだけど、その前に少しでも顔を見れたらいいなと思ってな」

「それは顔を見せなきゃ行けないという義務感から……?」

恐る恐るそう聞くと、平嶋課長は少し照れたように笑ってくれた。

「いや、俺が久瀬の顔を見たいと思ったんだ」

はい、もう、ガッチリ全部、平嶋課長に持ってかれちゃいました。

平嶋課長の笑顔に、腰砕けになりそうなのを必死にこらえた。

なんなんだ、この成長ぶりは。

突然こんな大人の男性になられたって困るんだけど。

私に会いたかったって……。

もしかして平嶋課長も私と同じように思ってくれていたりする……?

そう思うと、私はもう平嶋課長に抱きつきたくなってしまった。

……が。

「色々考えてこの答えにたどり着いたんだが……。正解か?」

止められない感情にあぐねいている私とは違い、平嶋課長は常に正解か不正解かを考えている。

あまりにも違う私と平嶋課長の温度差に、さっきまでの熱は一気に引いていった。

「そのセリフがなければ正解でしたね」

無表情に私がそう言うと、平嶋課長は慌てて「違うぞっ」と手を振った。

「何が違うんですか。平嶋課長は頭で考えて、今後本当に恋人になる女性が喜ぶであろう答えを導き出して、私に回答を求めた訳でしょ?」

何を言っているんだ、私は。

そんなこと当然のことで、そのために私達は恋人同士を演じているというのに。

いざ本当にそう接されると腹が立ってたまらなとは馬鹿げている。

「それで正解です。どんなタイプの女性も、こんなふうに思ってもらえば喜びますよ」

冷たく言い放ったことを取り繕うかのように、笑顔を張りつけ優しく言葉を発した。

「だから違うんだよ」

平嶋課長は困ったように眉を下げ、人差し指で頬をポリポリとかいた。

「いろいろ考えて答えを探してたら、やっぱり久瀬の顔が見たくなったんだ。迷惑かなとは思ったけど、本当の恋人のように接しろって言われたし、思ったまま行動しても問題ないかなと思った結果なんだが」

回りくどい言い方だけど、つまりは本当に私に会いたくなって来てくれた。

そういうことでいいの?

冷めてしまっていた心が、再び熱を帯びる。

「だったらなおさら。大正解です」

私が微笑むと、平嶋課長も安心したように笑ってくれた。

平嶋課長が、なにを思ってここに来てくれたのかはわからない。

私と同じ気持ちだろうなんて自惚れはしないが、少なくとも以前には持たなかった感情を、私に対して持ってくれているということは事実だろう。

いずれ欲張りになってしまうかもしれないけれど、今はまだこれでいい。

「悪い。もう行かないと。また来週な」

腕時計を確認して、平嶋課長は玄関のドアノブに手をかける。

「ちょっと待ってくださいっ」

咄嗟のことだった。

思わず平嶋課長のスーツの袖を掴んで引き止めた。

「久瀬?」

平嶋課長も驚いているが、1番驚いているのは私自身だ。

「お仕事……行くんですよね?だったら……」

ずっと恋人にして欲しかったこと。

平嶋課長ならしてくれるだろうか。

「忘れ物……です」

初めてのことで、自分でも恥ずかしくて小声になってしまう。

「忘れ物はないはずだけど?」

私が求めてるのは物じゃない。

掴んでいた袖を引いて私の真正面に向かせると、意を決して一歩前に出る。

「彼が彼女の家から出る時は、お約束でしょ?」

自分の格好もあって、小さく両手を広げてみる。

「……もしかして?」

「もしかしてです」

「俺が……久瀬に?」

個人で求めてしまったら、拒否されるかもしれない。

そんな怯えから、私は平嶋課長を従わせる魔法の言葉を口にした。

「彼が彼女に、です」

こう言えば、平嶋課長は絶対にしてくれる。

私の思惑通り、平嶋課長が一歩踏み出すと、私達の距離は20センチほど。

平嶋課長が両手を広げると、私はすっぽりと平嶋課長の腕に包まれた。

「いってきます。……これで正解?」

そう聞いてくる平嶋課長の胸の中で目を閉じて。

「大正解」

平嶋課長の背中に手を添えて、偽りの恋人ごっこを味わった……。


「ただいま冷徹上司を調・教・中・!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く