話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただいま冷徹上司を調・教・中・!

伊吹美香

誰も知らない彼の秘密(10)

紙袋4つ分の荷物を下ろすと、私はその中の一個を平嶋課長に差し出した。

「これ、今日のお礼です」

そう言って微笑むと平嶋課長は、「え?」と呟くだけで手を出してくれない。

「受け取ってくださいよ」

少し膨れると、平嶋課長は慌てて私の手から紙袋を受け取ってくれた。

「久瀬が……俺に……?」

「大したものじゃありません」

「ヤバい……。めちゃくちゃ嬉しい」

平嶋課長は手の甲でニヤける口元を隠しながら私を見た。

せっかく口元を隠していても、目の下がり具合で笑みが漏れているのかがわかる。

「彼女からサプライズなんて、初めてだ。ありがとう」

細められた目に大きな喜びを感じて、心がキュッとなってしまった。

「どういたしまして。気に入ってくれたら私も嬉しいです」

つられて微笑んだ私の前に、「実は俺も……」と平嶋課長はピンクの可愛い紙袋を差し出した。

「これ、久瀬に」

「え、私に?どうして……」

食器の入った大きな紙袋の中に隠されていたので、こんなものを用意してくれていたなんて全く気づかなかった。

「雑貨店で久瀬が興味ありげに見てたから」

「開けてもいいですか?」

「もちろん」

紙袋から出てきたのは、可愛らしい黄色の花が散りばめられたハーバリウムだった。

「……かわいい」

確かに私はあの時、これを見て素敵だと思ったし、買おうかどうしようか迷っていた。

それを平嶋課長が感じ取ってくれるなんて。

「こんな高度なこと、まだ教えてませんよ」

「教えてくれたよ。ちゃんと相手を見て、相手に興味を持つんだって。どうやったら久瀬が喜んでくれるか考えながら久瀬を見てたから、これを選べたんだ。正解か?」

「そんなの……正解に決まってます。ありがとうございます。本当に嬉しい……」

平嶋課長が私のためだけに選んでくれたプレゼント。

嬉しくないはずがないじゃないか。

ほら、そんなことしちゃうから。

ますます離れがたくなっちゃうなんて。

どうかしてしまったのかもしれない。

『お茶でも飲んできいませんか』

その一言を口にしそうになって、私はグッとお腹に力を入れて飲み込んだ。

こんな言葉を口にしてしまったら、私はきっと平嶋課長の歴代彼女と何も変わらなくなってしまうだろう。

そもそも平嶋課長と大人の関係になりたいなんて思っていないはずだ。

私は梨央と和宏を見返すために仮の恋人が欲しくて、平嶋課長は恋愛不適合を治すために女心のレクチャーを私に頼んでいるだけ。

そこに恋愛感情は存在しないんだ。

「今日のデートは合格です。とっても楽しかったです。今後も少しづつステップアップしましょうね」

あえて線引きをするように上から目線で物を言う。

「こちらこそありがとう。勉強になったよ」

偉そうな私にも笑顔を返してくれる平嶋課長に、『仮』以外の感情はなにも見て取れない。

「じゃ、気をつけて帰ってくださいね」

「ああ。また月曜日に」

平嶋課長はあっさりと運転席のドアに向かった。

「じゃあな」

そう言い残して走り去った車を見送りながら、自分の胸がチリッとしたのを感じてしまう。

部屋に戻ってハーバリウムをベッドの横の棚に飾ると、へらっと顔がにやけてしまった。

いかんいかん。

こんな甘々な雰囲気を出してどうする。

平嶋課長は私のことを微塵も好きではないし、私だってついこの前まで平嶋課長のことは苦手だったんだ。

仕事とプライベートのギャップが可愛くて苦手じゃなくなったとしても、私だって好きじゃない。

お互い恋人を演じているだけ。

これから暫くは続くであろう恋人ごっこに心まで囚われないように。

私は気を引き締め直して週明けを待った……。

「週末デート、大成功だったみたいですね」

出勤した早々、ほくほく顔した瑠衣ちゃんからそう囁かれて、私は思わずへらっと笑みを漏らしてしまった。

「まさか、この短期間で本当にラブラブになっちゃうなんて驚きです」

まあ、本当のラブラブとは程遠いのだけれど。

瑠衣ちゃんや紗月さんには『仮』とは伝えていないのだから、そう解釈されても仕方がない。

それにしても……だ。

「平嶋課長ってクールなイメージしかないから、恋人と手繋ぎデートするなんて意外でした」

そう、週明けの社内は、またもや土曜日の私と平嶋課長のデートの噂でもちきりなのだ。

人がわんさか集まり、デートスポットでもあるアウトレットに、私達以外の同僚が来ていないはずがなく、数人の人に目撃され私達は再び渦中のカップルになったというわけだ。

どうしてこうなることを予測できなかったんだろう。

それほど浮かれてしまっていたのだろうか。

……浮かれてたんだろうな……。

今でも瑠衣ちゃんからラブラブたと言われるだけで、私の顔面はるゆるゆになりそうなのだから。

「クールなのは会社でだけだよ」

たくさんの平嶋課長の表情を思い出すと、途端に顔に筋肉が緩んでしまう。

「わっ。カップルらしい答え。千尋さん可愛いし羨ましいですっ」

きゃっ、と言いながら体を捻らせる可愛い瑠衣ちゃんは、純粋に私達を本物の恋人同士として見ている。

それがなんだか申し訳なくて。

少しだけもどかしくて。

ちょっぴり切なくなった。

土曜日から私はなんだかおかしい。

平嶋課長が急に応用問題をクリアしちゃったから。

大きな成長を遂げちゃったから。

戸惑ってしまって、心が乱れただけだろうけど……。

出来が悪いと思っていたけれど、やれば出来る子は伸びるのも早い。

偉そうにしていても、私だって本当は大したスキルを持っていないのだから。

立場が逆転しないように気をつけなければ。

私はザワザワしっぱなしの心をなんとか落ち着けようと、体の芯に力を込めた。

昼休み、休憩室でスマホの画面を見て背筋がゾクッとした。

メッセージが5件届いている。

相手は二度とメッセージなんて送ってくるわけがないと思っていた和宏だった。

内容は……。

「本当に最低……」

大まかに言えば。

『平嶋課長と本当に付き合っているなんて信じたくなかった。俺はまだ千尋のことを愛している。別れて始めてこんなに愛しているということに気が付いた。もう一度チャンスをください。もう一度、俺のことを見て』

というバカバカしい内容だった。

もう吐き気すら覚えるほど気持ち悪い。

裏切って他の女を抱いたくせに、それでもまだ愛してるなんて。

「脳みそ腐ってんじゃないの?」

鼻で笑いながら、コンビニで買ったタマゴサンドにかぶりついた。

「これ、見て」

私は私の前に並んで座っている紗月さんと瑠衣ちゃんに見えるように、テーブルにスマホを置いた。

2人は私のスマホの画面を凝視して。

「きっも!」

そう言って瑠衣ちゃんは自分の体をかき抱く。

「おめでたいわね」

紗月さんは溜め息をつきながら持っていた扇子で扇いだ。

「どんな神経でこんなこと送ってくるんだろ」

和宏の脳内がわからない。

「裏切ったくせに取られた気分になってるんじゃないの?」

「もしくは平嶋課長と張り合うつもりでいる、身の程知らずかも知れませんね」

2人の分析を総合すると、答えは一つしか出てこない。

「どっちにしてもバカじゃない……」

和宏のメッセージを削除しながら、こんなに嫌いにさせてくれるなと悲しくなった。

「吉澤くんのことだから、千尋ちゃんが無視してればきっともう送ってこないわよ」

安心して、と言うように笑ってくれた紗月さんの予想に反して、この日からずっと和宏は自分に酔ったメッセージを毎日送ってくるようになった……。

「ただいま冷徹上司を調・教・中・!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く