話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただいま冷徹上司を調・教・中・!

伊吹美香

誰も知らない彼の秘密(9)

「でも、俺の趣味に無理やり合わせるのは……」

「そんなこと気にしなくていいんですって」

確かに自分のこと以外に興味を持たない女性もいる。

自分のことだけを考えていてほしい女は少なくはない。

けれど平嶋課長の現在の彼女は私なのだ。

「私は『彼女』として平嶋課長のこと、もっとたくさん知りたいですよ?」

平嶋課長には、私の知らない顔が山ほどあるだろう。

それを少しづつでも見ることができたら、きっと私の中でなにかが大きく変わる気がした。

「そんなこと言われたのは初めてだ……」

なんだか嬉しそうに、はにかむように笑った平嶋課長の表情は、格好良いと言うよりも可愛かった。

「私の行きたいとこ、ちゃんと着いてきてくださいね。平嶋課長の行きたいとこにも着いていきますから」

「わかった。ありがとう」

「でも、その前に……」

私は大きな平嶋課長の手のひらに、するりと自分の手を滑り込ませた。

「久瀬っ。ちょっと……」

キュッと手を握ると、平嶋課長大袈裟なくらい慌てふためく。

「さっき迷子になりかけたでしょ?これが一番自然です」

繋いだ手を平嶋課長にみせつけるかのように掲げてみせると、平嶋課長は観念したかのようにクシャっとあどけない笑顔を見せてくれた。

「よろしく、彼女さん」

優しい顔でそう言われ、私の心臓がドキッと大きく音を立てた。

簡単に心を乱されるなんて、全くイケメンはこれだから恐ろしい。

「よろしく、彼氏さん」

負けじと平常心で切り返し、私と平嶋課長は緩く手を繋いだままでショッピングを再開させた。

それからの私達のデートは、驚くほどスムーズに進んでいった。

平嶋課長は苦笑いをしつつも、ショップに入って私の隣で手に取るものを眺めてくれていた。

何度か「これ、どう思います?」と聞くと、たいてい「いいんじゃないか?」と返してくる。

「怒らないから、ちゃんと考えて答えてください」

そうお願いすると、それからの平嶋課長は真剣に私を見て考えてくれるようになった。

私がよく着ている服の色や、可愛く見える形など、前々からよく見てくれていたのだということがわかって、とても嬉しく感じた。

平嶋課長はというと、かなりシンプルなものを好む。

無地に紺と赤のワンポイントがメジャーなブランドや、スポーツ選手なんかが着るブランドなど、ほとんどが無地に近いものを選ぶのだ。

せめてもと切り返しやデザインの変わったものを進めてみるが、思い切ることはできないようだった。

ならばと思い、私は平嶋課長に内緒で一番おすすめのシャツを一枚プレゼント用に購入することにした。

毎回私がレジに向かうたびに財布を出す平嶋課長に、「貢ぐのは男の義務じゃないんですからね」と言い放ち、自分のものは自分で購入する。

お昼に食べた生パスタは絶品で、サラダやスープ、デザートに至るまで全部残さずペロリとお腹に入ってしまった。

食事は気持ちよくご馳走になると、平嶋課長は嬉しいような安心したような表情で笑う。

そんな顔を見ると、少しは甘えた方がいいのかもしれないと思えた。

「ところで平嶋課長」

カジュアル系からファンシー系まで幅広い品揃えの雑貨店で、何気に目に付いたマグカップを眺めながら平嶋課長を振り向いた。

「ん?」

「ペアの食器って持ってます?」

「は?」

そんなに悪いことを聞いてしまったのかと思ってしまうほど、平嶋課長は思いっきり眉間に皺を寄せた。

「なんで一人暮らしなのにペアの食器が必要なんだよ」

「いや、彼女とのペアでおウチごはんとか……」

「ありえない」

言い終わる前にバッサリと言葉を切り捨てられ、私は内心『アンタの方が有り得んわ』と突っ込んでしまった。

しかしよくよく考えれば、平嶋課長が家で彼女の手作りご飯を食べている光景は思い浮かばない。

やっぱり外でオシャレなもの食べてるに違いない。

「カゴ、持ってきてください」

そう告げて私はいろいろと食器を物色し始める。

そそくさと戻って来た平嶋課長が手にしている買い物カゴに、私は自分の好きな食器を次々と入れていった。

カップ、皿、お茶碗、お碗、お箸……。

セット売りしてあった可愛らしいプレート皿とコップやカトラリーなどもカゴに入れ込むと、平嶋課長の表情がどんどん困惑していく。

「おうちには多めの食器を常備しておくものです。買ってきても宅配頼んでも、お皿が充実してないと食べれないでしょ?」

「それはそうだが……」

「それに」

有無を言わせず言葉を被せ、私は白地に水色の大小重なったハートがワンポイントになっている、シンプルかつ可愛いマグカップを2つ平嶋課長の目の前にかざす。

「ひとつくらいペアがあってもいいと思いません?こういうカップで並んでコーヒーを飲むなんて、恋人っぽいじゃないですか」

まだ足を踏み入れたことのないリビングを想像しながら胸を踊らせると、平嶋課長は私のペースに慣れてきたのか、やれやれと言うように眉を下げてはにかんだ。

「久瀬の思うようにしてくれていいよ。これも恋人にとっては必要事項なんだろ?」

平嶋課長にそう問われて、『いえ、ただの私の趣味です』と言えなくなった私は、返事を濁すために満面の笑みで誤魔化した。

結局全て私の趣味で揃えられた食器類は平嶋課長が買ってくれた。

中身が重く二重になった紙袋を平嶋課長が軽々と持つと、私達はすっかり当たり前のように手を繋いだ。

この学んだことへと吸収力は素晴らしいと思う。

駐車場に着くとトランクに荷物を乗せて、私達はアウトレットを後にした。

「女性とショッピングして楽しかったと思ったのは初めてだ」

平嶋課長からそう言われると、なんだかくすぐったい気持ちになるのはなぜだろう。

苦手意識がなくなった後に残った感情は……。

いやいや、考えるのはやめておこう。

面倒くさいことになってしまいそうだから。

「久瀬には教えられてばかりだけど、それも楽しかったりする。ありがとな」

平嶋課長は前を向いたままだけど、どれだけヤバい笑顔かは横顔だけでもわかる。

「どういたしまして」

へらっと笑ってそう言えたけれど、この笑顔を正面で見たら、女はコロッと堕ちちゃうんじゃないかと思うと怖くなってくる。

もう少し一緒にいてもいいかなぁと思っていたとき、車は私の家の前で停車してしまった。

時計は17時を回ったくらい。

軽くドライブして晩御飯でも、という発想はなかったのかよ。

どんなに心の中で毒ついても、『どうぞ降りてください』とばかりに車はピッタリと止まっている。

「今日はありがとうございました。楽しかったです」

シートベルトを外して車のドアを開けると、平嶋課長も降りてきてトランクを開けてくれた。

「ただいま冷徹上司を調・教・中・!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く