話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただいま冷徹上司を調・教・中・!

伊吹美香

誰も知らない彼の秘密(5)

これが、これこそが。

今まで私が耐えに耐えてきたのを不憫に思った神様がくれた、大きな大きなご褒美なのだろう。

どんなに強引だろうが、人の弱みに漬け込む汚い手であろうが構わない。

最終的にお互いの利害が一致すれば問題ないのだから。

「課長……」

「……なんだ」

私は未だ私から顔を背けている平嶋課長の正面に立ち、グイッとネクタイを引っ張って無理矢理こっちを向かせた。

「私からの最後の提案です」

「協力でもお願いでもなく提案か?」

「そうです。この提案に平嶋課長がノーと言えば、私はもう平嶋課長に近づきません」

そう断言した私の顔を、平嶋課長はなんとも不安げに見つめる。

「もちろん、今までお互いが共有した全ての秘密は守ります。約束します」

どんなに平嶋課長のプライベートが残念であろうと、一切仕事には関係ない。

職場ではデキる上司で、尊敬する上司で、信頼できる上司なのだ。

そこが揺らぐことなど絶対にありえない。

「信じる……。そのうえで久瀬の提案を聞こう」

しっかりと視線を合わせてくれた平嶋課長の表情は、もう不安を感じさせなかった。

「私は親友と彼から裏切られて捨てられた。平嶋課長は上手に恋愛できなくて女にフラれてばかり。そんな私達が、今ここにこうしている」

「仕事以外では関わり合ったこともないのにな。久瀬がここにいることが不思議でしかたないよ」

私だってそうだ。

でもこの関わりには、きっとなにか意味があったはずなんだ。

ならばどんな意味があるのか見つけ出さなければ。

「この関係を無駄にはしたくありません。これは私と平嶋課長、お互いに利益となる提案です」

私の強い眼差しに、平嶋課長はぐっと息をのんだ。

「平嶋課長……。私を課長の彼女にしてくださいっ」

平嶋課長の家の静かな一室に、私の声はよく響いた……。

突然の私の爆弾発言に、平島課長はなにを思っているのか。

私を見つめたまま瞬き一つせずに固まっている。

目……乾かないのかな。

あまりの緊張に、どうでもいいことを考えてしまう。

「確認事項があるんだが……」

私から視線をそらさず、平嶋課長はようやくポツリと呟いた。

「お前は俺が好きで、俺もお前を好きにならなければならない……という意味か?」

「え……」

なんて真面目なイケメンなのだろう。

こんなに顔がいいのだから、もっと適当でも文句は言われないんじゃないだろうか。

「平嶋課長が適当な付き合いができないということはわかります。けれどこの提案はもっと打算的に考えてください」

同じ恋愛下手でも、擦れていない平嶋課長と、擦れまくりの私。

『打算』という言葉を使うのが恥ずかしいくらいだ。

「私は、私を裏切った元親友と元カレを見返してやりたい。そのためにはハイスペックな彼が欲しいんです。平嶋課長は自分の問に答えてくれない教科書よりも、リアルな女心を伝授できるAIが必要じゃないですか?」

「それは……」

「私が女心の裏表を全て教えます。だから私を平嶋課長の仮カノにしてください」

めちゃくちゃなことを言っているのは十分理解している。

それでもこれは互いにとって一番有益な提案ではないだろうか。

平嶋課長が納得し頷いてさえくれれば、私の悩みはオールクリアできるのだ。

さあ。

貴方はこの提案をどう分析する?

平嶋課長が腕を組み眉間に皺を寄せながら考え込んでいる姿を、私は固唾を飲んで見守った。

いつもならばスパッと結論を出す平嶋課長だが、今回ばかりは頭の中を整理するのに随分と時間がかかっているようだ。

確かに難しい話ではあるが、恋愛下手な私だからこそ、面倒くさい女心というものが理解できるという利点がある。

平嶋課長はそれを最大限に利用すればいいだけの話だ。

本当に恋人同士になろう。

平嶋課長からの愛情を求めています。

そう言っている訳ではないのだから、もう少し簡単に考えてくれればいい。

「久瀬の提案をのんだとして、俺は一体なにをすればいいんだ?」

いけるな。

きっと平嶋課長はこの提案を受け入れる。

平嶋課長の言葉で私は確信した。

「恋人ごっこをしましょう」

「ごっこ?」

「そうです。ごっこでも私は平嶋課長の彼女であるという形姿が手に入ります。平嶋課長はごっこの中で恋愛のスキルと女心を勉強できます」

自信満々にそう言ってのけた私を、平嶋課長は溜め息をつきながら見つめる。

だいぶわかってきた。

この表情は……落ちるな。

私の想像通り。

「わかった。提案を受け入れよう」

ほら……やっぱりね。

「じゃあ、たった今から私と平嶋課長は恋人同士です。いいですね?」

「ああ。恋人同士だ」

私のめちゃくちゃな提案は、平嶋課長によって成立した。

私の女としての意地と、平嶋課長の男としての恥があって初めて成立した(仮)カレカノという関係性。

私達の新たな結び付きは、恐ろしいほど強引な形から始まったのだった。


「ただいま冷徹上司を調・教・中・!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く