最強のカップルはただ単に楽しみたい ~最強(トール)と天魔(パートナー)の学園無双~

志水零士

第二章 ~入学直後~  1 サボり

「ノイ―。準備は終わったかー?」
「……今、終わったの」
「了解。そんじゃ、行くぞ」
「ん」

 そうして、二人は同時に家を出る。

 ――雷掌握エレキスタイル、起動――
 ――過程、短縮――
 ――真技シード全てを打ち砕く雷拳ミョルニル、収束――

 面倒くさい、という理由によって生み出した、真技シード発動までの過程の短縮法。そんな理由で生み出したと他の人に知られれば、驚かれるのは間違いないだろう。

 自分たちがいる場所から学園までの距離を破壊した相馬は、着いた直後に真技シードを解除した。なお、今回転移した場所は壁の外ではなく、内側である。
 既に、この学園に入学し終えているのだ。わざわざ外に転移する理由はなかった。

「えっと、確か今日は入学式だったよな。サボるか」
「賢明な判断なの」

 思考時間僅か一秒。いかにもつまらなさそうという理由で、二人は入学式に出ないことに決めた。

「幸い、俺らの教室の場所は昨日学園長に聞いてあるから、適当に時間を見計らって行くとして……それまで、どうすっかな?」
「……適当にブラブラ歩いてみる、っていうのはどう?」
「それはいい案だな。この学園には、いろんな設備がありそうだし」
「まぁ、適当に歩いて、どれほどの数の施設が見つかるかは微妙だけど」
「それもまた一興、じゃないか?」
「……確かに」

 そうして二人は、学園の中を散策し始めた。
 様々な施設があるにも関わらず、所狭しと並んでいるわけではない。それほどまでに広大な学園の中で、二人が最初に興味を持った建物はかなりの大きさであり、入口には『図書館』と書かれていた。

「ッ! 相馬!」
「ああ、いいぞ」

 相馬がそう言った途端、ノイは颯爽と図書館に駆け込んでいった。苦笑を浮かべながら、相馬も図書館に入る。

「で、いないと。予想はしてたが、はええなー」

 ぐるりと辺りを見渡し、相馬は呟く。

「さて。ノイは教室に行くときになったら探せばいいし、俺も適当に見回りますかね」

 そうして、相馬は図書館の中を歩きだした。それぞれの棚に貼られている看板を見ながら、彼はボーっと歩く。

「……うーん。中々面白そうな本が見つからないな。というか、さすがに広すぎだろ」

 歩き始めて数分で、相馬は既に飽きて来ていた。傍らにノイがいない、というのが理由のほとんどではあるだろうが。
 基本的に相馬は、じっとしているより動いてる方が好きな人間である。ノイがいる時は、無条件でノイと共にいれる方を選択するが。

 その後も相馬が本探しを続けていると、一人の男性に遭遇した。見ると、どうやら本の整理をしているらしい。

「お、あれは司書さんかな? ちょっと話しかけてみるか」

 そう呟くと、相馬はその男のもとへと向かっていった。
 



二日ほど空きましたが、二章の構成を考えてたんです。許してください。
それと、九月の前半に、しばらく諸事情で投稿出来なくなる期間があります。おそらく、その直前に投稿するさいにもお伝えするとは思いますが、急に忙しくなるかもしれないので、一応。
その期間の間に、いいねとかアクセス回数とか爆上がりしないかなー(チラッチラッ)

フォローといいねをよろしくお願いします。いいねは、面白いと思った話だけでいいので。

「最強のカップルはただ単に楽しみたい ~最強(トール)と天魔(パートナー)の学園無双~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く