タイムカプセル・パラドックス

宇佐見きゅう

第四十六幕《願望》

 第四十六幕《願望》              四月十五日 十八時五十八分   




「はあ……。何とも嘆かわしい。あなたもそう思いませんか。ねえ、お父さん」


「何が? 帰ってきていきなり、何の同意を求めているんだい?」


「晩婚化の進む現代日本にですよ。いや、というか、結婚願望の低い同級生たちに失望っす。高校生の内から、生涯独身でいいだなんて、冷めてると思わない?」


「さあ……。要するに、友達と将来の話になって、結婚についての皆の本心を聞いて、それに憤慨しているってわけね。別に僕は冷めてるとは思わないけど」


「ああ、そういえばお父さんも、結婚する自信がないとかって前に言ってたもんね。あん時はてっきり冗談かと思って流したけど、え? あれ本気だったの? 女性とまったく縁がなかったわけじゃないでしょうに」


「いやいや。女性との縁なんかこれっぽっちもないよ。皆無と言っていいね」


「そうは言っても、前の仕事先にも親しい女性の同僚とかいたでしょ?」


「いいや、いなかった。親しくなるってのがね。ほら、女性と話すのって恥ずかしいし」


「社会人が何言ってんだ。気合入れろし、人見知りパパ」


「いやだしー、面倒だしー。社会の人付き合いなんて、しょせん上っ面だけだよ」


「子供には絶対聞かせちゃいけない言動だ……」


「子供には早々に現実を教えてあげるのが、いい大人の役目さ」


「いい大人っていうより、いい年してって感じだけど。でもさ、実のところ結婚願望は? 理想の家庭のイメージとか持っていたりするの?」


「結婚願望。あると言えばあるし、ないと言えばない」


「ふうん。つまり、ないんだ」


「待て。僕の発言を都合のいいように捉えるな。ないとは言っていない」


「じゃああるの? 結婚願望が」


「……正直のことを言うと、今はない、かな」


「『今は』? ということは?」


「うん。少し前までは恋人とか家族とかを夢見ていた。だけどキナちゃんと会って、その欲求は消えちゃった。君と会ったことで僕はどうも満足してしまったみたいだ。だから今は、結婚願望はまったくない。恋愛したいとも思わない」


「え……? はあ、それはそれは……照れますなあ。何だかんだ言って、私を娘だと認めてくれたと受け取ってもいいのかな、それ」


「少しはね。せっかくの親子二人きりのこの生活をもう少しだけ続けたい。それに、ここにさらに他人が加わると想像したら緊張しちゃうよ……」


「家族愛的なことを言っておいて、すっげえヘタレだよパパ……」



コメント

コメントを書く

「コメディー」の人気作品

書籍化作品